愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター

お知らせ

令和元年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを開催しました。【2月21日(金)】

 令和2年2月21日(金),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが令和元年度愛媛県東予地区病院指導医セミナーを新居浜市で開催し,東予地区の病院,行政機関等から約30人の参加がありました。
 
 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,東予・南予各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,東予・南予各地区で病院指導医セミナーを開催しています。
  今回,東予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長からの開会挨拶に続き,熊木副センター長から,「愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターの取組等について」と題して,医師確保に対する取り組み,地域枠卒業医師の配置などの説明がありました。
  その後,長崎大学病院医学教育開発センター長で長崎大学高校大学接続担当副学長の浜田久之教授から,「地域医療体制の維持 ~やればできる!マッチングの勝ち組となる病院作り!~」と題した講演がありました。初期研修・専門研修での長崎県の取組の現状,来年度のプログラム変更のポイント,市中病院の成功事例及び広報ポイントの紹介,研修医セミナー開催ポイント等について,実践解説を交えた興味深い講話がありました。
 参加者は,浜田教授の講演に熱心に聞き入り,これまでの地域医療のあり方を振り返り,また,今後の地域医療体制はどうあるべきか等について考える良い機会を持つことができました。

 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,東・南予地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2020年03月03日

令和2年3月13日(金)に予定しておりました「病院指導医セミナー」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の日本での感染拡大リスクが高まっていること、出席者が医療従事者であることを考慮し開催中止を決定いたしました。 開催に向けお忙しい中、お力添えを頂き誠に有難うございました。 急なご連絡となり誠に恐縮ですが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 当センターでは,愛媛県の地域医療のさらなる充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内での医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていただくために,毎年度,東・南予各地区で「病院指導医セミナー」を開催いたしております。

 本年度の南予地区のセミナーの日程・内容は,下記のとおりです。
指導医の先生方のみならず,医療機関の事務局,行政機関の方々にもご出席いただき,地区の実情に応じたご意見を賜りたく,ご案内申し上げます。
 ご出席いただける場合は,以下の方法により,2月26日(水)までにお申し込みください。
 なお,本セミナープログラムの三瀬准教授のご講演につきましては,日本専門医機構共通講習の「地域医療(1単位)」について認定を受けております。受講証明書をご希望の方は,申請書(下記よりダウンロード)に必要事項をご記入の上,当日ご持参ください。当方で取りまとめ申請し,後日証明書を送付させていただきます。

【申込方法】
1)WEB申込み: 参加申込書をダンロードし,必要事項をご入力の上,下記アドレスの入力フォームに添付し送信してください。

    https://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/community.support/南予地区病院指導医セミナー参加申込

2)FAX又は郵送での申込み:参加申込書をダウンロードし,必要事項をご記入の上,お送りください。 
 
       申込先   〒791-0295  愛媛県東温市志津川
                                              地域医療支援センター 宛
                                              Fax.089-960-5759
                                             
E-mailchiikijm@stu.ehime-u.ac.jp

R1参加申込書(南予)

R1専門医共通講習受講証明 申請書(南予)

R1ポスターR2.3.13 南予

                    記

 日  時 : 令和2年3月13日(金) 19:00~21:00
   場  所 : JRホテルクレメント宇和島  
               〒798-0034 宇和島市錦町10-1   Tel: 0895-23-6111

【プログラム】

  19:00- 開会挨拶  地域医療支援センター長       高田 清式

  19:05- 愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターの取組等について
                       同副センター長    熊木 天児

  19:30- 講演 「総合診療医の育成と地域医療への貢献」
            講師 :  新小山市民病院地域医療教育センター 総合診療科第一部長
          自治医科大学地域医療学センター
    
                 三瀬 順一 准教授
                         

  20:30  意見交換
      -21:00

 

掲載日:2020年02月26日

新型コロナウイルス感染拡大リスクが高まっている現状を考慮し,3月29日(日)に当院で開催を予定しておりました 「県外で学ぶ医学生のための愛媛県臨床研修病院説明会」を中止することとなりました。 ご参加を予定・検討されていた皆様には多大なるご迷惑をおかけしますこと深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

 ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      愛媛県基幹型臨床研修病院説明会を開催します。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 
   http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/briefing/index.html

  愛媛県内全ての基幹型臨床研修病院が一堂に会し、病院ごとにブースを設けて病院概要、研修プログラムなどを紹介します。 
 愛媛県内の基幹型臨床研修病院の情報をまとめて得ることができ、指導医や研修医の先輩に相談したり、現場の生の声を直接聞いたりすることができる絶好の機会です。 
 愛媛県での臨床研修を考えている方、是非、お越しください。
 まだ迷っている方も大歓迎です! 
       
