講座紹介

臨床腫瘍学講座の新設

 2006年6月、超党派議員の尽力により生まれた「がん対策基本法」は、日本のがん医療や医療行政を変えつつあります。現在、日本におけるがん対策の中で、がん医療に精通した専門職の養成は急務です。このため、2012年7月、総合的ながん診療を行う医療人を養成する目的で、愛媛大学医学部に「臨床腫瘍学講座」が開設されました。

 現在がんの診療は、臓器縦割りの診療形態の中で臓器別の専門医が診療を行っています。本来、病気というものは個体に宿る異常と考えられてきました。しかし、診断技術や治療法の進展に従い、医学の関心の多くは臓器や器官に向けられ、「森を見ずして木を見る」専門医の社会となってしまいました。しかし本来、病気は縦割りでは分類できないものです。こういった縦割り医療の中に一石を投じるのが「臨床腫瘍学」であり、がんを全人的に捉えることが出来る医療人を養成することが、この「臨床腫瘍学講座」の使命と考えます。一方、がん診療には一定のスキルも必要です。即ち、疾患特異的な対応に加え、臓器横断的な対応にも明るく、補助療法や症状緩和に知識を有し、全人的な対応をチーム医療の中で考察できる医療人を養成する事も必要です。その為には、教官による講義にとどまらず、当事者である患者さんやがん経験者やその家族、また地域で地道にがん医療を行う医療人との連携を行い、広い視野で教育を行う事が重要です。

 平成24年9月には、「臨床腫瘍学講座」に腫瘍/血液内科医(がん薬物療法専門医)である薬師神芳洋が初代教授として就任し、全人的ながん医療をチーム医療の中で行う医療人の養成を目標に、新講座の充実を目指しています。

最後に

 我々「臨床腫瘍学講座」は愛媛大学医学部創立39年目に生まれ、40周年記念の年の夏、一歳になりました。教授一人で講座を開講し、2012年秋初めての大学院生が入学、2013年初めての専任スタッフを得ました。現在3名+事務担当1名で教室の運営を行いながら、院内で患者を持ち、垣根を越えたコンサルテーション業務を行い、更に、「附属病院腫瘍センター」で外来化学療法のメインテナンス業務を行っています。出身母体である血液内科(附属病院第一内科)の協力の基、少しずつですが病院業務(臨床)、教育、研究活動を進めています。

 「臨床腫瘍学講座」で共に地域のがん医療を支える臨床医を、また地域にありながら世界に発信する臨床研究を行う人材を、我々は求めています。