愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

お知らせ

平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを開催しました。【3月5日(火)】

 平成31年3月5日(火),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを宇和島市で開催し,南予地区の病院,行政機関等から多数の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで,「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,南予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長から,開会挨拶に続き,医学教育カリキュラムの現状と今後,県内初期研修マッチング状況,新専門医制度の概略等について説明がありました。
 その後,熊本大学医学部附属病院地域医療支援センター長で地域医療・総合診療実践学講座(寄附講座)の
松井邦彦教授から,「地域医療と総合診療 -医学教育の観点から-」と題した講演がありました。全国的にも課題となっている,地域における医療提供体制の課題解決を図るための,熊本県における取組やご自身の経験を踏まえた地域医療体制のあり方等について,実践解説を交えた,興味深い講話がありました。

  参加者は,松井教授の講演に熱心に聞き入り,これまでの地域医療のあり方を振り返り,また,今後の地域医療体制はどうあるべきか等について考える良い機会を持つことができました。
 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

 

掲載日:2019年03月14日

平成30年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを開催しました。【2月21日(木)】

 平成31年2月21日(木),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを今治市で開催し,東予地区の病院,行政機関等から多数の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで,「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,東予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長から,開会挨拶に続き,医学教育カリキュラムの現状と今後,県内初期研修マッチング状況,新専門医制度の概略等について説明がありました。
 その後,島根大学医学部附属病院副病院長(安全管理担当)で,地域医療政策学講座の廣瀬昌博教授から,「医療の質と医療安全」と題した講演がありました。医療安全文化測定と医療安全管理について,ご自身の多彩な経験と思慮深い研究成果に基づく考察,また実例解説を交えた,興味深い講話がありました。

 参加者は,廣瀬教授の講演に熱心に聞き入り,それぞれの倫理を踏まえ医療人(プロ)として,どうあるべきか,どうするべきか等,医療安全文化醸成を目指した,取組,人材育成のあり方等について考える良い機会を持つことができました。
 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2019年02月26日

第8回地域医療再生セミナーを開催しました。【11月26日(月)】

 平成30年11月26日(月),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第8回地域医療再生セミナーを開催し,愛媛県及び県内各市町の行政機関と各関連病院等の方々,及び学内教職員,110人の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。

 始めに,三浦裕正病院長から開会挨拶の後,高橋敏明地域医療支援センター准教授がセンターの活動報告を行いました。

続いて,以下のプログラムで取組紹介が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
  ・「地域医療学講座の活動報告」               川本龍一 地域医療学講座教授
  ・「宇摩地域における地域医療再生学講座の活動報告」     間島直彦 地域医療再生学講座教授
  ・「地域救急医療学講座の活動報告」             大蔵隆文 地域救急医療学講座教授
  ・「小児・周産期医療の発展を目指して」
      ~小児人口から見た医療体制構築~          檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
  ・「地域周産期医療の今日と未来」              松原圭一 地域小児・周産期学講座教授
  ・「愛媛県ドクターヘリの運航状況と防災ヘリ・近隣県との連携」佐藤格夫 救急航空医療学講座教授
  ・「地域生活習慣病・内分泌学講座のこの1年の活動」     松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

 その後,満田医学系研究科長及び高田清式地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。各教授から,更に踏み込んだ取組の紹介や具体例及び課題等について説明があり,出席者も交え,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。

 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化して,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2018年11月30日

第8回地域医療再生セミナーを開催します【平成30年11月26日(月)】

 当センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消することを目的に,医師育成キャリア形成支援事業を実施しています。
 
 その事業の一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携について,関係の皆様に御理解を深めていただくことを目的とした地域医療再生セミナーを毎年開催しています。
 
 今年は1126日(月)に開催し,地域医療関係各講座等の取組についてご紹介するほか,「地域医療の充実・発展を目指して」をテーマに討論会を実施します。
  
つきましては,地域医療の確保に取り組んでおられる医療機関,行政機関の方々を始め,関係の皆様に御出席を賜りたく,御案内申し上げます。
  本セミナーへの参加をご希望される方は,下記により,1112日(月)までにお申し込みくださるようご案内いたします。

   1 開催日時 平成301126日(月)14:3017:30   
   2 開催場所  愛媛大学医学部創立40周年記念講堂
       (医学部内の案内図) 
                        https://www.m.ehime-u.ac.jp/DL/campusmap.pdf
                       
案内図「⑯医学科総合教育棟」に記念講堂があります。
  
3 申込方法
   1)WEB申込み: 下記アドレスから申込書をダンロードいただき,同ページのメール                    フォームに添付して申込みください。
 
      2)FAX又は郵送での申込み:下記アドレスから申込書をダウンロードしてください。
                 https://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/community.support/entry
    4 申込先  〒791-0295 愛媛県東温市志津川
                                          
地域医療支援センター 宛
                                          
Fax.089-960-5759
                                          
E-mailchiiki@stu.ehime-u.ac.jp

2018.11.26 ポスター

 

                       愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センター
     
                              第8回地域医療再生セミナー 

                日  時 平成301126日(月) 14301730
  
               場  所 愛媛大学医学部創立40周年記念講堂 

   ・開会挨拶 14:30~   愛媛大学医学部附属病院長           三浦 裕正
  
・活動報告 14:35~   地域医療支援センター活動報告
   
               地域医療支援センター 准教授      高橋 敏明
  
・取組紹介   14:50  ① 地域医療学講座の活動報告
            
                   地域医療学講座 教授             川本 龍一
    
      15:00  ② 宇摩地区における地域医療再生学講座の活動報告               
                                              
地域医療再生学講座 教授           間島 直彦
  
                     15:10  ③ 地域救急医療学講座の活動報告
               
                    地域救急医療学講座 教授           大蔵 隆文  
                     15:20  ④ 小児・周産期医療の発展を目指して
              
           ~小児人口から見た医療体制構築~                    
                                              地域小児・周産期学講座 教授         檜垣 高史
                           15:30  ⑤ 地域周産期医療の今日と未来
               
                     地域小児・周産期学講座 教授          松原 圭一                           15:40  ⑥ 愛媛県ドクターヘリの運航状況と防災ヘリ・近隣県との連携    
                                             
救急航空医療学講座 教授       佐藤 格夫
  
                     15:50  ⑦ 地域生活習慣病・内分泌学講座のこの1年の活動
                                                              地域生活習慣病・内分泌学講座 教授     松浦 文三
     
        (質疑応答)
 
    (休  憩)
    
・討論会   16:30~ ~地域医療の充実・発展を目指して~
 
                  座長 : 愛媛大学大学院医学系研究科長   満田 憲昭                                                          : 地域医療支援センター長       高田 清式                                                       パネリスト:講演者全員
    
・閉会挨拶 17:25~   愛媛大学大学院医学系研究科長          満田 憲昭
    
・懇談会  17:3019:00 (会場:附属病院レストラン愛彩館 *会費制3,000円)
     
                     *料理・飲み物をお出しします。
                    (飲み物について、アルコール飲料は提供しません。)

掲載日:2018年10月25日

平成30年度愛媛県中予地区病院指導医セミナー【7月10日(火)】

 平成30年7月10日(火),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県中予地区病院指導医セミナーを松山市で開催し,中予地区の病院,行政機関等から約30人の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,中予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長の開会挨拶に続き,愛媛県立中央病院の原田雅光臨床研修センター長から,県立中央病院における特色ある臨床研修と地域医療の取組,県立4病院の役割と機能,研修医サポート体制等についてミニレクチャーがありました。続いて,地域医療支援センターの高橋敏明副センター長から,医学生のマッチングの動向等について,また,高田センター長から,新しい専門医制度の現況報告と進捗状況について説明がありました。

県立中央病院 原田臨床研修センター長のミニレクチャー

高知大学 高田教授の講演

   

 その後,高知大学医学部医学教育創造・推進室の高田淳教授から「医学教育の変遷と地域医療実習について」と題した講演がありました。医学教育における問題点とその取組,課外活動への指導や成績不振者への対応等の学生教育の実態について,高知大学の状況等も含めた興味深い講話がありました。
参加者は,高田教授の講演に熱心に聞き入り,地域医療の現場で医学生や若手医師をどう指導・育成していくかなど,今後の地域医療現場での人材育成のあり方等について考える良い機会を持つことができました。

 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進していきます。 

掲載日:2018年07月12日

第7回地域医療再生セミナーを開催しました。【11月13日(月)】

 平成29年11月13日(月),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第7回地域医療再生セミナーを開催し,学内教職員のほか,愛媛県及び県内各市町の行政機関,医師会,各関連病院等から127人の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。
 始めに,三浦裕正病院長から開会挨拶の後,高橋敏明地域医療支援センター准教授がセンターの活動報告を行いました。

三浦病院長の挨拶 高橋准教授の活動報告
   

続いて,以下のプログラムで取組紹介が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
  ・「地域医療学講座の活動報告」 川本龍一 地域医療学講座教授
  ・「地域医療再生学講座の活動報告」 久門良明 地域医療再生学講座教授
  ・「宇摩地域におけるロコモ予防」 間島直彦 地域医療再生学講座教授
  ・「八幡浜地区の救急医療の現状と今後の対策」 大蔵隆文 地域救急医療学講座教授
  ・「小児・周産期医療の充実を目指して」 檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
  ・「愛媛県の周産期医療のボトムアップを考える」 松原圭一 地域小児・周産期学講座教授
  ・「愛媛県ドクターヘリの運航と地域医療との連携」 佐藤格夫 救急航空医療学講座教授
  ・「内子町における行政と寄附講座の新たな協働」 松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

大蔵教授の取組紹介 佐藤教授の取組紹介
   

 その後,満田医学系研究科長及び高田清式地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。出席者は,積極的に討論に参加し,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。
 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化し,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。
 

討論会(満田・高田座長) 討論会の様子
   

 

 
 

 

掲載日:2017年11月27日

第6回地域医療再生セミナーを開催しました。【平成28年10月26日(水)】

 平成28年10月26日(水),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第6回地域医療再生セミナーを開催し,学内教職員のほか,愛媛県及び県内各市町の行政機関,医師会,各関連病院等から約130人の参加がありました。
 
 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。
 始めに,満田憲昭医学系研究科長から開会挨拶の後,高橋敏明地域医療支援センター准教授がセンターの活動報告を行いました。
満田研究科長の挨拶

満田研究科長の挨拶

高橋准教授の活動報告

高橋准教授の活動報告

   

 続いて,以下のプログラムで取組紹介が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
  ・「地域医療学講座の活動報告-愛媛大学附属病院総合診療科-」 川本龍一 地域医療学講座教授
  ・「地域医療再生への取組:これまでの成果と課題」 久門良明 地域医療再生学講座教授
  ・「宇摩地区における運動器機能向上の取組」 間島直彦 地域医療再生学講座教授
  ・「八幡浜・大洲圏域の現状」 本田和男 地域救急医療学講座教授
  ・「次世代を目指した小児医療体制の構築」 檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
  ・「地域生活習慣病・内分泌学講座のこの一年」 松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

川本教授の取組紹介

川本教授の取組紹介

本田教授の取組紹介

本田教授の取組紹介

   

 その後,満田医学系研究科長及び高田清式地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。出席者は,積極的に討論に参加し,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。
 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化し,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

討論会(満田・高田座長)

討論会(満田・高田座長)

討論会の様子

討論会の様子

   

 

 

掲載日:2016年11月07日

愛媛県医学生サマーセミナー(平成28年度)/愛媛県主催

愛媛県 医学生サマーセミナー
「愛媛の地域医療を担うために」

平成28年8月20日(土) 12:30~17:00
会場:愛媛県庁第二別館 6階 大会議室

医学生サマーセミナー日程

 12:30~12:35  開会挨拶 愛媛県保健福祉部社会福祉医療局医療対策課長   菅  規行
                    <司会>   愛媛県保健福祉部社会福祉医療局医療対策課主幹  桂浦 善延
 12:35~13:00  研修医報告 自治医大卒業生
                    <司会>  愛媛県立中央病院総合診療部 主任部長  村上 晃司
 13:00~13:50   <テーマ> 「県及び市町の現状・施策について」
                                         ・愛媛県  ・西予市  ・愛南町  ・西条市
                          <司会>   愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センター副センター長 高橋 敏明
 14:05~14:20  ワークショップの進め方の説明
                <進行>    愛媛大学大学院医学系研究科 地域医療学講座教授  川本 龍一
 14:25~16:15  ワークショップ
                    ≪テーマ≫                                  <各班の課題>
                               「医療から見たまちづくり」         「各参加市町の医療とまち」
 16:15~16:55  討議結果発表
 16:55          閉会挨拶 愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター長  高田 清式

        
ワークショップ
≪テーマ≫
「医療から見たまちづくり」
      進行:愛媛大学大学院医学系研究科 地域医療学講座教授   川本 龍一
      ファシリテーター
           愛媛大学地域医療支援センター長     高田 清式 (一班)(西条市)
           愛媛県立中央病院 総合診療科部長    杉山 圭三 (二班)(西条市)
           愛媛大学医学部地域医療学講座 助教   二宮 大輔 (三班)(西予市)
           愛媛大学地域医療支援センター 助教   池田 祐一 (四班)(西予市)
           愛媛大学医学部地域医療学講座 准教授  熊木 天児 (五班)(愛南町)
           愛媛県立中央病院 総合診療科主任部長  村上 晃司 (六班)(愛南町)
           愛媛大学地域医療支援センター 副センター長   高橋 敏明 (七班)(愛媛県)
           愛媛県職員                     (八班)(愛媛県)
 
   参加学生:愛大地域枠学生28人,自治医大生15人,山口大生1人,神戸大生1人,大阪大生1人,
        和歌山県立医大生1人,大分大生1人,弘前大生1人
■ ワークショップ
  「医療から見たまちづくり」
    ・患者さんへの視診と同じように地域を視診してみよう
    ・地域の資源を探してみよう
  班別討議の手順
    ①…各市町の資源と課題  医療分野に限らず、交通面や人口面、地形など様々な観点から
    ②…医療面での資源と課題 ①から連想される医療面での資源や課題を挙げていく
    ③…自分の夢・構想・貢献 地域医療に対する自分の夢・構想・貢献などを挙げていく
    ④…対応案(解決案)   ①から③をもとに、これからの「医療から見たまちづくり」を考える
 
ワークショップの様子 8班に分かれて行ったワークショップの様子 各班での協議結果を発表
8班に分かれて行ったワークショップの様子 各班で協議内容を元に発表用ポスターを作成 各班での協議結果をそれぞれ発表
【ワークショップ発表の要約】
○1班(西条市)
・市の資源と課題
 農業、工業が盛ん。ビール工場ツアーなど、きれいな水を活かした観光を。
 
・医療面での課題
 病院の立地が東部に集中。産科医が少ない。個人病院との連携がうまくいっていない。
 
・解決策
 まつりに医師を引き込む。石鎚山登山・医療ツーリズム。松山-西条間の高速バス増便。
 登山客のケガに対応をPR。訪問医療・介護の充実。
 
○2班(西条市)
・交通
 高速道路を利用した、西条-松山間の広域救急医療体制を。
 
・観光
 まつり、四国鉄道文化館等の観光資源が豊富。西条の水が健康に良いという学術研究を。
 
・医療
 診療科の偏在、医師不足が深刻。特に産科医が少ない。
 
・解決策
 交通アクセス、住環境の充実。西条市をロケ舞台にしたドラマを制作。医師奨学金の充実。
 
○3班(西予市)
・市の資源と課題
 海と山が近くて自然が豊か。産物も豊か。文化の町。来年の国体での相撲会場。
 市の人口減少、高齢化。
 
・医療面での課題と解決策
 医師不足が深刻。解決のため、交通網を整備して往来を良くする。
 人に住んでもらうために医療を拡充させる。予防医学、健康セミナー、往診。
 ジオパークを活かした運動。
 
○4班(西予市)
・町の資源と課題
 自然環境は良いが、交通が不便。
 
○5班(愛南町)
・交通
 松山市から2時間余りで行けるようになったが、まだまだ不便。
 
・医療面での課題
 産婦人科医が少なく、出産や乳幼児の医療では宇和島市まで行く。
 
・解決策
 医療連携を充実させる必要がある。
 医師不足を補うため、愛南町の良さを知ってもらうことが大事。
 地域住民が優しく、医師にとっても住みやすい町。自然が豊か。ゆるキャラでアピール。
 
○6班(愛南町)
・町の資源と課題
 津波が心配。高齢化、若者の流出で人口減少。人を呼び込む必要がある。
 自然が豊か。びやびやかつお、シーウォーカーや海中展望などで観光PR。
 
