› 
プライマリ・ケアの研修
 

臨床研修

プライマリ・ケアの研修

第3内科および関連病院には消化管、肝胆膵、糖尿病や内分泌などを専門とする医師が数多くいます。また、臨床研修では消化管+肝臓、消化管+胆膵、肝+内視鏡、糖尿病+内分泌(特に甲状腺)、消化管+糖尿病、肝臓+糖尿病など2つ以上の領域を専門とすることが可能です。
 
しかし、現在世の中で必要とされている医師像は、あらゆる分野を一通りこなし、その上で何らかの専門性を併せ持ち、この多様化社会・高齢化社会に対応できる医師です。厚労省もそのような社会のニーズに応える一手段として2004年に「臨床研修」を必修化としました。
 
その点において、第3内科および関連病院では高齢者社会が叫ばれる前から消化器+内科全般+プライマリ・ケア、糖尿病+内科全般+プライマリ・ケア、内分泌+内科全般+プライマリ・ケアのような教育・研修システムを持ち、プライマリ・ケアの普及にも尽力して来ました。
 
この様に、愛媛県内に多くの関連病院を有する第3内科では、多くの医師が専門性を持ちながらも地域のニーズに応じてプライマリ・ケア能力を修得し、プライマリ・ケア医としての役割も担っております。特に、高齢化社会に突入している現在、特定の領域だけを身に付けていたのでは、多彩な合併症を有する高齢者の診療に対応できません。現に、専門領域のみの診療が主体の病院は愛媛県下でも数病院しかありません。
 
愛媛県でプライマリ・ケアの実践を考えている方は一度ご連絡下さい。
 
連絡先:地域医療学(熊木) TEL 089-960-5308

 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp