治療対象となる疾患
HOME > 治療対象となる疾患

治療対象となる疾患

 “脳神経外科”は、その名前から、脳の外科と思われるかもしれませんが、脳ばかりでなく、脊髄から末梢神経まで、神経組織を全般に扱う外科です。もちろん、脳卒中(脳血管障害)や脳腫瘍、頭部外傷の外科手術はもちろんのこと、顔面けいれん、三叉神経痛、てんかんなどの機能的脳神経外科や先天奇形、脳・脊髄など神経系の感染症などを診断・治療しています。さらに、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊椎・脊髄疾患や末梢神経の外科治療も行っています。また、脳卒中では、外科治療を要する患者さまだけでなく、内科的治療でも、脳神経外科が主体となって、患者さまの治療に当たっています。  脳神経外科で扱う主な病気について、当科の治療法・治療実績を紹介いたします。

脊椎・脊髄疾患

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 脊髄腫瘍

機能的脳神経外科

  • 三叉神経痛
  • 顔面けいれん
  • てんかん

小児先天性疾患

  • 水頭症