スタッフ紹介

プロフィール

講師

坂上 倫久
専門分野
血管生物学・生化学
フットサル
メッセージ
心疾患、肺がん、血管関連疾患治療を目指し、外科的手術によって得られる臨床検体を用いて、内科・病理・生化学と連携して研究を推進しております。

学歴

平成22年3月

滋賀医科大学大学院 医学系研究科 博士課程修了

略歴

平成22年4月

愛媛大学プロテオ医学研究センター職員

平成25年4月

愛媛大学プロテオサイエンスセンター細胞増殖・腫瘍制御部門助教

平成27年4月

愛媛大学大学院医学系研究科心臓血管・呼吸器外科学助教

平成28年2月

愛媛大学大学院 医学系研究科 心臓血管・呼吸器外科学助教
(プロテオサイエンスセンター細胞増殖・腫瘍制御部門 助教兼任)

資格

平成22年3月

博士(医学)取得

所属学会

日本生化学会

血管生物医学会

日本病態プロテアーゼ学会

北米血管生物学会 (NAVBO)

研究テーマ

大動脈弁狭窄治療を目指した、症発症機序の解明と早期発見マーカの探索

Q&A

Q、どのように医学に貢献していきたいですか?
臨床医学と基礎医学の架け橋となり、病態発症の分子機序を明らかにすることで、疾患予防法・治療法の開発に貢献したい。
Q、医療に取り組むきっかけや体験は何ですか?
病態発症機序を生化学の力で解き明かす魅力に取り付かれたこと。
Q、どのような時にやりがいを感じますか?
論文あるいは学会発表した新規知見が、ベッドサイドからのニーズに直結したとき