› 
教室の構成について
 

当教室について

教室の構成について

人数 (女性) 出身大学
教 授 2人(0) 愛媛大学
准教授 6人(0) 愛媛大学
講 師 2人(0) 愛媛大学,浜松医科大学
助教 10人(0) 愛媛大学7人、山梨大学1人、東海大学1人、関西医科大学1人
医 員 5人(1) 愛媛大学3人、旭川医科大学、島根大学
大学院生 19人(5) 愛媛大学12人、山梨大学1人、神戸大学1人、島根大学2人、大分大学1人、自治医科大学1人、関西医科大学2人
近隣病院への出向者 141人 (29) 愛媛大学86人、岡山大学5人、鹿児島大学6人、 昭和大学1人、 和歌山県立医科大学1人、鳥取大学2人、九州大学2人、 自治医科大学4人、長崎大学1人、島根医科大学3人、 広島大学2人、岩手医科大学1人、山口大学1人、 北里大学1人、高知医科大学1人、富山川崎医科大学4人、 東京女子医科大学1人、香川医科大学1人、 金沢医科大学3人、徳島大学2人、藤田保健衛生大学1人、東邦大学1人、高知大学1人、大分医科大学1人、大分大学1人、旭川医科大学1人、神戸大学1人、東海大学2人、山梨大学1人、東京慈恵会医科大学1人、札幌医科大学1人、千葉大学1人、近畿大学1人
光学医療診療部
准教授 1人(0) 愛媛大学
助教 2人(0) 愛媛大学1人、関西医科大学1人
地域医療学
教授 1人(0) 自治医科大学
准教授 1人(0) 愛媛大学
地域生活習慣病・内分泌学
教授 1人(0) 愛媛大学
助教 1人(0) 愛媛大学
TMSC(総合診療サポートセンター)
センター長 1人(0) 愛媛大学
副センター長 1人(0) 愛媛大学
地域消化器免疫医療学
准教授 1人(0) 愛媛大学
助教 1人(0) 東海大学
疫学予防医学
准教授 1人(0) 愛媛大学
同門会員出身大学一覧
旭川医科大学 岩手医科大学 東北大学
秋田大学 自治医科大学 埼玉医科大学
防衛医科大学 東京大学 日本医科大学
日本大学 順天堂大学 慈恵会医科大学
東邦大学 帝京大学 東京女子医科大学
昭和大学 聖マリアンナ医科大学 北里大学
群馬大学 信州大学 富山医科薬科大学
金沢医科大学 浜松医科大学 岐阜大学
藤田保健衛生大学 弘前大学 京都府立医科大学
兵庫医科大学 鳥取大学 岡山大学
川崎医科大学 島根医科大学 広島大学
山口大学 徳島大学 愛媛大学
高知医科大学 香川医科大学 九州大学
産業医科大学 長崎大学 熊本大学
大分医科大学 鹿児島大学 関西医科大学
金沢大学 名古屋保健衛生大学 和歌山県立医科大学
山梨大学 福岡大学 東海大学

過去10年間の入局者数

2003 5人
2004 1人
2005 1人
2006 4人
2007 2人
2008 6人
2009 10人
2010 6人
2011 3人
2012 2人
2013 10人
2014 11人

認定医・専門医について(資格取得条件・取得状況など)

第三内科における認定医・専門医について(資格取得条件と教室員の取得状況)
  1. 内科学会 (認定施設での研修3年以上、認定医140名、専門医52名、指導医32名)
  2. 消化器病学会 (内科認定医資格取得後3年以上研修、専門医135名、指導医22名)
  3. 消化器内視鏡学会 (入会後5年以上、専門医100名、指導医64名)
  4. 糖尿病学会 (内科認定医後3年以上、専門医27名、指導医13名)
  5. 日本プライマリケア学会 (会員4年以上、認定医3名、指導医3名)
  6. 肝臓学会 (会員5年以上、専門医67名、指導医15名)
  7. 内分泌学会 (内科認定医後3年以上、専門医9名)
  8. アレルギー学会 (入会後5年以上、専門医4名、指導医2名)
  9. 超音波学会 (正会員5年以上、専門医12名、指導医10名)
  10. 東洋医学会 (正会員5年以上、専門医10名)
  11. 臨床腫瘍学会 (がん薬物治療専門医1名)
当教室では、上記の学会認定医を取得することができます。

国内・国外への留学(留学先・期間・時期について現状と可能性)

