愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

お知らせ

秋休み企画:病院見学バスツアー開催のお知らせ!

本日は病院見学バスツアーに関する案内です。
夏休みに開催されました病院見学バスツアーには
8名が参加し、とても好評でした。

https://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/community.support/news/4163

 そこで、下記の病院のご懇意で秋休み中にも企画することができました。医療現場でどんなことが行われているのか、医療従事者がどんなことを考えながら働いているのかを間近で垣間見る絶好のチャンスです。数多くの皆さんの参加を楽しみにしております。なお、今回は山間部での紅葉ランチを楽しめるようなプラニングとなっております。

 4年生の皆さんは、本年から臨床実習が前倒しとなり、期待と不安の中、実際の医療現場にも興味を持ち始める頃だと思います。そこで、実習開始直前ではありますが、118日開催分に参加が可能です!

 愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センター
    
副センター長 熊木天児

<秋休み病院見学バスツアー①>
 
・日時:2019118日(愛媛大学医学部図書館前を8:30時に出発)
 
・集合:当日8:20
 
・行き先:北宇和病院滑床渓谷(昼食)→JCHO宇和島病院宇和島市内懇親会(夕食)
 
・対象:愛媛大学医学部医学科14年生
 
・定員:10名程度
 
・費用:無料

<秋休み病院見学バスツアー②>
 
・日時:20191111日(愛媛大学医学部図書館前を8:30時に出発)
 
・集合:当日8:20
 
・行き先:十全総合病院マイントピア別子(昼食)県立新居浜病院新居浜市内懇親会(夕食)
 
・対象:愛媛大学医学部医学科13年生
 
・定員:10名程度
 
・費用:無料

注意事項
 
・持参物:筆記具、パッション
 
・服装は、整った身なりとし、ジーパン・Tシャツ、サンダル履きは不可
 
・医学部生らしい節度ある態度で、見学・説明を受けるようにすること。

申し込み締め切り
 
1031日(ただし、定員に達した時点で締め切り)
 
・連絡先(附属病院地域医療支援センター):chiiki@stu.ehime-u.ac.jp または 089-960-5990
 
・申し込みの際の情報提供内容:氏名(フリガナ)、性別、学籍番号、白衣のサイズ(M, L, LL)、連絡先(携帯・メール)

掲載日:2019年10月09日

第18回地域病院見学バスツアーが実施されました。【令和元年9月10日(火)】

令和元年910に医学部附属病地域医療支援センター主催で第18地域病院見学バスツアーが実施されました

  地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問しております。見学や意見交換を行うことで将来地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れてもらうことが目的です。
  今回の訪問先は西条市立周桑病院と愛媛県立今治病院で,医学科1, 2, 3年生8人が参加しました。
  西条市立周桑病院では,雁木淳一院長から挨拶の後,病院概要についての説明がありました。「当院でなければ診断や治療のできない病気はないかもしれないが、当院にしか通院できない多くの患者さんがいらっしゃいます」と,地域医療に対する想いのこもったお言葉がとても印象的でした。その後白衣を着用して,2班に分かれ病院見学と超音波検査・心電図の体験実習をさせて頂きました。体験実習では,医師と患者にわかれ診断を試みました。模擬的ながらも初めての医療行為であり,真剣に取り組んでいました。
  愛媛県立今治病院では,川上副院長から挨拶の後,病院の概要および今治地区で取り組んでいるACSネットワークについての説明がありました。また,脳神経外科,産婦人科,小児科から地域医療の取り組みとしてそれぞれ「今治地区における脳卒中診療の連携」,「県内で連携している地域周産期母子医療センター」,「地域における幅広い小児科診療」について説明がありました。その後,白衣を着用して病棟,医局,NICU,手術室,HCU,地域医療連携室などを見学しました。
  見学会終了後に懇親会が開催され,両病院の先生方と医学生で親睦を図りました。会の中で総合診療科専門医を目指して愛媛県立今治病院で研修中の河野佑典先生より,ご自身の入学前,在学中,就職後の経験および地域医療に対する想いについて語って頂き,医学生は大いに刺激を受けておりました。
  今回の病院見学で,参加医学生からは「心電図・超音波検査を体験できた。懇親会で先生方のお話しを聞けて本当に良かった。今治の医療の現状を知ることができた」,「規模の異なる2つの病院を見て、連携の仕方の違いや雰囲気の違いを見ることができた。1つの科だけで完結するのではなく複数の科、または機関と連携していることがよく分かった」,「東予の中核病院で取り組んでいる地域医療の実状を垣間見ることができた。病院内施設の見学は初めてで良い刺激になった」などの意見があり,満足度では,全員が「とても良かった」,「良かった」との回答が寄せられ,非常に好評でした。

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。
 11月8日(南予方面)および11月11日(新居浜方面)にも開催される予定であり,近日中に本ホームページでご案内します。今回,残念ながら参加できなかった医学生の皆さん,この機会に是非とも参加して下さい。

 

第18回地域病院見学(ポスター)

掲載日:2019年09月27日

第17回地域病院見学を実施しました。【平成30年4月25日(水)】

 平成30年4月25日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第17回地域病院見学を実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。
 今回の訪問先は医療法人住友別子病院で,医学科1・3・4年生20人が参加しました。
 鈴木誠祐院長から挨拶の後,加藤勤副病院長から病院の沿革,概要等についての説明の中で,新病院棟が平成28年7月に竣工したこと,これに伴い,地域のがん治療拠点として設備と環境が充実したこと,急性期医療を担う機関病院として,早期発見や正確な診断に欠かせない最新鋭のPET-CTや3テラスMRI等の導入により,安全でクオリティの高い高度専門医療を提供していること等の紹介がありました。
 その後,白衣を着用して1年生,3・4年生ごとに分かれ,食堂,医局,手術室,放射線部,病棟,外来の見学を行いました。中でも,開放的で充実した医局環境や放射線部でのPET-CT,放射線治療装置,3テラスMRI,320列CT等の最先端機器の説明に興味深く見聞きしていました。見学を終え,超音波診断エコーによる体験実習をさせていただき,画面に映し出される血管や臓器等の像を食い入るようにのぞき込み,講師の先生の説明に真剣に耳を傾けていました。
 今回の病院見学で,参加学生からは「最先端の機器を見せていただき,驚いた」「エコーの実習では確認される所見などについて細かく教えていただき良かった」「先生方がとても気さくに,暖かく丁寧に説明いただき良かった」などの意見があり,満足度では,全員が「とても良かった」「良かった」との回答が寄せられ,今まで以上に非常に好評でした。

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

掲載日:2018年05月07日

第16回地域病院見学を実施しました。【4月26日(水)】

 平成29年4月26日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第16回地域病院見学を実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。

 今回の訪問先は市立八幡浜総合病院で,医学科3・4回生16人が参加しました。
 上村重喜院長から挨拶の後,病院職員から概要等についての説明の中で,本館屋上にドクターヘリ着陸用のヘリポートの設置や伊方原発が近いことから初期被爆除染施設を保有している等の病院独自の特徴が意義深く説明されました。八幡浜市政策推進課の垣内千代紀課長からは「ふるさとの宝」と題して,八幡浜市の観光産業にまつわる8つの宝物の紹介がありました。
 続いて,内科の田中徹也医師から自らの経験に基づく初期臨床研修の案内と,酒井武則内科部長による「糖尿病の診断と治療」と題して貴重な講義がありました。
 その後,白衣を着用して3回生・4回生ごとに分かれ,院内施設の手術室,医療支援部の放射線室,病棟,透析治療室や屋上ヘリポートの見学を行いました。中でも放射線室に最先端機器として設置しているCT・MRI・血管造影・RI等の検査機器の説明に興味深く見聞きしていました。見学を終え,超音波診断エコーによる体験実習を行いました。
 今回の病院見学で,参加者からは「手術室や放射線室等の普段は見られない場所を見学することができ,最新の医療機器を見せてもらえてとても良かった。」「エコーの体験実習があり,日頃できないことをさせてもらい楽しく勉強にもなった。今後もこのような体験コーナーがあると嬉しいです。」「八幡浜のことを良く知れた。自分の地元に近くても知らないことが沢山あったので,また地域病院見学に参加したいと思った。」などの意見があり,今まで以上に非常に好評でした。
 
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

市立八幡浜総合病院(上村院長)

エコーによる体験実習

   

RI機器診断の説明

八幡浜市政策推進課 垣内課長

   

掲載日:2017年05月01日

第15回地域病院見学を実施しました。【7月20日(水)】

 平成28年7月20日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第15回地域病院見学バスを実施しました。
 
 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。

 今回の見学バスは西予市の2病院を訪問するもので,医学科1~2回生5人が参加しました。
 最初に訪問した西予市立野村病院では,大塚伸之副院長から病院概要の説明を受けた後,救急室,内科外来など院内施設の案内を受けました。
 続いて訪問した西予市立西予市民病院では,末光浩也院長から病院の概要説明を受けた後,病室,CT室,医師住宅等を見学しました。
 参加者は,高齢化が進む中,地域医療を担う中核病院としての機能や災害時には地域拠点病院となることの説明,院内施設の案内等に興味深く見聞きしていました。

 見学終了後,同市内で懇談会を行いましたが,管家一夫西予市長,訪問病院の院長をはじめ15人の方々の参加があり,充実した意見交換ができました。
 見学を終えて,参加者からは「西予市の2つの大病院を同時に見学できた。特に市民病院では医師住宅の見学もでき、具体的なイメージができた。」「病院のいろいろな場所を説明していただきながら見ることができて勉強になった。」「実際に現場で働いている先生方から生の声を聞けた。」などの意見があり,非常に好評でした。
 
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。
 
野村病院 大塚伸之副院長★ 末光院長 挨拶
西予市立野村病院 (大塚副院長) 西予市立西予市民病院(末光院長) 
末光院長(西予市立市民病院) 菅家一夫  西予市長
西予市立西予市民病院 院内見学 管家 西予市長

 

掲載日:2016年07月26日

第14回地域病院見学を実施しました。【4月20日(水)】

平成28年4月20日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第14回地域病院見学を実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。

 今回の病院見学は松山・東温地域の2病院を訪問するもので,医学科1・4回生10人が参加しました。
 最初に訪問した四国がんセンターでは,栗田 啓 院長から病院の概要等について説明を受けた後,灘野成人肝・胆・膵内科医長の案内で内視鏡室,放射線診断部,通院治療室等の院内見学を行いました。
 続いて訪問した愛媛医療センターでは,岩田 猛 院長から病院の沿革・概要等の説明を受けた後,救急外来,手術室,リハビリ室等の院内見学を行いました。
 参加者は,各病院の地域拠点病院としての役割の説明や院内施設の案内に,興味深く見聞きしていました。
 今回の見学で,参加者からは「手術室や放射線診断部など普段は見られない場所を見学することができ,とても勉強になった。」「内視鏡の操作方法を教わったり,病棟など多くの場所を見学できて貴重な体験になった。」などの意見があり,非常に好評でした。

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

 

内視鏡室 操作方法の実習 がんセンターの施設概要説明
内視鏡室 操作方法の実習 四国がんセンター(栗田院長)
shisetsu 手術室
岩田院長の施設概要説明 手術室

 

掲載日:2016年05月02日

第13回地域病院見学バスを実施しました。【11月16日(月)】

 平成27年11月16日(月),医学部附属病院地域医療支援センターが,第13回地域病院見学バスを実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。

 今回の見学バスは西条・今治地域の2病院を訪問するもので,医学科1・3・4回生7人が参加しました。
 最初に訪問した西条市立周桑病院では,雁木淳一院長から病院の概要や地域救急医療の現況等について説明を受けた後,病棟,放射線室,生化学検査室等の院内見学を行いました。また,青野 勝西条市長の挨拶及び同市 塩崎昭次 健康医療推進課長から市の特長や魅力について説明がありました。
 続いて訪問した愛媛県立今治病院では,藤田 学 院長から病院の沿革・概要等の説明を受けた後,越智健二今治市健康推進課長から市の特色の説明,川上秀生循環器内科部長から各診療科の紹介,松岡 宏 副院長から臨床研修の説明を受けた後,血液検査室,医局,ICU等の院内見学を行いました。
 参加者は,西条・今治地域の医療事情の説明や院内施設の案内等に,興味深く見聞きしていました。
 見学終了後,今治市内で懇談会を行いましたが,訪問病院から両院長をはじめ5人の方々の参加があり,充実した意見交換ができました。
 今回の見学で,参加者からは「地域病院の現状を実際に見学・体感することができた。」「院長先生を始め,先生方と打ち解けた雰囲気でお話させていただき,考え方を学べた。」「2つの病院に行くことで各病院の長所・短所を比較しながら見ることができた。」などの意見があり,非常に好評でした。
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

西条周桑病院;雁木院長 県立今治病院;藤田院長
西条市立周桑病院(雁木院長) 愛媛県立今治病院(藤田院長)
青野西条市長 懇談会
青野 西条市長 懇談会での記念撮影

掲載日:2015年11月26日

第12回地域病院見学バスを実施しました。【7月30日(水)】

 平成27年7月30日(木),医学部附属病院地域医療支援センターが,第12回地域病院見学バスを実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。

 今回の見学バスは,国民健康保険久万高原町立病院を訪問するもので,医学科2~4回生の5人が参加しました。
 久万高原町立病院では,金岡光雄院長から,病院の沿革について説明を受けた後,中央処置室,検査室,放射線室等の院内見学及び併設の老人保健施設「あけぼの」を見学しました。

久万高原町立病院(金岡院長) 院内見学
久万高原町立病院(金岡院長) 院内見学

 その後,医師の訪問診療に同行し,町内の介護支援施設等で診療の様子を見学しました。不二峰診療所では,玉木芳郎所長から地区内の医療状況の説明を受けました。
 久万高原町立病院に戻り,久万高原町の高橋房俊副町長から,町の現状について説明を受けた後,見学生で地域医療に関するワークショップを約1時間行い,討議結果を発表するとともに各自意見を述べました。

訪問診療 ワークショップ
訪問診療 ワークショップ

  終了後,久万高原町内にて見学生と訪問先の医師・職員で,和やかに夕食会を開きました。
 今回の見学で,参加者からは「訪問診療の実際が見られて良かった。」「往診に連れて行ってもらって地域医療の良さが分かった。」「ワークショップが非常に勉強になった。地域医療の問題点や夢を頭の中で整理でき、今後地域医療を勉強する上で役立った。」などの意見があり,非常に好評でした。

情報交換会・古岩屋荘 久万高原町立病院玄関前
夕食会 久万高原町立病院玄関前

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

掲載日:2015年08月27日

第11回地域病院見学バスを実施しました。【4月22日(水)】

 平成27年4月22日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第11回地域病院見学バスを実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。
 今回の見学バスは宇和島地域の2病院を訪問するもので,医学科3・4回生22人が参加しました。
 最初に訪問したJCHO宇和島病院では,矢野達哉副院長から,疾病予防と健康維持,治療とリハビリ,介護・福祉を一貫提供する同病院の特徴について説明を受けた後,放射線部,リハビリ訓練室等の院内見学を行いました。また、宇和島市の方から,市の特長や魅力について説明がありました。
 続いて訪問した鬼北町立北宇和病院では,岡部健一院長から地域の現状と病院の沿革・役割等の説明を受けた後,社会福祉法人 旭川荘愛媛支部の藤井千穂支部長からドクターヘリ運用についての説明を受けました。
 参加者は,地域の医療・介護・福祉の包括的な連携状況の説明や院内施設の案内等に,興味深く見聞きしていました。
 見学終了後,鬼北町内で懇談会を行いましたが,芝田正文鬼北町副町長,訪問病院の院長をはじめ11人の方々の参加があり,充実した意見交換ができました。
 今回の見学で,参加者からは「病院の説明が丁寧で,各病院の特徴がよく分かった。」「研修の話を詳しく聞けて良かった。」「地域医療の現状を知ることができた。」「将来のためになる話を聞けた。」などの意見があり,非常に好評でした。
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

JCHO宇和島病院 矢野副院長 (300x200) 鬼北町立北宇和病院 岡部院長 (300x200)

JCHO宇和島病院 矢野副院長

鬼北町立北宇和病院 岡部院長
鬼北町 芝田正文副町長 (300x200) 懇談会の集合写真 (300x200)
芝田 鬼北町副町長 懇談会での記念撮影

掲載日:2015年04月30日

第10回地域病院見学バスを実施しました。【1月7日(水)】

 平成27年1月7日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第10回地域病院見学バスを実施しました。

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。
 今回の見学バスは新居浜地域の3病院を訪問するもので,医学科1・4回生8人が参加しました。
 最初に訪問した愛媛労災病院では,宮内文久院長から病院概要,地域医療連携等の説明を受けた後,宮内院長の案内で,手術室,中央放射線部等の院内見学を行いました。
 次に訪問した住友別子病院では,鈴木誠祐院長から病院概要,臨床研修スケジュール等の説明を受けた後,加藤勤副院長の案内で,放射線部等の院内施設を見学しました。
 続いて訪問した十全総合病院では,古林太加志院長から病院概要,臨床研修の特徴,家庭医養成プログラム等の説明を受けた後,診察室,手術室,透析室等を見学しました。また,新居浜市保健センターの河野恵子所長から,市の特長や魅力について説明がありました。
 参加者は,臨床研修の具体的な内容や指導体制,地域の医療事情,院内施設の案内等に,興味深く見聞きしていました。
 見学終了後,新居浜市内で懇談会を行いましたが,訪問病院の院長をはじめ12人の方々の参加があり,充実した意見交換ができました。
 今回の見学で,参加者からは「病院の普段見られない場所を拝見でき,解説も丁寧だった。」「地域病院で実習や研修をするメリットがよく分かった。」「理念や病院の特色の話と、院内の見学が充実していた。」「交流会でいろいろな話を聞けた。」などの意見があり,非常に好評でした。
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

愛媛労災病院 宮内院長 住友別子病院 鈴木院長

 愛媛労災病院(宮内院長)

 

 住友別子病院(鈴木院長)

 

十全総合病院 古林院長 病院見学集合写真 27.1.7
 十全総合病院(古林院長)   懇談会での記念撮影

掲載日:2015年01月19日

ページ先頭へ