愛媛大学大学院医学系研究科  整形外科学

入局案内

愛媛大学医学部整形外科学教室は1976年4月1日に開講、初代教授は野島元雄先生、二代目教授は柴田大法先生、三代目教授は山本晴康先生、四代目教授として三浦裕正先生、現在五代目教授 髙尾正樹先生が教室を主催しており、開設以来の同門会員数は約200名です。

臨床研修医

1.初期臨床研修(スーパーローテーション)

初期臨床研修(スーパーローテーション)を希望される皆さまへ

愛媛大学医学部附属病院総合臨床研修センターのアイプログラムでは研修1年目から基本科(外科)としての整形外科を選択することも可能です。
また、整形外科教室関連病院でよりフレキシブルに前期卒後臨床研修をうけることもできます。どんな相談にも応じますのでご連絡下さい。

2.後期研修(卒後2年目以降)
日本専門医制評価・認定機構の専門医を取得するためには3年9か月の教育プログラムに参加し、その後試験を受けることになり、実質的に4年間で専門医を取得するということになります。 さらに整形外科などの基本領域の専門医を取得した人は領域専門医(subspeciality)の研修及び受験資格を得ることができるようになります。整形外科関係での領域専門医には脊椎脊髄外科と手外科専門医があります。

詳しくは愛媛大学 整形外科専門研修プログラムを参照してください。

Uターン、Iターン入局を希望の先生

愛媛大学整形外科では、様々なご事情で愛媛県でのご勤務を希望される先生のUターン、Iターン入局を歓迎いたします。
まずはご気軽にご相談ください。

下記メールアドレスに“入局相談”のタイトルでメールをお送りください。

orthop@m.ehime-u.ac.jp

(例1) 愛媛県で開業したいけど4-5年病院勤務して、地域医療の状況を把握したい。

(例2) 両親が高齢で介護や看護がいるため、近くで比較的時間のとりやすい勤務形態で病院勤務したい。

(例3) 生活費の安い地域で、仕事とプライベートを両立して勤務したい。

(例4) 夫や妻の転勤や、子供の就学で愛媛県に移住したいが、勤務先選びにこまっている。

(例5) これまで培った医療技術を愛媛県の地域医療のために発揮したい。

 

関連病院

関連病院
東予
中予
南予
愛媛県外