愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

お知らせ

愛媛県医学生サマーセミナー(令和元年度)/愛媛県主催

【実施日】令和元年817()

【プログラム】
  医学生サマーセミナー~プレレクリエーション~        
11:0012:00

  愛媛県医学生サマーセミナー「愛媛の地域医療を担うために」  12:3017:00

【会場】愛媛県庁第二別館 6階 大会議室

 毎年、愛媛県が愛媛の地域医療に興味・関心を持つ県内外の医学生を対象に県内の地域医療への理解を深めていただくため医学生サマーセミナーを開催しています。今年は、県内外の大学か41人の医学生が参加しました。また、昨年から実施している取組として、セミナー前に愛媛大学主催のプレレクリエーションを実施しました。

 プレレクリエーションでは愛媛大学医学部附属病院総合診療科の菊池明日香先生が、アイスブレイクとして、「他職種の連携を学ぼう」をテーマとして、愛媛出身の医学生同士、ご飯を食べながらワイワイ楽しみ親交を深めました。

プレレクリエーション

医学生の発表

   

 セミナーでは、愛媛県の大野和久医療対策課長から愛媛県内の地域医療に理解を深めていただきたいと挨拶があった後、愛媛県立中央病院総合診療科部長 杉山 圭三先生の司会で、愛媛大学地域枠卒業生 安岐佳子先生、自治医科大学卒業生 城戸信二先生から地域医療現場での日々の研修内容や自身の学生時代の振り返り等について報告がありました。

 その後、愛媛大学大学院医学系研究科地域医療学講座の川本龍一教授の進行で「愛媛の地域医療を担うために『地域包括ケアとまちづくり』」をテーマとしたワークショップを行いました。

 ワークショップにあたり、愛媛県内の新居浜市、大洲市、愛南町の職員の方々から各市町の特色や地域医療の現状の説明、また、県立新居浜病院 北條院長、市立大洲病院 谷口院長、県立南宇和病院 村上院長から各病院の現状・課題等について説明がありました。

 各班の発表後、各アドバイザーから「医学生の皆さんが若者の感性で真剣に各市町の課題に取り組んでくれたことに敬意を表したい」「本日、話題に上がりました意見や提案を実現させるべく、地域医療を担う医師になってくれることを期待している」等のコメントがありました。

 最後に、愛媛大学大学院医学系研究科地域医療学講座 川本龍一 教授から「県内外の医学生が参加し県内の各市町の特色を活かした地域医療について真剣に議論いただき、若者の視点で提案していただいたことを各市町に還元することになっている」と謝辞がありました。                 

 

掲載日:2019年08月30日

第18回地域病院見学ツアー【令和元年9月10日(火)】

2019年9月10日

日 時:令和元年9月10日(火)1250集合(愛媛大学医学部図書館前)

訪問先:西条市立周桑病院及び愛媛県立今治病院

対 象:愛媛大学医学部医学科生(1~4年生)

参加費:無料(昼食は各自済ませておくこと。)

定 員:10名(先着順で定員になると締め切ります。)

希望者は、9月2日(月)までに学務課に下記の申込書を提出すること。

    (他大学生にあっては、当該内容をmgakumu@stu.ehime-u.ac.jpあて送信すること。)

予定
 13:00:愛媛大学医学部図書館前 出発
 
 13:40:西条市立周桑病院 到着
 13:50~15:00:同 病院の説明と院内の見学
 15:10:西条市立周桑病院 出発

 15:50:愛媛県立今治病院 到着
 16:00~17:10:同 病院の説明と院内の見学
 17:20:愛媛県立今治病院 出発

 17:50:懇親会場(今治市内) 到着
 18:00~19:30:同会場にて食事
 19:40:懇親会場 出発

 20:30:愛媛大学医学部図書館前 到着

 

注意事項
 ・服装は、整った身なりとし、ジーパン・Tシャツ、サンダル履きは不可
 ・医学部生らしい節度ある態度で、見学・説明を受けるようにすること。
 連絡先:附属病院地域医療支援センター089(960)5990 または、学務課教務089(960)5171

第18回地域病院見学申込書

第18回地域病院見学のご案内

掲載日:2019年08月07日

愛媛県地域医療医師確保奨学金貸費生(5年生)との意見交換会を実施しました。【5月14日(火)】

 愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターでは,令和元年5月14日(火)に愛媛県
地域医療医師確保奨学金貸費生(5年生)との意見交換会を実施しました。

 愛媛県地域医療医師確保奨学金は,愛媛県の地域医療発展に貢献しようとする意欲に富んだ医学生に対する修学資金制度であり,卒後,愛媛県内の指定医療機関において9年間医師業務に従事することで返還債務が免除されます。 意見交換会には奨学生の5年生20人全員が参加し,山下政克医学部長,高田清式地域医療支援センター長らが出席し,地域医療支援センター講義室にて午後4時30分から実施しました。 

             意見交換会の様子

 始めに,山下医学部長から「県下の地域医療は皆さんにかかっている,地域のアドバンテージに目を向けて志に向かって頑張ってほしい,愛媛の地で医師になって良かったと思ってもらえるよう,様々な視点で応援させていただきます。しかし,そのための現時点での最大の目標は医師国家試験に合格することです。」と激励の挨拶ありました。続いて,高田地域医療支援センター長,センター担当者及び愛媛県担当者から,卒後義務期間中の配置例,義務期間中の専門医資格取得のためのキャリア形成プラン例等について,昨年度の医療法等の改正を踏まえて一部改正された,愛媛県キャリア形成プログラムに基づき説明がありました。
 その後,和やかな雰囲気の中,参加した奨学生との活発な意見交換が行われ,意思疎通を図る上で良い機会を持つことができました。
 今後は,地域医療支援センターの教員等が各奨学生との個別面談等を行い,意見等を聴取して,キャリア形成プログラムの見直しや地域医療機関への配置調整に役立てることとしています。

 本センターでは,今後とも奨学生との意見交換会や面談等を通じ,奨学生に対する情報発信,奨学生の希望や考え方の把握並びに将来の地域医療を担う医師への育成・支援を推進してまいります。

掲載日:2019年05月22日

平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを開催しました。【3月5日(火)】

 平成31年3月5日(火),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを宇和島市で開催し,南予地区の病院,行政機関等から多数の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで,「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,南予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長から,開会挨拶に続き,医学教育カリキュラムの現状と今後,県内初期研修マッチング状況,新専門医制度の概略等について説明がありました。
 その後,熊本大学医学部附属病院地域医療支援センター長で地域医療・総合診療実践学講座(寄附講座)の
松井邦彦教授から,「地域医療と総合診療 -医学教育の観点から-」と題した講演がありました。全国的にも課題となっている,地域における医療提供体制の課題解決を図るための,熊本県における取組やご自身の経験を踏まえた地域医療体制のあり方等について,実践解説を交えた,興味深い講話がありました。

  参加者は,松井教授の講演に熱心に聞き入り,これまでの地域医療のあり方を振り返り,また,今後の地域医療体制はどうあるべきか等について考える良い機会を持つことができました。
 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

 

掲載日:2019年03月14日

平成30年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを開催しました。【2月21日(木)】

 平成31年2月21日(木),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを今治市で開催し,東予地区の病院,行政機関等から多数の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで,「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,東予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長から,開会挨拶に続き,医学教育カリキュラムの現状と今後,県内初期研修マッチング状況,新専門医制度の概略等について説明がありました。
 その後,島根大学医学部附属病院副病院長(安全管理担当)で,地域医療政策学講座の廣瀬昌博教授から,「医療の質と医療安全」と題した講演がありました。医療安全文化測定と医療安全管理について,ご自身の多彩な経験と思慮深い研究成果に基づく考察,また実例解説を交えた,興味深い講話がありました。

 参加者は,廣瀬教授の講演に熱心に聞き入り,それぞれの倫理を踏まえ医療人(プロ)として,どうあるべきか,どうするべきか等,医療安全文化醸成を目指した,取組,人材育成のあり方等について考える良い機会を持つことができました。
 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2019年02月26日

【3/24(日)】愛媛県基幹型臨床研修病院説明会を開催します。※昼食有り

 ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      愛媛県基幹型臨床研修病院説明会を開催します。
  ━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/briefing/index.html

 愛媛県内全ての基幹型臨床研修病院が一堂に会し、病院ごとにブースを設けて病院概要、研修プログラムなどを紹介します。 
 愛媛県内の基幹型臨床研修病院の情報をまとめて得ることができ、指導医や研修医の先輩に相談したり、現場の生の声を直接聞いたりすることができる絶好の機会です。 
 愛媛県での臨床研修を考えている方、是非、お越しください。
 まだ迷っている方も大歓迎です! 
       
