論文紹介

2008年論文(原著・著書)

原著

Postoperative temporary neurological deficits in adults with moyamoya disease

Ohue S, Kumon Y, Kohno K, Watanabe H, Iwata S, Ohnishi T
Surg Neurol 69: 281-287, 2008

Diagnosis of Unruptured Intracranial Aneurysms:3T MR Angiography versus 64-channel Multi-detector Row CT Angiography

Hiratsuka Y, Miki H, Kiriyama I, Kikuchi K, Takahashi S, Matsubara I, Sadamoto K, Mochizuki T
Magn Reson Med Sci, Vol.7, No.4, pp.169-178, 2008

Accumulation of macrophage-like cells expressing NG2 proteoglycan and Iba1 in ischemic core of rat brain after transient middle cerebral artery

Matsumoto H, Kumon Y, Watanabe H, Ohnishi T, Shudou M, Chuai M, Imai Y, Takahashi H, Tanaka J
Journal of cerebral blood flow and metabolism 28: 149-163, 2008

Involvement of heparanase in migration of microglial cells

Takahashi H, Matsumoto H, Smirkin A, Itai T, Nishimura Y, Tanaka J
Biochimica et Biophysica Acta 1780(4): 709-715, 2008

脳浮腫

原田広信、大西丘倫
Brain nursing 24 (2): 23-25, 2008

脳腫瘍:高齢者神経疾患のトータルマネージメント

大上史朗、大西丘倫
Modern Physician 28 (5): 692-697, 2008

頸動脈狭窄症例に対する4次元エコーシステムの使用経験

久門良明、渡邉英昭、大西丘倫、貞本和彦
神経超音波医学 21(1):30-34、2008

脳血管障害の開頭手術における手術支援システムの有用性と問題点

久門良明、渡邉英昭、松本洋明、井上明宏、岩田真治、大上史朗、大西丘倫
脳卒中の外科 37(1): 2009 掲載予定

脳動脈瘤クリッピング術における手術支援システムの果たす役割:安全かつ確実な手術をめざして

久門良明、渡邉英昭、井上明宏、岩田真治、大上史朗、大西丘倫
愛媛医学 27(3):164-172, 2008

安全で確実な脳卒中治療

久門良明
プラビックス発売2周年記念講演会記録集

未破裂脳動脈瘤診断:Signa EXCITE HD 3.0T、Innova3100の使用経験

松原一郎、貞本和彦
GE today in Technology vol.28, pp.19-22, AUGUST 2008

急性期脳卒中のリハビリテーションの適応と限界

酒向正春
脳と循環 Vol.13, No.3; 25-28(213-216), 2008-9

当院における頚動脈ステントとCEAの周術期および長期成績

福本真也、久門良明、伊賀瀬圭二、渡邉英昭、田川雅彦、大西丘倫
脳卒中 30:7-13, 2008

CAS, CEA術後のCerebral Hyperperfusion Syndrome発症に関する術前リスクファクターの検討

福本真也、久門良明、渡邉英昭、田川雅彦、大西丘倫
JNET 2: 16-22, 2008

頚部内頚動脈血行再建術後の過灌流症候群に対する治療

― 経時的Transcranial Color-Coded Sonography所見に基づいた血圧管理について ―
福本真也、久門良明、渡邉英昭、田川雅彦、大西丘倫
Neurosonology 21(2): 117-122, 2008

頚部内頚動脈狭窄症に対するCAS/CEAの治療成績と術後過灌流症候群のリスクファクターに関する検討

福本真也
愛媛医学27(1): 12-22, 2008

通常より1つ高位の神経根症状を呈する腰椎椎間板ヘルニアの臨床的検討

安藤直人、花北順哉、高橋敏行、南 学、北浜義博、尾上信二、紀 武志、橋爪和弘
脳神経外科ジャーナル17巻3号  Page244-249 (2008.3)

脊椎手術の各種患者自己評価法の検討(第2報) 頸椎疾患の分析

北浜義博、花北順哉、南 学、安藤直人、高橋敏行、尾上信二、紀 武志
脳神経外科ジャーナル17巻4号 Page326-334 (2008.4)

中大脳動脈閉塞による亜急性期progressing strokeに対する緊急STA-MCA bypass術

井上明宏、河野兼久、武田哲二、武智昭彦、河野啓二、山口佳昭、松重俊憲、大田正博
脳卒中の外科 36:446-453, 2008

市立宇和島病院における急性期脳梗塞に対するrt-PA静注療法の現状

森原啓文、畠山隆雄、善家喜一郎、正田大介、藤原 聡
南予医学雑誌 第9巻 第1号 南予医学 P6-13.Vol.9 No.1 2008 (2008.7)

著書

聴力温存を企図した聴神経腫瘍摘出術における蝸牛神経活動電位(CNAP)記録の意義

久門良明、井上明宏、高野昌平、原田広信、大上史朗、大西丘倫
脳腫瘍の外科—基本と挑戦 甲村英二編 メディカ出版 pp 131-136, 2008

脳神経外科手術でのICG蛍光血管造影の有用性

久門良明、渡邉英昭、大上史朗、大西丘倫
ICG蛍光のNavigation Surgeryすべて 草野満夫編 インターメディカ pp 50-57, 2008

高齢者頸動脈狭窄症に対する内膜剥離術の安全性についての検討

久門良明、渡邉英昭、伊賀瀬圭二、福本真也、大西丘倫
Geriatric Neurosurgery Vol.20 pp 39-43, 2008

傍矢状洞髄膜腫

大上史朗、大西丘倫
NS NOW テント上髄膜腫-アプローチから摘出まで 新井一編
メジカルビュー社 (東京)、pp 53-63, 2008