PAGE TOP

愛媛大学大学院医学系研究科 口腔顎顔面外科学講座

入局案内

先輩からのメッセージ

  • 平成 27 年度 卒後臨床研修 研修医紹介

    佐々木 善彦 先生

    はじめまして。研修医の佐々木善彦と申します。
    徳島大学を卒業して、4月より愛媛大学医学部口腔外科にて卒後臨床研修医としてお世話になっています。
    まだまだ仕事を覚えきれておらず、迷惑をかけてしまい余裕のない毎日ですが、何もかもが新しい発見ばかりの充実した研修医生活を送れていると思います。
    患者さんの疾患のみならず患者さんの気持ちをしっかりと考えてあげられるような歯科医師になりたいと、日々研修に励んでおります。
    どうぞよろしくお願いします。

    早瀬 愛乃 先生

    鹿児島大学出身の早瀬愛乃です。研修生活はわからないことばかりで自分の未熟さを痛感することもありますが、周りの先生方やスタッフの方々に支えられながら充実した日々を送っています。この恵まれた環境の中でたくさんのことを身に付け、良き歯科医師となれるよう努力していきたいです。

    西村 萌 先生

    はじめまして、研修医の西村萌です。九州歯科大学を卒業して、今年度こちらの歯科口腔外科でお世話になっています。学生の時に、実家に近いからという軽い気持ちで見学にお邪魔したのですが、教授をはじめとする先生方、医局全体の雰囲気がとても生き生きと感じられ、こちらでの研修を希望しました。今は素晴らしい先輩方に囲まれ、また同期にも恵まれて有意義な毎日を過ごしています。まだまだ未熟ではございますが、1日1日精進していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 平成 26 年度 研修医からのメッセージ -1 年間の研修を終えてー

    小川 妃弥呼 先生

    卒後研修終了日である3月31日は、研修医としての最後の手術日でした。思えば、1年前の今頃はいきなり第二助手として手術に参加し、ガウンの着方もダメ、危うく不潔域に触れそうになる、器具の名前も分からない等々、数々の失態を演じてきました。それでも、根気強く一から十までご指導くださった上級医の先生方には本当に頭が上がりません。
    研修を終えてみてつくづく感じたことは、本当に良い先生方に恵まれたなあということです。最初は手がぶるぶると震えて浸麻を打つのにも苦労していた私が、落ち着いて治療をしていけるようになったのは、上級医の先生方のフォローの下、絶対的安心感の下で処置が出来たからでした。そんな先生方の背中を見て、この先生に任せておけば安心だ!と、そう思われるような歯科医師に自分もなりたいなと感じた研修最後の日でした。
    歯科口腔外科を目指す皆さんには、ぜひ愛媛大学病院という場所で、ここでしか学べないことを、こんな頼もしい先生方からたくさん吸収していって頂きたいと思います。

    秋山 仁志 先生

    秋山仁志です。大阪大学出身です。愛媛に来てようやく一年以上経ちました。新しい環境での新生活は期待もありましたが不安も大きい日々でした。外来や病棟における診療の中で人一倍覚えも悪く不器用な私を見捨てずに何度でも教えてくださった先生方がいたからこそ続けてこられたのだと感謝しています。なによりも研修医でも数多くの手術に入れたことは得難い経験でした。今年度より大学院に進学し、外勤や研究というまた新しい生活が始まりました。時間に追われる毎日ではありますが充実した日々を過ごさせていただいております。愛媛大学は安心して研修を行っていただける魅力ある大学と自負しております。皆様のおこしを心よりお待ちしております。