› 
第三内科の目標
 

当教室について

第三内科の目標

医学の歴史に貢献できる仕事を愛媛から、医師を育くみ、愛媛の医療を支え向上させる

臨床

・消化器・内分泌・代謝領域の診療を向上させ、国際的にリードできる診療レベルに

・愛媛の内科レベルを高い水準に維持する

・愛媛県民から信頼され、安心いただける医療を提供する

教育

・学生の興味に答えて、意欲をかき立てる教育

・愛媛県に根付いた、地域に貢献できるトータルな内科医を育成する

・臨床技術の向上のみならず、医学に貢献するリサーチマインドを育む

研究

・病気の根幹につながる研究、研究成果を臨床に結びつける

・研究者各人の個性と興味を生かした研究

・世界に向けて新しい流れを創る研究

我々のタスク

・消化管疾患の医療連携、治療ネットワークの確立

・内視鏡的検査・先端的治療法の導入、技術向上、若手の育成

・炎症性腸疾患の疫学研究、免疫治療法の開発

・食道・胃静脈瘤の治療法改良

・C型肝炎ウイルスの撲滅

・B型肝炎ウイルスの感染防御とウイルス排除できる治療法の確立

・自己免疫性肝疾患の病態の研究、治療標的の探索と免疫治療

・肝細胞癌の予防、早期発見のためのストラテジー、画像診断法の構築

・肝細胞癌の内科的治療法、化学療法の治療成績向上

・胆道癌、膵臓癌の早期診断法、内科的治療のための分子標的の発見

・脂肪性肝障害の危険因子の同定、肝発がん機序の研究、治療法の確立

・消化器疾患と脂質代謝、糖代謝、金属代謝との関わり

・消化管腫瘍外科、肝胆膵・乳腺外科との連携治療、肝移植のサポート

・愛媛県の甲状腺・内分泌疾患診療の中核としての役割を担う

・内分泌・代謝疾患の県内診療ネットワークの構築

・日本内分泌学会四国支部(松浦文三支部長)のサポート

・地域医療学との連携、愛媛県の地域医療への支援

・指導施設として認定されている日本内科学会、日本消化器病学会、日本内視鏡学会、日本肝臓学会、日本超音波医学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本病態栄養学会、日本アレルギー学会の学会活動支援、人材育成への協力

 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp