愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ 愛媛県医学生サマーセミナー/愛媛県主催【平成30年8月18日(土)】

愛媛県医学生サマーセミナー/愛媛県主催【平成30年8月18日(土)】

【開催日】  平成30年8月18日(土)

【プログラム】医学生サマーセミナー~プレレクリエーション~                      11:00~12:00
         愛媛県医学生サマーセミナー「愛媛の地域医療を担うために」  12:30~17:00

【会 場】      愛媛県庁第二別館 6階 大会議室

 毎年,愛媛県が愛媛の地域医療に興味・関心を持つ県内外の医学生を対象に県内の地域医療への理解を深めていただくため医学生サマーセミナーを開催しています。今年は,県内外の大学から35人の医学生が参加しました。また,初めての取組として,セミナー前に愛媛大学主催のプレレクリエーションを実施しました。
 プレレクリエーションでは,愛媛大学医学部附属病院総合診療科の菊池明日香先生が,医師として患者さんの訴えをより適確に収集する方法のひとつとなる,「聞き上手」「褒め上手」になるためのコミュニケーション手法を実践的にレクチャーしました。

 セミナーでは,愛媛県の大野和久医療対策課長から愛媛県内の地域医療に理解を深めていただきたいと挨拶があった後,県立南宇和病院 村上晃司先生の司会で,市立宇和島病院 西川浩輔先生(後期研修1年目)・県立中央病院 村上将紀先生(初期研修1年目)から地域医療現場での日々の研修内容や自身の学生時代の振り返り等について報告があり,加えて,学生の間にしかできないことを見つけて行動してほしいとのメッセージもありました。

 その後,愛媛大学大学院医学系研究科地域医療学講座の川本龍一教授の進行で「愛媛の地域医療を担うために『医療から見たまちづくり』」をテーマとしたワークショップを行いました。

 ワークショップにあたり,愛媛県内の今治市・四国中央市・鬼北町の職員の方々から各市町の特色や地域医療の現状の説明があり,その後,ファシリテーターの各先生も加わり,6班に分かれテーマに沿ってグループ討議を行いました。

 討議後の各班の代表からの発表では,参加した医学生から各市町の特色を活かした提案がありました。具体的には観光資源を有効に活かすための健康増進イベントの開催・病院間の連携・病院の偏在を解消するためのアイデア・産業医の育成・高齢者医療先進地区としてのアピール・きさいやネットの活用,等々,若者の視点で真剣に地域医療を考えたものでした。

 最後に,愛媛大学医学部附属病院の高田清式地域医療支援センター長から,県内外の医学生が参加し,県内の各市町の特色を活かした地域医療を真剣に議論いただき若者の視点で提案していただいたことを嬉しく思うと謝辞がありました。

 

掲載日:2018年08月22日

ページ先頭へ