愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

キャリア形成支援プログラム

  • ホーム
  • キャリア形成支援プログラム

キャリア形成支援プログラム

キャリア形成支援プログラムの具体例

  • 総合診療医養成コース例
  • 外科専門医養成コース例
  • 小児科専門医養成コース例

総合診療医養成コース例

*

コースの全体像

地域中核病院の内科部門(外来・入院・救急)を支える能力を有することと 独力で責任ある内科全般の診療と教育を行うために、年齢・性別・臓器・症状を問わない疾患の診断と治療および予防に関する知識と技能を獲得します。 また各専門診療科やその他の医療資源との有効かつ円滑な連携を行い、相互啓発や下級医・スタッフの教育に必要な知識と態度を身につけます。 具体的には後期研修2年目(卒後4年目)で日本内科学会・内科認定医を取得し、病院及び診療所等での総合医・家庭医研修の後、卒後6年目に日本プライマリ・ケア連合学会家庭医(総合診療)専門医の取得を目指します。さらに平行して内科、小児科のサブスペシャリティ(各専門医等)を取得可能な柔軟なプログラムを用意しています。
 地域医療の視点を持って、診療および地域活動にあたる能力を有することと 地域全体を一つの診療単位として、その地域の中で起こる病気を地域との繋がりにおいて捉える視点を持つように努めます。また地域で発生する病気と地域特性との調査・予防などの公衆衛生活動も視野にいれた実践活動を行う能力を身につけます。。

専門医の概要

学会等名 日本プライマリ・ケア連合学会
資格名 家庭医専門医
資格要件 会員歴3年以上
学会の連携等の概要 (学会専門医等が勤務する医療施設や、学会認定施設等について)
愛媛大学病院、愛媛県立中央病院、市立八幡浜総合病院、西予市立(宇和・野村)病院、久万高原町立病院

外科専門医養成コース例

*

コースの全体像

外科専門医を取得するためには、日本外科学会に「修練開始登録」を行い、卒後初期臨床研修期間を含んで「通算5年以上」の修練期間が必要です。4年以上を経た段階で予備試験となる筆記試験を受験することができ、「最低手術症例数350例以上(うち120例以上は術者)」を充足した5年以上の段階で、認定試験となる面接試験を受験することができます。この外科専門医は、消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科などの関連外科専門医を取得する際に必要な基盤となる共通の資格です。

手術症例は外科学会の指定施設または関連施設で、指導責任者の下で経験する必要があります。各領域の手術手技最低症例数は①消化管および腹部内臓(50例)②乳腺(10例)③呼吸器(10例)④心臓・大血管(10例)⑤末梢血管(10例)⑥頭頸部・体表・内分泌外科(10例)⑦小児外科(10例)⑧外傷(10例)⑨内視鏡手術(腹腔鏡・胸腔鏡を含む)(10例)です。手術症例はオンラインで登録します。各分野の必要な手術数を充足できるよう配慮して、各自の手術経験状況に応じて指定施設または関連施設に配置します。

専門医の概要

学会等名 日本外科学会
資格名 外科専門医
資格要件 修練開始登録から5年以上の修練期間と350例以上の手術経験
学会の連携等の概要(学会専門医等が勤務する医療施設や、学会認定施設等について)
県中核病院:
愛媛大学医学部附属病院(指)、県立中央病院(指)、四国がんセンター(指)、愛媛病院(関)、松山赤十字病院(指)
地域中核病院:
四国中央病院(指)、県立新居浜病院(指)、住友別子病院(指)、県立今治病院(関)、済生会今治病院(指)、市立八幡浜総合病院(関)、市立宇和島病院(指)
地方拠点病院:
石川病院(指)、西条市立周桑病院(関)、久万高原町立病院(関)、市立大洲病院(関)、西予市立宇和病院(関)、宇和島市立吉田病院(関)、宇和島市立津島病院(関)、鬼北町立北宇和病院(関)、県立南宇和病院(関)

小児科専門医養成コース例

*

コースの全体像

小児科専門医の資格取得要件は
 1) 学会会員歴が引続き3年以上、もしくは通算して5年以上であるもの。
 2) 2年間の卒後臨床研修を受け、その後さらに小児科専門医制度規則第15条に規定する小児科臨床研修を3年以上受けたもの。もしくは小児科臨床研修を5年以上受けたもの。 ただし、小児科臨床研修の3年間のうち最低6カ月は研修支援施設(愛媛県では愛媛大学、愛媛県立中央病院、松山赤十字病院)での研修を必要としている。

専門医の概要

学会等名 日本小児科学会
資格名 小児科専門医
資格要件 上記
学会の連携等の概要(学会専門医等が勤務する医療施設や、学会認定施設等について)
(小児科専門医研修施設)
 愛媛大学、愛媛県立中央病院、松山赤十字病院、市立宇和島病院、愛媛県立今治病院、愛媛県立新居浜病院
ページ先頭へ