スタッフブログ

ご退任のごあいさつ

 

 

 

引き継がれる愛媛大学放射線科

 

 

望月輝一

愛媛大学名誉教授、

モスクワ第一医科大学放射線科教授

 

 

 

<はじめに>

私は2004年元旦に3代目愛大放射線科教授に就任し、この(2020)3月末に無事定年退職いたしました。初代の濱本研先生は定年退職を前に焦がれて郷里の私立八幡浜病院院長に就任され、2代目池添潤平先生は病気で定年退職まで務めることが出来なかったので、私の個人的な目標は、元気に定年退職まで勤め上げることでした。その目標をなんとか達成でき、両前教授の墓前に、「無事に最後まで務めることが出来ました」と報告することが出来ました。

<私の出来たこと:What I performed.>

私は放射線科入局の最初から循環器に興味があったので、放射線科に入って心臓のイメージングを楽しくやってきました。(1-a)世界に先駆けて始めた心電図同期SPECTと(1-b)ヘリカルCTを用いた心臓CTは今も世界のスタンダードとして広く臨床現場で使われています。それらのおかげで、核医学会、心臓核医学会、放射線学会、心血管放射線研究会、心臓CT研究会、心血管画像動態学会をはじめ、国内外に沢山の仲間が出来ました。私の大切な財産です。 (2) 財産と言えば、教授16年間で、沢山の仲間(若い放射線科医)が出来たことです。 皆さん立派な放射線科医に育っており、愛媛の医療と国内外の最先端医療に役に立てていることは本当に幸せなことです。「忙しくても楽しく」のモットー通りに、好きなことを好きなだけやらせて頂き、本当に幸せでした。すべての皆さんに感謝します。

 

<バトンタッチ>

2020年4月1日付けで就任された4代目城戸輝仁先生には、素晴らしい仲間とともにこれまで以上に愛媛のため、日本のため、そして世界の医療の発展のために、元気に思う存分に活躍してほしいと思います。これを読んでいただいた皆さん、今後とも愛媛大学放射線科をどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

医局員受賞報告

平井邦明先生が大学院を首席で卒業し、令和元年度の修了生総代を務められました。新型コロナウイルスの影響で卒業式は中止となりましたが、本学のホームページに平井先生の答辞が掲載されています(https://www.ehime-u.ac.jp/post-114152/)。当医局では若手の先生の教育に力を入れています。興味がある方は是非大学院でともに世界最先端の研究をしましょう。

第7回 Ehime Heart IMagE CT ハンズオン開催延期について

第7回 Ehime Heart IMagE CT ハンズオンですが、
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み、ご参加の皆さまの健康・安全面を考慮した結果、開催を延期させて頂くこととなりました。
皆様には準備に多大なご尽力をいただきながら延期となってしまいましたこと大変残念であり、また申し訳ございません。
新たな開催日につきましては、状況が落ち着いてから改めて検討しご連絡させて頂きます。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大が1日でも早く収束することを願っております。
EHIMe Heart CTハンズオン
代表幹事  望月 輝一
事務局代表 城戸 輝仁

SCMR 2020に参加して   


平井邦明

2020年2月11日~2月15日にアメリカのフロリダで開催されたSociety of Cardiovascular Magnetic Resonance (SCMR) 2020に参加させて頂きましたのでご報告致します。
SCMRは心臓MRIの臨床利用拡大と心臓疾患診療への貢献を目標とした学会で、心臓MRI分野の最先端の研究が発表されます。
愛媛大学からは城戸倫之先生、中村壮志先生、平井が発表を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会に参加させて頂いたことで心臓MRIの最先端の知見を得ることができ、日々の臨床や研究へのモチベーションをあげることが出来ました。このような貴重な機会をいただき、望月教授をはじめとする医局の先生方にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

第30回 日本心血管画像動態学会・第90回 日本心臓血管放射線研究会に参加して


吉田 和樹

020年1月24日〜1月25日にかけて仙台市で開催された第30回日本心血管画像動態学会、第90回日本心臓血管放射線研究会に参加しましたので報告いたします。

愛媛大学放射線科からは望月輝一教授、城戸輝仁准教授が座長を務められました。一般演題では川口直人先生、平井邦明先生、山本雄太先生、吉田が発表を行いました。学会ではAIや数理流体力学、Onco-cardiology、Value-based medicineの時代における虚血評価など最先端の知見に触れることができました。特にISCHEMIC TRIALの結果やOnco-cardiologyの本邦での多施設前向き研究は注目すべき報告と感じました。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

今回、日本心臓放射線研究会代表幹事を務められた望月輝一教授が退任されました。学会よりその功績に感謝を示され、花束贈呈が行われました。

 

このような貴重な経験をさせて頂いた望月教授はじめご指導賜りました医局の先生方に感謝申し上げます。

 

 

第105回 北米放射線学会(RSNA)に参加して


森川 友郎

2019年12月1日~12月6日にアメリカのシカゴで開催された第105回 北米放射線学会(RSNA)に参加させて頂きましたのでご報告致します。
RSNAでは米国イリノイ州シカゴ市のマコーミックプレイスを会場に、世界の放射線医学の最先端の知識と技術が発表され、放射線科学会で最大規模を誇ります。

愛媛大学からは濱本泰先生、川口直人先生、中村壮志先生、田邉裕貴先生、靏岡慎太郎先生、吉田和樹先生、山本雄太先生、河内孝範先生、細川貴晶先生が発表を行いました。

 

 

 

   

 

この学会を通して多くの刺激を頂くことができました。このような貴重な機会をいただき、望月教授をはじめとする医局の先生方にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「第7回 EHIMe CTハンズオン」プログラムのお知らせ

謹啓 時下、先生に於かれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

第7回 Ehime Heart IMagE CT ハンズオン(EHIMeCT ハンズオン)のプログラムが決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

第55回日本医学放射線学会秋季大会に参加して


鶴岡 幸太

2019年10月18日(金)から20日(日)にかけてウインクあいち、名古屋キャッスルプラザで開催された第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会に参加させて頂きました。

 

当院からは、望月輝一教授が心血管のセッションで座長を務められ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

城戸倫之先生がランチョンセミナーで講演されました。

 

昼間は様々な教育公演を受講し、幅広く学ぶことができました。

 

夜は名物に舌鼓を打ち、親睦を深めることができました。

 

このような貴重な機会を与えて頂いた望月輝一教授をはじめとする医局の先生方に感謝申し上げます。

 

 

 

 

第47回日本磁気共鳴医学会大会(JSMRM2019)に参加して


岡田 加奈子

2019年9月20日〜22日に熊本で開催された第47回日本磁気共鳴医学会大会(JSMRM2019)に参加させていただきましたので、報告させていただきます。

今回のJSMRM2019では、”Let’s shape the future of MR imaging!“というテーマのもと、基礎分野、臨床分野におけるMRIの最先端の技術について学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院からは、ポスターで中村壮志先生、岡田が発表を、口演では城戸倫之先生が座長を務められ、平井邦明先生が発表を行いました。また、城戸倫之先生はシンポジウムでも講演されました。

今回得た知見を、今後の研究にも生かしていきたいと思います。

SCMR Japan WG seminar 2019 に参加して


平井 邦明

2019年8月3日に東京で開催された SCMR Japan WG seminar 2019 に参加させて頂きましたので報告させて頂きます。

Society of Cardiovascular Magnetic Resonance(SCMR)では心臓MRIが循環器疾患の診療に広く活用されることを願って、心臓MRIの教育・研修活動や検査の標準化に取り組んでいる研究会です。

愛媛大学からは望月輝一先生が座長、城戸倫之先生が講演を勤められました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会に参加させて頂いたことで心臓MRIの最先端の知見を得ることができ、日々の研究へのモチベーションをあげることが出来ました。また気持ちを新たに研究に励みたいと思います。

  • 医局員専用ページ IDとパスワードが必要です。
  • リンク集