心臓血管外科

心臓血管外科について

当科は新生児を含む小児から成人、高齢者まで、あらゆる年齢の患者に対応する外科治療を主に行う診療科です。心臓病、大動脈、末梢血管の疾患 に対する手術 と交感神経に対する外科治療を行っています。愛媛県で最多の心臓手術件数を行っています。

扱っている症状

胸痛、背部痛、動悸、息切れ、呼吸困難、ふらつき、めまい、失神、(歩行時の)下肢痛、四肢冷感、チアノーゼ、こむら返り、下肢だるさ・潰瘍、 顔面・手掌・腋窩の多汗

当診療科の対象疾患

  • 虚血性心疾患

    (狭心症、心筋梗塞、心室瘤、心室破裂)

  • 弁膜症

    (僧房弁、大動脈弁、三尖弁の狭窄症、閉鎖不全症)

  • 先天性心疾患

    (心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症など、その他複雑心奇形)

  • 大動脈疾患

    (胸部・腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤)

  • 末梢血管疾患

    (閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、急性動脈閉塞、バージャー病、多汗症など)

  • 不整脈

    (心房細動に対するメイズ手術など)

当診療科の取り組み

※詳細ページに当診療科の取り組みを詳しく記載しています。

診療実績

  • 心臓血管外科手術件数推移
  • 2015年心臓血管(小児)グループ年末統計

    詳細資料は「PDFダウンロードボタン」からダウンロードできます。 PDF DOWNLOAD BUTTON