教授挨拶

ご挨拶

教授

教授 萬家俊博

麻酔科学・周術期学は、手術医療を遂行していく上で、痛みや恐怖という患者の苦痛をなくし、侵襲的な治療を受ける患者の全身管理を通してその安全を守ることを目的に発達してきた学問です。当方の講座名は「麻酔・周術期学」であり、病院の診療科としては「麻酔科蘇生科」を標榜しています。

われわれが大学病院で担っている診療の役割は、手術や侵襲的検査時の麻酔管理業務、集中治療管理、痛みの治療(ペインクリニック)、緩和医療などで、各診療科と横断的に連携することが必要な医療分野です。大学病院の特殊性で、先進的な外科手術の麻酔管理にも対応しなければいけません。

1.臨床・診療において

併存疾患や全身状態の悪さのために麻酔管理が困難と考えられる症例が数多く集まります。このような患者さんに対し、注意深い麻酔管理と集中治療を行うことにより、安全にその人にとって必要とされる外科的治療を遂行することが可能となります。ここにわれわれ麻酔科医の専門性の価値があります。 高齢者人口の増加に伴い、上記の麻酔科関連診療業務は今後ますます増加することが予想されます。それに対応するためには、各分野に精通した優秀な麻酔科医が多数育成され、他職種との連携を円滑に行うシステム構築が必要不可欠です。そのために私は、麻酔科学に関する知識、麻酔手技の技能、患者の不安や心情に配慮する情意の3つの領域のバランスが取れた能力を持つ麻酔科医を育てていきたいと考えています。

2.教育面において

医学生や初期研修医に対して、人体の循環・呼吸生理のモデルを組み込んで実物の人間のように自発呼吸をし、脈を触れることのできる高機能シミュレータを用いた実践的教育に取り組み、一定の効果を上げることができています。今後は高機能シミュレータを用いた教育プログラムの開発と指導する教員の育成に力を注ぎたいと考えています。 新しい専門医認定に準拠した専門医研修プログラムを日本麻酔科学会は他の学会に先駆けて、2015年度より施行開始しています。「愛媛大学医学部附属病院麻酔科専門医研修プログラム」を登録し、大学病院や愛媛県内の基幹病院において、麻酔の基礎的技術、集中治療管理、救急蘇生、ペインクリニックを修練できる環境を整えています。このプログラムから多くの優秀な麻酔科専門医を輩出することが、この地域の手術医療の基盤を支えるために極めて重要なことと考えています。

3.研究面において

現在は大学院生が基礎医学講座で研究をしていますが、研究志向のある教室員が大学院卒業後も基礎医学講座の協力を仰ぎ、当講座の研究室においても継続して研究を続けることができる環境を整えて、講座の研究活動を活性化させようと考えています。また,臨床研究においては、日々の臨床業務の中で疑問を見いだし、仮説を立てて調査を行い、分析し、結論を見いだしていくことのできる能動的な研究者を育てていきたいと思います。

上記の様に,私は臨床診療、教育、研究の3つの分野においてバランスのとれた「麻酔・周術期学講座」を作りたいと考えています。麻酔に関する十分な知識を持ち、豊富な技能訓練の期間を経て、科学的に探求するマインドを持った、質の高い麻酔科医を多く輩出することがこの講座の目標と考えています。教室員が自由に意見を表明でき、意思疎通が十分に取れる医局を構築していき、人が集まる麻酔・周術期講座となれば、大学病院や愛媛県内の手術医療の必要度に十分対応できる麻酔科医療の体制が構築できるものと考えています。