・医療面での課題と解決策
 産婦人科医が少なく、地域で出産できない。
 予防医学が大事。病診連携や病児保育を推進。
 
○7班(愛媛県)
・医療面での課題と解決策
 地方には常勤医、専門医が少ない。
 情報ネットワークを整備し、キャリアアップできるようにする。公共交通網の整備も必要。
 
・観光
 観光に力を入れ、人を呼び込む努力をする。(バリィさん、みきゃん)
 各市町を知ることが大切。
 
○8班(愛媛県)
・交通
 宇摩地区から愛南町まで広い県域。
 
・医療面での課題と解決策
 医師数の地域差、診療科の偏在、人口減少の課題がある。
 医学部5、6年生の地域病院見学を。地域医療の情報共有を。
 
・観光
 ゆるキャラ(バリィさん、みきゃん)で、人を呼び込むPRを。
 
2班 杉山圭三ファシリテーターのコメント「将来の人口減少を踏まえ、県内各圏域の病院機能の変化や必要とされる専門医等について、議論していく場が必要。」

掲載日:2016年08月24日

第5回地域医療再生セミナーを開催しました。【11月13日(金)】

 平成27年11月13日(金),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第5回地域医療再生セミナーを開催し,学内教職員のほか,愛媛県及び県内各市町の行政機関,医師会,各関連病院等から約110人の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。
 始めに,満田憲昭医学系研究科長及び三浦裕正病院長から開会挨拶の後,高橋敏明地域医療支援センター准教授がセンターの活動報告を行いました。

DSC06937 満田 挨拶★★ (300x200) DSC06943 三浦 挨拶★ (300x200)
満田研究科長の挨拶 三浦病院長の挨拶

 続いて,以下のプログラムで講演が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
  ・「地域医療学講座の活動報告-総合診療専門医養成 愛プログラム-」 川本龍一 地域医療学講座教授
  ・「地域医療の再生への取組:目標をどれだけ実践できたか?」 久門良明 地域医療再生学講座教授
  ・「宇摩地区における骨折予防リエゾンサービスの構築」 間島直彦 地域医療再生学講座教授
  ・「八幡浜・大洲圏域の現状」 本田和男 地域救急医療学講座教授
  ・「小児・周産期医療提供体制の目指す方向は・・・」 檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
  ・「地域生活習慣病・内分泌学講座 第Ⅱ期の取組」 松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

DSC07017 檜垣★★ (300x200) DSC07033 松浦★★ (300x200)
檜垣教授の講演 松浦教授の講演

 その後,満田医学系研究科長及び高田清式地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。出席者は,積極的に討論に参加し,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。
 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化し,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

DSC07100 討論会★高田★★ (300x200) DSC07034 討論会★★ (300x200)
討論会(満田・高田座長) 討論会の様子

 

掲載日:2015年12月08日

第4回地域医療再生セミナーを開催しました。【12月1日(月)】

平成26年12月1日(月),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第4回地域医療再生セミナーを開催し,学内教職員のほか,愛媛県及び県内各市町の行政機関,医師会,各関連病院等から約140人の参加がありました。  

     地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。  始めに,檜垣實男病院長から開会の挨拶があり,高田清式地域医療支援センター長の挨拶の後,高橋敏明 副センター長がセンターの活動報告を行いました。

DSC04413★病院長★★ DSC04422*高田★★
檜垣病院長の挨拶 高田センター長の挨拶

   続いて,以下のプログラムで講演が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。   ・「地域医療学講座の活動報告」 川本龍一 地域医療学講座教授   ・「地域医療の再生を目指して~理想と現実の狭間で~」 久門良明 地域医療再生学講座教授   ・「骨脆弱性骨折の二次予防を目指した宇摩地区での取り組み」 間島直彦 地域医療再生学講座准教授   ・「八幡浜・大洲圏域の現状」 本田和男 地域救急医療学講座教授   ・「地域生活習慣病・内分泌学講座の5年間の総括」 松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

DSC04479*久門★★ DSC04501*間島★★
久門教授の講演
間島准教授の講演

   その後,安川正貴 医学系研究科長及び高田センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。出席者は,積極的に討論に参加し,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。  本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化し,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

DSC04547★PD★★ DSC04550*PD★★
討論会(安川・高田座長) 討論会の様子

掲載日:2014年12月11日

ページ先頭へ