地域に生き、地域で働く医師を、地域を舞台に育てる

医学生の皆さんへ

実習資料のダウンロード (PDF:511KB)

地域で見ていただきたいことをすべて網羅したうえで実習予定を組みました。医療・保健・福祉において、現在私たちが行っていることを含んでおります。
地域でやりがいを持って私たちが取り組んでいるのがわかっていただけることを期待します。

実習においてはかなりハードであろうかと思いますが、楽しみながら体験し学んで下さい。普段の仕事や生活を見ていただけると思います。毎日がこのようなリズムで進んでおります。

地域では一人の医師が多くのコメディカルの人達と一緒に取り組まなければならないことが多く、病院に来院する患者さんだけを診てれば済む時代は終わりました。
積極的に地域に出かけていって一緒に医療・保健・福祉に関わる問題に取り組む必要があります。

またコメディカルの人達は私たち以上に患者さんのことはよく知っており、その話に耳を傾けることも大事です。
でも、未だに医師はプライドが高く話しずらいと感じている人は多く、最初はこちらから声をかけないといけません。野村町でも今のようなシステムになるのには僕が赴任してからでも4年はかかりました。

地域では待っていては何も訪れません。積極的に呼びかけ皆で話し合いを持ち、住民が如何にしたら幸せに暮らせるかということを考えていくことが大事です。

実のある実習になることを期待しています。

愛媛大学大学院 医学系研究科
地域医療学講座 教授:川本 龍一

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

月別アーカイブ

PAGETOP