国外
米 国:Harvard Medical School and Massachusetts General Hospital, Tuft大学、 Fox Chase Cancer Center, Marion Bessin Liver Reseach Center, Albert Einstein College Medicine,Yeshiva University, The University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas, Mayo Clinic,University of Pittsburgh Medical Center 英 国:Royal Free Hospital カナダ:Tronto大学 ドイツ:Hannover医科大学、Hamburg大学
国内
東京都臨床医学総合研究所、国立予防衛生研究所、癌研究所、大阪大学細胞工学センター、東大医科学研究所、 奈良県立医大腫瘍病理部、熊本大学附属遺伝医学研究施設  
学内
薬理学、分子病態医学、免疫学、生化学、分子遺伝学、公衆衛生、健康医学、地域医療学 上記施設に留学あるいは留学中。期間は1~3年。時期は、学位取得後が多いです。

過去10年間の大学院への進学者の人数と進学先は以下のとおりです。

平成15 7 (第3内科)
  16 3 (第3内科)
  17 3 (第3内科)
  18  4 (第3内科)
  19  3 (第3内科)
20 3 (第3内科)
21 6 (第3内科)
22 4 (第3内科)
23 2 (第3内科)
24 3 (第3内科)
25 2 (第3内科)

第三内科同門会員の進路

大学教室員 30名
研究所研究員 2名
関連病院勤務 118名
開業 72名
行政 0名
検診 3名
パート 3名

女性の入局者について(出産休暇の取り扱いなど)

男女平等に扱うが、妊娠、出産、育児の時は、休暇等弾力的に取り扱い、希望の勤務形態に応じています。

レクリエーションとして行われる教室行事

年間行事として、4月歓送迎会、5月医局旅行、8月ビアパーティ、 12月忘年会などがあります。

学生、研修医のみなさんへ

当科は、消化器・内分泌・代謝内科学を標榜していますが、メジャー内科の一つとして、内科全般に広く知識を持つ一般内科医の基盤が必要と考えています。そのためにも当科の領域は、いろいろな領域の疾患と関わり、内科の基礎の基礎として必要な領域です。将来どのような領域を選択されるとしても、ぜひ一度は選択して研修を志していただきたいと思います。また、当科の専門領域の中でも、幅広い研修が可能です。たとえば、消化管診療をしながら肝臓領域や内分泌領域を専門としたり、内分泌と糖尿病領域をともに専攻したりすることが可能です。幅広い研修の中で、自分の適性を見つめ、専門性を高めていく、内科医としての理想の研修スタイルを実現するために、愛媛県内を主体とする関連病院と連携をとりながら、希望の研修スタイルをともに考えていきたいと思います。そして、ぜひ大きな夢に向かって前向きに研修にとりくんでいただきたいと思います。

教室としての将来の展望

当教室は昭和51年に開講して以来、37年を経過しました。そして現在、臨床診療とともに、教育、研究も体制が整っています。 標榜領域である消化器疾患、内分泌疾患、代謝性疾患(NASH、NAFLD、肥満特に内臓肥満、病態栄養、栄養免疫および脂質代謝、糖代謝、糖尿病)の各領域において、専門医、一般医を育成することに主眼をおき、それぞれの領域で愛媛県ないし近隣地域において、その中核的役割を担っています。 また、内科臨床医の基盤となる内科全般を診察できる総合内科医の育成をめざし、その中で自らの志向にあわせて専門領域を選択し究めていく、その過程において全人的な向上、地域および国民の医療に対するニーズに対応すべく努力しています。 当教室では研修スタイルが確立され、その過程で、高度の医療レベルと人間性豊かな臨床医が育成されてきました。今後更に時代のニーズに応えながら、さらに改良するべき点を考えて、研修スタイルを改善していきたいと思います。研究においては、病態の原因、機序の解析に重きをおいて、病気を診ることから、医学領域における解決すべき問題点に昇華し、新しい技術、独自の切り口を加えながら探究していきます。そして最終的には臨床における診断治療に還元していくことを目指します。 愛媛は地方ではありますが、そのハンディは今や大きく改善され、学内には日本をリードする研究者を多数擁する大学になりました。“ローカル”から“グローバル”へ、“グローカリゼーション”をモットーに、臨床、教育、研究を進めて行きたいと思います。そして、関連病院との連携を密にして、消化器、内分泌、代謝疾患の各分野において愛媛県全体の医療向上と地域の方々の安心と信頼を得るべく努力していきたいと思います。
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp