愛媛大学医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery Ehime University, School of Medicine

患者の皆様へ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、耳・鼻・のどの一般診療の他、顔面神経麻痺(顔のまがり)、頸部腫瘤(首の腫れ)、音声障害(声の異常)、嚥下障害(飲み込みの異常)などの治療を行っております。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科で扱う主な症状

耳に関連する症状
耳が痛い、難聴、耳鳴り、耳漏(耳だれ)、耳が痒い、めまい、顔の動きが悪い
鼻に関連する症状
鼻づまり、鼻水、くしゃみ、鼻血、においがわかりにくい、顔が腫れる
のど、頸部に関連する症状
いびき、咽頭痛、 扁桃が腫れている、のどに何かある感じ、声がかすれる、のみこみにくい、耳の下・顎の下が痛い、いびき、頭頚部がん(舌がん、咽頭がん、喉頭がん等)、異物を飲んでしまった、首が腫れている、味がわかりにくい

一般的な耳鼻科で行う治療以外に、当科では以下の専門治療を行っています。

  • 1.比較的状態の良い鼓膜穿孔に対して、鼓膜形成術を外来日帰り手術あるいは短期入院にて行っています。
  • 2.副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)に対して、内視鏡を用いた最新の手術を行っています。
  • 3.高度感音難聴に対して、人工内耳植込手術を行っています。
  • 4.顔面神経麻痺に対し、最新の診断法、治療法を提供しています。
  • 5.音声治療外来にて音声治療を行っているほか、高度障害例に対しては音声改善手術も行っています。
  • 6.嚥下障害に対し積極的な治療を行っています。嚥下訓練のほか、嚥下機能改善手術もおこなっています。
  • 7.種々の頭頸部癌に対して、最新の集学的治療を行っています。
TOPへ戻る