論文紹介

2014年 原著・著書・症例報告

原著

Activated microglia in a rat stroke model express NG2 proteoglycan in peri-infarct tissue through the involvement of TGF-1.

Sugimoto K, Nishioka R, Ikeda A, Mise A, Takahashi H, Yano H, Kumon Y, Ohnishi T, Tanaka J
Glia 62 (2):185-198, 2014

Microvasculature of carotid atheromatous plaques: hemorrhagic plaques have dense microvessels with fenestrations to the arterial lumen.

Kurata M, Nose M, Shimazu Y, Aoba T, Kohada Y, Yorioka S, Suehiro S, Fukuoka E, Matsumoto S, Watanabe H, Kumon Y, Okura T, Higaki J, Masumoto J
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association”>J Stroke Cerebrovasc Dis. 23(6):1440-6, 2014

Eloquent area近傍悪性グリオーマの手術 − 最近の進歩.

大西丘倫
Neuro-Oncologyの進歩 21 (3) 1-13, 2014

頸動脈狭窄に対する発症急性期ないし亜急性期血行再建術の手術成績

久門良明、渡邉英昭、田川雅彦、井上明宏、山下大介、松本調、大西丘倫
脳循環代謝 25(2):15-21, 2014

頸動脈狭窄性病変に対する3次元超音波イメージングの意義:他の画像診断法と比較して

久門良明、渡邉英昭、田川雅彦、松本 調、大西丘倫、伊賀瀬圭二、松原一郎、貞本和彦
CI研究 35(2):81-88, 2013(本年出版されましたが昨年版です)

特集 脳卒中リハビリテーション -臨床の実際と最先端医療- 脳卒中回復期リハビリテーションの実際

酒向正春
脳と循環Vol.19 No.1, p25-29, 2014

認定講座からのワンポイント 脳卒中疾患パスのリハビリテーション

酒向正春
日本慢性期医療協会機関誌 「JMC」第91号 p42-47, 2014

脳腫瘍の術後リハビリテーション「基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード」

酒向正春
脳神経外科速報 11, vol.23, 1296-1297, 2014

回復期リハビリテーションと地域連携

酒向正春
レジデントのための 脳卒中診療のコツ (BEAM) 阿部康二編集 BEAM編集委員会 文光堂 p134-144, 2014 

理学療法と作業療法

酒向正春
脳梗塞診療読本 豊田一則編集 中外医学社 p229-242, 2014

巻頭鼎談 地域新時代の医療を考える

司会:西村周三先生(元国立社会保障人口問題研究所所長)、酒向正春先生(世田谷記念病院副院長)、高橋英與先生(株式会社コミュニティネット代表)
医療白書2014-2015年版 日本医療企画, p1-19, 2014

脳卒中EBMカタログⅡ AVERT、PREVAIL

酒向正春
Clinical Neuroscience vol.32 10, p1118-1120 2014

人生の再出発をサポートする“攻めのリハビリ”世田谷記念病院副院長 回復期リハビリテーションセンター長 酒向正春先生に聞く

酒向正春
サインズ オブ ザ タイムズ 福音社 113巻 8月号 p2-11, 2014

明日にツナガル医療 あきらめない“力”が、希望をもたらす医療を生み出す

酒向正春
ツナガル チーム医療フォーラム季刊誌 夏号18, p14-17, 2014

人間ドキュメント「攻めるリハビリ」で人間回復を 命を救うだけが医療じゃない!

酒向正春
週刊女性 2月25日号 主婦と生活社 p54-59, 2014

超高齢化社会を救うリハビリ医・酒向正春のチーム医療論とは?

酒向正春
THE HUFFINGTON POST SOCIETY 4/10, 2014

3T MRIによる頭蓋内主幹動脈狭窄症の血管壁描出能に関する検討

伊賀瀬圭二、松原一郎、荒井政森、五石惇司、貞本和彦
脳循環代謝25(2):37-41, 2014

中高齢閉塞性睡眠時無呼吸患者における睡眠時無呼吸性頭痛と自覚的眠気との関連 

貞本泰孝、寺岡幹夫、兵頭純、橋本健吾、西窪加緒里、丸山広達
愛媛医学 

頸動脈ステント留置術後に合併したステント内血栓症の発症要因に関する検討

尾崎沙耶、田川雅彦、松本調、井上明宏、渡邉英昭、久門良明、大西丘倫
脳神経外科 42(11): 1009-1017, 2014

著書

全国主要脳神経外科診療施設一覧

愛媛大学医学部附属病院脳神経外科大西丘倫
先端医療シリーズ45 臨床医のための最新脳神経外科 橋本信夫、寺本明、小川彰、嘉山孝正(編集主幹) 先端医療技術研究所(東京)pp540-542, 2014

Diffusion tensor magnetic resonance imaging-based tractography for glioma surgery.

Ohue S, Kohno S, Kumon Y, Ohnishi T
Tumors of the central nervous system. 51-62, Springer, Heidelburg, New York, London, 2014

脳神経外科医が教える高血圧にまつわるウソ

白石俊隆
Kindle本   出版社: DBパブリッシング 2014.7.8

あきらめない力

酒向正春
主婦と生活社 p1-272 2014

人生に迷わない36の極意 NHK「プロフェッショナル」制作班 Ⅱ. くじけない、6つの極意「命が助かって、リハビリをして、それで終わりじゃない」

酒向正春
NHK出版新書 441 p76-82

症例報告

A case of pediatric atypical prolactinoma: significance of a     multidisciplinary treatment approach.

Inoue A, Ohnishi T, Kohno S, Kitazawa R, Mizuno Y, Nishikawa M, Ohue S
Clin Neurol Neurosurg 124:138-141, 2014

Ethmoidal dural arteriovenous fistula with an usual drainage route treated by transbasal embolization.

Inoue A, Tagawa M, Kumon Y, Watanabe H, Shoda D, Sugiu K, Ohnishi T
J Neurointerv Surg, Epub 2014 Mar 28

塞栓子(白色血栓)を予測してPenumbra System®よりMerci® Retrieval Systemに変更することで血行再建し得た頭蓋内内頸動脈閉塞症の1例

井上明宏、田川雅彦、久門良明、尾崎沙耶、西川真弘、渡邉英昭、大西丘倫
脳神経外科 42 (6):567-574, 2014

脳室内出血で発症した小児後頭蓋窩intracranial pial AVFの1例

市川晴久
小児の脳神経第38巻 第3号 283-288, 2014