   開催日時 令和2年3月29日(日) 10時30分~14時30分
   場  所 愛媛大学医学部附属病院 地域医療支援センター1階 講義室    
        (愛媛県東温市志津川)
   地  図 【R2】他大学生用 構内配置図 

参加病院 ★愛媛大学医学部附属病院 ★愛媛県立中央病院 ★松山赤十字病院
      ★松山市民病院 ★済生会松山病院 ★済生会今治病院 ★市立宇和島病院 
      ★住友別子病院 ★十全総合病院 ★愛媛労災病院 ★愛媛生協病院       

   申し込み 3月2日(月)までに下記担当へ【氏名・ふりがな・大学名・学年・連絡先】を連絡ください。
                  当日参加OKですが、なるべく3月2日(月)までにお申し込みいただけると幸いです。

 担  当  愛媛大学医学部附属病院 総合臨床研修センター
    メール    ;kenshu@m.ehime-u.ac.jp
    メールフォーム;http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/contact /index.html
    電 話    ;089-960-5098

◆◆ 内 容 ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      【1】愛媛大学医学部附属病院の見学
           ─────────────────────────
                【2】地域医療支援センター各種シミュレータの見学
           ─────────────────────────
            【3】参加病院の指導医、研修医による個別相談会
           ─────────────────────────
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

昼食をご用意しております。
   多くの方のご参加をお待ちしております!
 なお、旅費は支給できませんので、何卒御了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 愛媛大学医学部附属病院総合臨床研修センター
 愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センター
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【R2】基幹型病院説明会ポスター

掲載日:2019年12月27日

第9回地域医療再生セミナーを開催しました。【令和元年11月25日(月)】

 令和元年11月25日(月),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが第9回地域医療再生セミナーを開催し,愛媛県及び県内各市町の行政機関と各関連病院等の方々,及び学内教職員,113人の参加がありました。
 
 地域医療支援センターでは,地域医療に従事する医師を確保し,その定着を図ることにより,医師の地域偏在を解消するための事業を実施しています。その一環として,県内各地域の医療体制の現状と展望,地域医療における機能分担や医療連携等について,関係者の理解を深めることを目的とした「地域医療再生セミナー」を毎年開催しています。今回のセミナーでは,地域医療関係各講座等の取組を紹介したほか,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。
 始めに,三浦裕正 病院長から開会挨拶の後,熊木天児 副センター長がセンターの活動報告を行いました。
   続いて,以下のプログラムで取組紹介が行われ,参加者は熱心に耳を傾けていました。
   ・「地域医療学講座の活動この一年」~診療支援・教育・研究~ 川本龍一 地域医療学講座教授   
   ・「四国中央市における地域医療再生学講座10年の歩み」    間島直彦 地域医療再生学講座教授
   ・「地域救急医療学講座の活動報告」       大蔵隆文 地域救急医療学講座教授
   ・「地域小児・周産期学講座 5年間の歩み」~これまでの成果と今後の課題~
                                                                         檜垣高史 地域小児・周産期学講座教授
   ・「愛媛県の周産期(産科)医療の変化」        松原圭一 地域小児・周産期学講座教授
     ・「愛媛県ドクターヘリ事業 開始後2年半の検証」   竹葉淳    救急航空医療学講座教授
   ・「地域生活習慣病・内分泌学講座10年の総括」     松浦文三 地域生活習慣病・内分泌学講座教授

 その後,山下政克 医学系研究科長及び 高田清式 地域医療支援センター長を座長として,「地域医療の充実・発展を目指して」と題した討論会を行いました。出席者から各取り組みについて踏み込んだ質問があり、各教授から具体
例とともに課題等についても説明があり,活発な議論を交わしました。本セミナーを通して,地域医療の現状と将来について共に考え,諸課題の解決に向けて連携して対応するための良い機会を持つことができました。セミナー終了後の懇談会では,参加者相互の交流が深められました。

 本センターでは,これからも地域医療再生セミナー等を通じて情報を発信し,関係機関とのネットワークを強化して,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

