› 
臨床腫瘍医への道
 

臨床研修

臨床腫瘍医への道

当科には、がんのスペシャリストが必要です。

現在、日本を含め世界におけるがん薬物療法は、日々めざましいスピードで進歩しています。その結果、多くの領域で分子標的薬を含め新規薬剤が多数登場し、使用されるようになってきており、内科医は自身の専門分野だけでなく他領域癌のがん治療の副作用を含めた幅広い知識が求められます。 当科で扱う領域はがんの多い領域です。我々は数多くのがんで悩まれ、苦しまれている患者さんの診療にあたっています。
img

当科は、臨床腫瘍医、がん薬物療法専門医を目指す医師を必要としています。
そしてその志を持った医師を歓迎・支援します。

日本の臨床腫瘍学は、がん対策基本法の施行を背景とした、がん診療拠点病院構想やがんプロフェッショナル養成プランの実施により国民の関心も高くなっており、我々は、専門の癌種のみの診療にとどまらず、幅広い癌種を診ることができるようになるための教育プログラムを実施していく必要があります。 当科には、愛媛全体でまだ数少ない「がん薬物療法専門医」が2名在籍し、更に2名が取得を目指しています。今後も、大学院がんプロフェッショナルコースにおける大学院生の指導体制を維持し、支援していきます。内科・外科・放射線科、コメディカルの方々を含め様々な職種の方々が集まる、臨床腫瘍学の研究会・勉強会にも立ち上げ時より積極的に参加しております。ご興味のある学生・先生方はぜひ当科へご連絡ください。 (担当:山本安則)
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp