論文紹介

2009年論文(原著、著書)

Downregulation of SPARC expression inhibits cell migration and invasion in malignant gliomas.

Seno T, Harada H, Kohno S, Teraoka M, Inoue A, Ohnishi T
Int J Oncol 34 : 707-715, 2009

Iba1(+)/NG2(+) macrophage-like cells expressing a variety of neuroprotective factors ameliorate ischemic damage of the brain.

Smirkin A, Matsumoto H, Takahashi H, Inoue A, Tagawa M, Ohue S, Watanabe H, Yano H, Kumon Y, Ohnishi T, Tanaka J
J Cereb Blood Flow Metab Epub. Oct 28, 2009

Topographic analysis of the inferior parietal lobule in high-resolution 3D MR imaging

Kiriyama I, Miki H, Kikuchi K, Ohue S, Matsuda S, Mochizuki T
AJNR 30(3): 520-524, 2009

Significance of an ultrasound-linked navigation system for brain tumor surgery: evaluation of intraoperative brain shift Significance of an ultrasound-linked navigation system for brain tumor surgery: evaluation of intraoperative brain shift

Ohue S, Kumon Y, Nagato S, Kohno S, Harada H, Nakagawa K, Kikuchi K, Miki H, Ohnishi T
Neurol Med Chir (Tokyo) (in press)

Diffusion-weighted imaging in ischemic stroke: effect of display method on observers’ diagnostic performance

Hirai T, Sasaki M, Maeda M, Ida M, Katsuragawa S, Sakoh M, et al.; Acute Stroke Imaging Standardization Group-Japan (ASIST-Japan) Investigators.
Acad Radiol. Mar;16(3) : 305-12, 2009

Asymptomatic cerebral microbleeds seen in healthy subjects have a strong association with asymptomatic lacunar infarction.

Igase M, Tabara Y, Igase K, Nagai T, Ochi N, Kido T, Nakura J, Sadamoto K, Kohara K, Miki T
Circ J 73(3) : 530-3, 2009

Indications for one-stage extensive indirect vascular reconstructive surgery for pediatric moyamoya disease: 4 case reports.

Matsumoto H, Kohno K
Surgical Neurology 72(5) : 538-44, 2009

神経疾患治療ノート 原発性脳腫瘍 – 悪性腫瘍

大西丘倫
Clinical Neuroscience 27 (4) : 455-457, 2009

脳神経外科手術におけるICG蛍光血管撮影について

渡邉英昭、大上史朗、久門良明、大西丘倫
脳神経外科速報 19 (9) : 1036-1045, 2009

高齢者の未破裂脳動脈瘤に対する直達手術の治療成績:高次脳機能障害に影響する因子の検討

久門良明、渡邉英昭、松本洋明、井上明宏、岩田真治、大上史朗、大西丘倫
Geriatric Neurosurgery 21 : 9-13, 2009

脳血管障害の開頭術における手術支援システムの有用性と問題点

久門良明、渡邉英昭、松本洋明、井上明宏、岩田真治、大上史朗、大西丘倫
脳卒中の外科 37(1):18-25 , 2009

腎機能低下が疑われる高齢NST対象患者における栄養管理とその結果

清水 亮、中野恵子、西 麻希、福井啓二
愛媛労災病院医学雑誌 第6巻・第1号:10-12, 2009

Multimodality画像を用いた神経膠腫摘出術の有用性

大上史朗、高野昌平、原田広信、久門良明、三木 均、菊池恵一、貞本和彦、宮川正男、
大西丘倫
CI研究 31(1) : 13-20, 2009

脳神経外科治療のスタンダード 12. 脳卒中後遺症

酒向正春
脳神経外科37(11) : 1129-1141, 2009

急性期脳梗塞の実態:病型別、重症度別、年代別、性別にみたリハビリテーション開始時期と予後

酒向正春、柴田健雄、小林祥泰
脳卒中データバンク2009 中山書店 : 124-125, 2009

老人医療費の削減につながる環境-それはリハビリと社会参加の充実だ

酒向正春
日本の論点2010 文藝春秋社 : 536-539, 2009

脳卒中後の機能予後予測はMRI検査だけでは困難である

酒向正春
脳神経検査のグノーティ・セアウトン-この検査ではここが見えない シナジー出版, 2009

脳卒中1,538例における回復期リハビリテーション期の脳卒中再発症例に関する検討

井上智貴、酒向正春、石原 健 
脳卒中31(3) : 188-196, 2009

Pusher syndromeに対する水中運動療法の効果

久徳壮一郎、西川昭彦、青木千津、酒向正春
愛媛県作業療法士会誌13 : 15-22, 2008

血行再建術後過灌流症候群の予防と治療 ― 術前・術後管理で注意すべきこと ―

福本真也
脳神経外科速報19 (5) : 563-569, 2009

3TMRIを用いた3DAC法の応用 -脳梗塞患者の運動機能予後予測の可能性について-

伊賀瀬圭二、松原一郎、荒井政森、五石惇司、貞本和彦
CI研究31(1) : 29-34, 2009

Voluson730 Expertを用いた頸動脈狭窄病変に対する4Dエコーシステムの有用性

伊賀瀬圭二、貞本和彦
GE today vol.32 : 43-44, Nov , 2009

3TMRIによるMRA VR画像の有用性

伊賀瀬圭二
DIGITAL MEDICINE 43 : 24, Dec , 2009

我々の施設での外減圧術における頭蓋骨片保存法について

市川晴久、河野兼久、向川卓志、瀬野利太、麓 憲行、山口佳昭、尾上信二、福本真也、
河野啓二
Neurotraumatology 32: 82-87, 2009

症候性腰仙部脊柱管内硬膜外嚢胞性病変の検討

尾上信二、花北順哉、北浜義博、高橋敏行、南 学、紀 武志、伊藤圭介
脳神経外科ジャーナル18(3) : 217-225, 2009

スッキリ解決Q&A

原田広信
BRAIN NURSING 25(12) : 75, 2009

軽微な頭部外傷を契機に可逆性頭蓋内血管狭窄をきたした小児の2例

松本洋明、河野兼久、河野啓二、鄭 菜里、麓 憲行、山口佳昭、尾上信二、市川晴久、
白石俊隆
脳神経外科速報 19(11) : 1303-1309, 2009

Cervical anginaを呈した不安定性頚椎症性脊髄症の1例

長久 功、花北順哉、高橋敏行、南 学、北浜義博、尾上信二、紀 武志、伊藤圭介
脳神経外科ジャーナル 18(2) : 133-137, 2009

著書

神経解剖 – 内包,  錐体路,  感覚路,  大脳辺縁系.

大西丘倫
図解 脳神経外科 黒岩敏彦、松居徹、大西丘倫、他編 金芳堂 pp10-16, 2009

神経学的検査 – 身体所見,  意識レベル,  運動機能,  反射,  感覚機能.

大西丘倫
図解 脳神経外科 黒岩敏彦、松居徹、大西丘倫、他編 金芳堂 pp86-94, 2009

脳腫瘍

大西丘倫
図解 脳神経外科 黒岩敏彦、松居徹、大西丘倫、他編 金芳堂 pp164-178, 2009

脊椎椎間板ヘルニア

大西丘倫
図解 脳神経外科 黒岩敏彦、松居徹、大西丘倫、他編 金芳堂 pp296-298, 2009

Multimodality画像を融合したsynchronized navigationを用いた膠芽腫に対する治療戦略

大上史朗、高野昌平、原田広信、井上明宏、山下大介、久門良明、大西丘倫
脳腫瘍の外科 河本圭司編 メディカ出版 pp16-