   開催日時 2019年3月24日(日) 10時30分~14時30分
   場  所 愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター1階 講義室    
        (愛媛県東温市志津川)
   地  図 http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/briefing/20180325map.pdf
  
参加病院 ★愛媛大学医学部附属病院 ★愛媛県立中央病院 ★松山赤十字病院
        ★松山市民病院 ★済生会松山病院 ★済生会今治病院 ★市立宇和島病院 
        ★住友別子病院 ★十全総合病院 ★愛媛労災病院 HITO病院 
        ★西条中央病院 ★愛媛生協病院

   申し込み 3月1日(金)までに下記担当へ【氏名・ふりがな・大学名・学年・連絡先】を連絡ください。
                  当日参加OKですが、なるべく3月1日(金)までにお申し込みいただけると幸いです。

 担  当  愛媛大学医学部附属病院 総合臨床研修センター
    メール    ;kenshu@m.ehime-u.ac.jp
    メールフォーム;http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/contact /index.html
    電 話    ;089-960-5098

◆◆ 内 容 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    【1】愛媛大学医学部附属病院の見学                                            ─────────────────────────
   【2】地域医療支援センター各種シミュレータの見学                                            ─────────────────────────
     【3】参加病院の指導医、研修医による個別相談会                                       ─────────────────────────                                                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

    昼食をご用意しております。
        多くの方のご参加をお待ちしております!
   なお、旅費は支給できませんので、何卒御了承ください。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  愛媛大学医学部附属病院総合臨床研修センター
  愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センター
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

H31 基幹型病院説明会ポスター

掲載日:2019年02月26日

第12回愛媛県地域医療支援センター運営委員会を開催しました【2月6日(水)】

 平成31年2月6日(水) 愛媛県医師会館で,第12回愛媛県地域医療支援センター運営委員会を開催しました。

 愛媛県地域医療支援センターは,愛媛県内の若手医師や医学生のキャリア形成支援,医師不足病院の支援等を目的に,愛媛県から委託を受けて医学部附属病院に設置されたものです。
  運営委員会は,愛媛県下の中核病院の院長,愛媛県医師会長,愛媛県下自治体の首長の代表と愛媛大学大学院医学系研究科長,医学部附属病院長,医学部附属病院地域医療支援センター長等で構成されています。

 冒頭,三浦委員長(愛媛大学副学長,医学部附属病院長)から「医療法等の一部改正により,医師確保に関する会議体を地域医療対策協議会(愛媛県にあっては,保健医療対策協議会)に一元化することが求められ,本県にあっても,これに則した組織再編が計画されており,本委員会としては同様の形態での開催は最後となるが,今後も,医師確保等,地域医療対策に係る現場レベルの議論の場として,委員の皆さんのご協力を頂きたい」と挨拶がありました。

 議事では,義務年限算入に係る特定診療科の追加,地域枠医師の平成31年度における配置計画,医療法等の一部改正に対応する愛媛県キャリア形成プログラムの策定,平成32年度から地域枠1期生が卒後6年目(地域貢献期間)となることに伴う地域枠医師の配置調整方針の策定,及び医療法等の一部改正に伴う医師確保に関する組織体の再編について承認されました。

 会議では,キャリア形成プログラムに関し地域にとどまり根付いてくれる魅力ある柔軟な制度設計について,地域枠医師の配置調整方針に関し地域自治体,各配置先病院の意向や現状を十分に考慮し,地域枠医師のキャリア形成に配慮した制度設計について,活発な意見交換が行われました。

 運営委員会での協議を踏まえて,地域医療支援センターでは,今後も,県,医師会,地域の医療機関等と連携協力して,地域枠医師等のキャリア形成と地域定着を支援する取組を積極的に推進して参ります。

掲載日:2019年02月19日

第8回地域医療再生セミナーを開催しました。【11月26日(月)】

 平成30年11月26日(月),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第8回地域医療再生セミナーを開催し,愛媛県及び県内各市町の行政機関と各関連病院等の方々,及び学内教職員,110人の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。

 始めに,三浦裕正病院長から開会挨拶の後,高橋敏明地域医療支援センター准教授がセンターの活動報告を行いました。

続いて,以下のプログラムで取組紹介が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
  ・「地域医療学講座の活動報告」               川本龍一 地域医療学講座教授
  ・「宇摩地域における地域医療再生学講座の活動報告」     間島直彦 地域医療再生学講座教授
  ・「地域救急医療学講座の活動報告」             大蔵隆文 地域救急医療学講座教授
  ・「小児・周産期医療の発展を目指して」
      ~小児人口から見た医療体制構築~          檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
  ・「地域周産期医療の今日と未来」              松原圭一 地域小児・周産期学講座教授
  ・「愛媛県ドクターヘリの運航状況と防災ヘリ・近隣県との連携」佐藤格夫 救急航空医療学講座教授
  ・「地域生活習慣病・内分泌学講座のこの1年の活動」     松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

 その後,満田医学系研究科長及び高田清式地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。各教授から,更に踏み込んだ取組の紹介や具体例及び課題等について説明があり,出席者も交え,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。

 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化して,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2018年11月30日

第5回愛媛研修医OSCE大会及び愛媛県若手医師指導評価者講習会を実施しました。【10月21日(日)】

 平成30年10月21日(日),医学部附属病院総合臨床研修センターと地域医療支援センターが共催し,愛媛県内の2年次初期臨床研修医を対象とした第5回愛媛研修医OSCE大会及び愛媛県若手医師指導評価者講習会を実施しました。

 OSCE(客観的臨床能力試験)とは,医師として患者に接する能力すなわち医療面接や身体診察などの基本的臨床能力を備えているかどうかを評価する実技試験であり,その多くは全国の医学部・歯学部・薬学部において臨床実習前の学生を対象に実施されています。

 今回のOSCE大会では,県内の2年次の初期臨床研修医を対象に実施しました。これにより,研修医は病院・組織の枠を超えた臨床能力の統一的評価を受け,その後の研修の指標となる規範を所属する施設にフィードバックすることが可能となります。
 また,評価者として参加する医師等には,卓越した指導医のコーチングにより,充実した臨床指導を行うための指導方法や評価能力を習得することが期待されます。

 今回のOSCEを受けた研修医は9人で,愛知県,岩手県をはじめ愛媛県内外から医師・看護師・薬剤師・模擬患者・事務スタッフ等,合計74人が指導・運営に参加しました。
 課題ごとに,研修医が模擬患者や医学教育用シミュレータを相手に,診療や検査手技等に取り組み,評価者(医師・看護師・薬剤師)が指導を行い,更に監督者(医師・看護師・薬剤師)が評価者へ指導を行うというシステムで実施しました。

 会場では,研修医,指導医,看護師等参加者全員が真摯に課題に向き合う姿が見られ,参加した研修医からは,「自分の意見を発言する際,もう少し相手側の意見に耳を傾けるのが大事だと思いました」など,具体的な学びの声が聞かれました。また,評価者からは,「多くの研修医に参加してもらいたい」「医療教育として重要」「自身の動きや対応の振り返りができ,声掛けや確認の必要性を改めて認識できた」との感想があり,自らも何かを得て帰りたいという積極的な姿勢が伺えました。

 今後ともこのOSCE大会を継続して実施し,「オール愛媛・チーム愛媛」として愛媛県の臨床研修及び医療の充実に資していきたいと考えています。

掲載日:2018年11月15日

第10回愛媛県地域医療支援センター運営委員会を開催しました【9月6日(水)】

 平成30年9月6日(木) 愛媛県医師会館で,第10回愛媛県地域医療支援センター運営委員会を開催しました。

 愛媛県地域医療支援センターは,愛媛県内の若手医師や医学生のキャリア形成支援,医師不足病院の支援等を目的に,愛媛県から委託を受けて医学部附属病院に設置されたものです。

 運営委員会は,愛媛県下の中核病院の院長,愛媛県医師会長,愛媛県下自治体の首長の代表と愛媛大学大学院医学系研究科長,医学部附属病院長,医学部附属病院地域医療支援センター長等で構成されています。

 運営委員会の冒頭で,委員の互選により安川前委員長の後任として三浦委員(愛媛大学副学長・愛媛大学医学部附属病院長)が委員長に選出されました。

 三浦委員長からは「今年,医療法等の一部改正があり,医師確保対策の充実が謳われている。そこでは,各県に設置している医師確保に関する会議体を地域医療対策協議会に一本化するように求められている。しかし,地域医療の重要性を考えると本センター運営委員会が果たす役割は大きい。もし,他の会議体で同様の議論するのであれば,地域医療支援センター長が構成員になっていなければ,医師の配置など現場レベルの議論ができない。今後,本委員会のあり方について方針等が示されると思うが,本委員会としてもしっかりと意見を述べるようにしたいので,委員の皆さんのご協力を頂きたい」と挨拶がありました。

 その他議事では,委員長選任に伴う副委員長の選任,平成29年度地域医療支援センター事業実績及び平成30年度地域医療支援センター事業計画が承認されました。

 また,事務局から医療法等一部改正に係る地域医療支援関連事項について説明があり,自治医科大学卒業生や地域枠医師のキャリア支援等について意見交換が行われました。

 運営委員会での協議を踏まえて,地域医療支援センターでは,今後も,県,医師会,地域の医療機関等と連携協力して,奨学医師等のキャリア形成と地域定着を支援する取組を積極的に推進して参ります。

 

掲載日:2018年09月19日

ページ先頭へ