掲載日:2019年12月04日

第20回地域病院見学バスツアーが実施されました。【令和元年11月11日(月)】

 令和元年1111日(月)に医学部附属病地域医療支援センター主催で第20地域病院見学バスツアーが実施されました

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問しております。見学や意見交換を行うことで将来地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れてもらうことが目的です。
 今回の訪問先は十全総合病院と愛媛県立新居浜病院で,医学科2, 3年生5人が参加しました。
 十全総合病院では,白衣を着用して3班に分かれ,古林名誉院長からの病院説明,実際に患者を診察する診察体験実習(医療面接)及び超音波検査体験実習をさせて頂きました。模擬的ながらも初めての医療行為であり,真剣に取り組んでいました。既に医療面接の知識があり、そつなく診療を進めることのできた2年生もおり、将来がとても楽しみです。
 愛媛県立新居浜病院では,北條院長自ら病院の概要およびこれからの病院の機能と役割について説明がありました。その後,白衣を着用して,心電図,超音波検査,ABI検査体験実習及び手術室,HCU,ヘリポート,救命救急センターなどを見学しました。
 見学会終了後に懇親会が開催され,両病院の先生方と医学生で親睦を図りました。親睦会の中で北條院長を始め、参加された両病院の先生方から,学生時代の経験および地域医療に対する想いについて語って頂き,医学生は大いに刺激を受けておりました。
 今回の病院見学で,参加医学生からは「心電図・超音波検査を体験できた。」,「実際の問診を間近できかせていただいたことはとても良い経験になった。」,「大学以外の病院について内容を知ることが出来た,地域の中核病院に初めて触れることが出来た。」との回答が寄せられ,非常に好評でした。  

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

 今回,残念ながら参加できなかった医学生の皆さん,次の機会に是非とも参加して下さい。

掲載日:2019年11月19日

第19回地域病院見学バスツアーが実施されました。【令和元年11月8日(金)】

 令和元年11月8日(金)に医学部附属病地域医療支援センター主催で第19地域病院見学バスツアーが実施されました

 地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,将来 地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。
 今回の訪問先は鬼北町立北宇和病院とJCHO宇和島病院で,医学科1.2.3年生9人が参加しました。
 鬼北町立北宇和病院では,吉田幸生院長から北宇和病院概要についての説明,及び「地域医療の現状と北宇和病院の取組」と題して,地域医療の形態・災害医療等について講話がありました。急性期および高度先進医療を除けばほぼ地域で完結できるその診療の幅広さに、参加者一同釘付けになっておりました。
 JCHO宇和島病院では,渡部昌平院長から挨拶の後,病院の概要について説明がありました。その後,白衣を着用してリハビリテーション科,MRI室等を見学しました。また,生理検査実習では,超音波検査、ABI検査の体験実習をさせていただきました。整形外科に特に力を入れている病院ということもあり、医学生は自身の手指関節を超音波で確認しておりました。
 今回の病院見学で,参加学生からは「地域医療について現場の方々から話を聞けてとても勉強になった。病院内の施設見学が出来て良かった。」,「地域医療について知識が広がった。」,「院長先生たちの熱意や雰囲気がよく伝わってきた。」,「地域医療とはどういうものなのかを知ることが出来た。行政間の問題についても少し考える機会が持てた。」などの意見があり,満足度では,全員が「とても良かった」「良かった」との回答が寄せられ,非常に好評でした。

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。

 今回,残念ながら参加できなかった医学生の皆さん,次の機会に是非とも参加して下さい。

掲載日:2019年11月19日

第18回地域病院見学バスツアーが実施されました。【令和元年9月10日(火)】

令和元年910に医学部附属病地域医療支援センター主催で第18地域病院見学バスツアーが実施されました

  地域医療支援センターでは,医学生を引率して地域病院を訪問しております。見学や意見交換を行うことで将来地域医療を担う医師を目指す医学生に,早い段階から地域医療の実情に触れてもらうことが目的です。
  今回の訪問先は西条市立周桑病院と愛媛県立今治病院で,医学科1, 2, 3年生8人が参加しました。
  西条市立周桑病院では,雁木淳一院長から挨拶の後,病院概要についての説明がありました。「当院でなければ診断や治療のできない病気はないかもしれないが、当院にしか通院できない多くの患者さんがいらっしゃいます」と,地域医療に対する想いのこもったお言葉がとても印象的でした。その後白衣を着用して,2班に分かれ病院見学と超音波検査・心電図の体験実習をさせて頂きました。体験実習では,医師と患者にわかれ診断を試みました。模擬的ながらも初めての医療行為であり,真剣に取り組んでいました。
  愛媛県立今治病院では,川上副院長から挨拶の後,病院の概要および今治地区で取り組んでいるACSネットワークについての説明がありました。また,脳神経外科,産婦人科,小児科から地域医療の取り組みとしてそれぞれ「今治地区における脳卒中診療の連携」,「県内で連携している地域周産期母子医療センター」,「地域における幅広い小児科診療」について説明がありました。その後,白衣を着用して病棟,医局,NICU,手術室,HCU,地域医療連携室などを見学しました。
  見学会終了後に懇親会が開催され,両病院の先生方と医学生で親睦を図りました。会の中で総合診療科専門医を目指して愛媛県立今治病院で研修中の河野佑典先生より,ご自身の入学前,在学中,就職後の経験および地域医療に対する想いについて語って頂き,医学生は大いに刺激を受けておりました。
  今回の病院見学で,参加医学生からは「心電図・超音波検査を体験できた。懇親会で先生方のお話しを聞けて本当に良かった。今治の医療の現状を知ることができた」,「規模の異なる2つの病院を見て、連携の仕方の違いや雰囲気の違いを見ることができた。1つの科だけで完結するのではなく複数の科、または機関と連携していることがよく分かった」,「東予の中核病院で取り組んでいる地域医療の実状を垣間見ることができた。病院内施設の見学は初めてで良い刺激になった」などの意見があり,満足度では,全員が「とても良かった」,「良かった」との回答が寄せられ,非常に好評でした。

 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めてまいりたいと思います。
 11月8日(南予方面)および11月11日(新居浜方面)にも開催される予定であり,近日中に本ホームページでご案内します。今回,残念ながら参加できなかった医学生の皆さん,この機会に是非とも参加して下さい。

 

第18回地域病院見学(ポスター)

掲載日:2019年09月27日

愛媛県医学生サマーセミナー(令和元年度)/愛媛県主催

【実施日】令和元年817()

【プログラム】
  医学生サマーセミナー~プレレクリエーション~        
11:0012:00

  愛媛県医学生サマーセミナー「愛媛の地域医療を担うために」  12:3017:00

【会場】愛媛県庁第二別館 6階 大会議室

 毎年、愛媛県が愛媛の地域医療に興味・関心を持つ県内外の医学生を対象に県内の地域医療への理解を深めていただくため医学生サマーセミナーを開催しています。今年は、県内外の大学か41人の医学生が参加しました。また、昨年から実施している取組として、セミナー前に愛媛大学主催のプレレクリエーションを実施しました。

 プレレクリエーションでは愛媛大学医学部附属病院総合診療科の菊池明日香先生が、アイスブレイクとして、「他職種の連携を学ぼう」をテーマとして、愛媛出身の医学生同士、ご飯を食べながらワイワイ楽しみ親交を深めました。

プレレクリエーション

医学生の発表

   

 セミナーでは、愛媛県の大野和久医療対策課長から愛媛県内の地域医療に理解を深めていただきたいと挨拶があった後、愛媛県立中央病院総合診療科部長 杉山 圭三先生の司会で、愛媛大学地域枠卒業生 安岐佳子先生、自治医科大学卒業生 城戸信二先生から地域医療現場での日々の研修内容や自身の学生時代の振り返り等について報告がありました。

 その後、愛媛大学大学院医学系研究科地域医療学講座の川本龍一教授の進行で「愛媛の地域医療を担うために『地域包括ケアとまちづくり』」をテーマとしたワークショップを行いました。

 ワークショップにあたり、愛媛県内の新居浜市、大洲市、愛南町の職員の方々から各市町の特色や地域医療の現状の説明、また、県立新居浜病院 北條院長、市立大洲病院 谷口院長、県立南宇和病院 村上院長から各病院の現状・課題等について説明がありました。

 各班の発表後、各アドバイザーから「医学生の皆さんが若者の感性で真剣に各市町の課題に取り組んでくれたことに敬意を表したい」「本日、話題に上がりました意見や提案を実現させるべく、地域医療を担う医師になってくれることを期待している」等のコメントがありました。

 最後に、愛媛大学大学院医学系研究科地域医療学講座 川本龍一 教授から「県内外の医学生が参加し県内の各市町の特色を活かした地域医療について真剣に議論いただき、若者の視点で提案していただいたことを各市町に還元することになっている」と謝辞がありました。                 

 

掲載日:2019年08月30日

愛媛県地域医療医師確保奨学金貸費生(5年生)との意見交換会を実施しました。【5月14日(火)】

 愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターでは,令和元年5月14日(火)に愛媛県
地域医療医師確保奨学金貸費生(5年生)との意見交換会を実施しました。

 愛媛県地域医療医師確保奨学金は,愛媛県の地域医療発展に貢献しようとする意欲に富んだ医学生に対する修学資金制度であり,卒後,愛媛県内の指定医療機関において9年間医師業務に従事することで返還債務が免除されます。 意見交換会には奨学生の5年生20人全員が参加し,山下政克医学部長,高田清式地域医療支援センター長らが出席し,地域医療支援センター講義室にて午後4時30分から実施しました。 

             意見交換会の様子

 始めに,山下医学部長から「県下の地域医療は皆さんにかかっている,地域のアドバンテージに目を向けて志に向かって頑張ってほしい,愛媛の地で医師になって良かったと思ってもらえるよう,様々な視点で応援させていただきます。しかし,そのための現時点での最大の目標は医師国家試験に合格することです。」と激励の挨拶ありました。続いて,高田地域医療支援センター長,センター担当者及び愛媛県担当者から,卒後義務期間中の配置例,義務期間中の専門医資格取得のためのキャリア形成プラン例等について,昨年度の医療法等の改正を踏まえて一部改正された,愛媛県キャリア形成プログラムに基づき説明がありました。
 その後,和やかな雰囲気の中,参加した奨学生との活発な意見交換が行われ,意思疎通を図る上で良い機会を持つことができました。
 今後は,地域医療支援センターの教員等が各奨学生との個別面談等を行い,意見等を聴取して,キャリア形成プログラムの見直しや地域医療機関への配置調整に役立てることとしています。

 本センターでは,今後とも奨学生との意見交換会や面談等を通じ,奨学生に対する情報発信,奨学生の希望や考え方の把握並びに将来の地域医療を担う医師への育成・支援を推進してまいります。

掲載日:2019年05月22日

平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを開催しました。【3月5日(火)】

 平成31年3月5日(火),愛媛大学医学部附属病院地域医療支援センターが平成30年度愛媛県南予地区病院指導医セミナーを宇和島市で開催し,南予地区の病院,行政機関等から多数の参加がありました。

 地域医療支援センターでは,愛媛県の地域医療の充実・発展を目指して,県内各地区での若手医師の研修指導体制を整備し,地区内の医療問題や病院勤務環境について共通認識を高め,病院間の連携を深めていくために,県内各地区で病院指導医セミナー(昨年度まで,「病院指導医講習会及び病院連携記念講演会」として開催していたが,研修医指導医講習会との混乱を避けるため,本年度から改称)を開催しています。
 今回,南予地区で実施したセミナーでは,高田清式地域医療支援センター長から,開会挨拶に続き,医学教育カリキュラムの現状と今後,県内初期研修マッチング状況,新専門医制度の概略等について説明がありました。
 その後,熊本大学医学部附属病院地域医療支援センター長で地域医療・総合診療実践学講座(寄附講座)の
松井邦彦教授から,「地域医療と総合診療 -医学教育の観点から-」と題した講演がありました。全国的にも課題となっている,地域における医療提供体制の課題解決を図るための,熊本県における取組やご自身の経験を踏まえた地域医療体制のあり方等について,実践解説を交えた,興味深い講話がありました。

  参加者は,松井教授の講演に熱心に聞き入り,これまでの地域医療のあり方を振り返り,また,今後の地域医療体制はどうあるべきか等について考える良い機会を持つことができました。
 本センターでは,今後も本セミナーを定期的に開催し,県内各地区の医療機関の連携に資するとともに,地域医療を担う医師の養成を推進してまいります。

 

掲載日:2019年03月14日

2020年02月26日

令和2年3月13日(金)に予定しておりました「病院指導医セミナー」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の日本での感染拡大リスクが高まっていること、出席者が医療従事者であることを考慮し開催中止を決定いたしました。 開催に向けお忙しい中、お力添えを頂き誠に有難うございました。 急なご連絡となり誠に恐縮ですが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ページ先頭へ