小児医療を通じて未来を守る

研修医募集

診療科の紹介

小児科は未来ある子供たちの体と心を育み守り、明るい未来を創るための診療科です。子供たちの笑顔を絶やさないために、一緒にがんばりましょう。
小児医療の基本はプライマリ・ケアからはじまり、その中に隠れた重大な病気を早期に的確に見い出すことが重要です。さらに救急医療、高次医療に加え、小児保健、育児相談、検診、予防接種なども小児科医に重要な仕事です。

愛媛大学小児科では、血液腫瘍(造血幹細胞移植、乳児・小児の白血病の病態解析など)、循環器(先天性心疾患のカテーテル治療、川崎病の病態解析など)、新生児(NICU、呼吸循環管理など集中治療)、神経・筋 (てんかん、熱性痙攣の病態解析など)、代謝内分泌(小児糖尿病、生活習慣病の国際研究など)、遺伝(遺伝子診断)、感染症(感染制御など)、アレルギー(食物負荷試験の確立など)、免疫、腎、膠原病などの、サブスペシャリティを専門グループとして有しており、それぞれの分野で専門性をもって小児医療に貢献できる小児科医を育てていくことを可能にしています。

▲ページの先頭へ戻る

プログラムの目的と特徴

プログラムの目的と特徴初期研修(スーパーローテート)の2年が終了した時点で、愛媛大学小児科および関連病院に小児科医として参加する(約1~3年間を予定)ことを基本方針とします。初期研修中の2年の間に小児科専攻を決定した時点で愛媛大学小児科学教室員となることも可能です。

私たちは愛媛大学附属病院小児科で研修することは以下の点で重要と考えています。

  • 血液腫瘍疾患・心疾患・新生児疾患・神経筋疾患・内分泌・代謝異常・難治性感染症などの重症疾患の診療や高度医療の経験を積むことができます。
  • 関連病院と密接に連携し、一般小児科診療、乳幼児健診などの小児保健から小児救急診療まで充実した研修が可能です。大学病院と関連病院をバランスよく研修することが大切です。
  • 症例を経験していく中で、診療の基本を修練し、指導医と相談しながら自分の臨床能力を高めていくことができます。
  • 将来診療の上で役に立つ大学内の指導医および大学以外の関連の先生方と広くネットワークを作ることができます。
  • 自分が選択した専門領域の研究や臨床研修(専門施設を含む)あるいは海外留学、大学院入学をスムーズに進めることができます。原則的には十分な小児科一般診療経験を積んだ後に、専門領域や大学院に進学することをお勧めします。
  • 特に女性医師に対する研修プログラムを強化し、家庭との両立ができるよう臨機応変にプランを検討し支援しています。
  • また診療上のトラブルや、自分自身の健康に問題が生じた場合には、教室として責任を持って対応します。

初期研修から小児科専門研修への流れ

プログラムの目的と特徴

▲ページの先頭へ戻る

愛媛大学病院で新臨床研修(スーパーローテート)を希望される方へ

愛媛大学病院におけるスーパーローテート研修システムはアイ(愛)プログラムにしたがって行っています。詳しくは愛媛大学医学部附属病院研修プログラムのホームページをご覧下さい。

http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/index.html

▲ページの先頭へ戻る

愛媛大学小児科関連施設での研修を希望する方へ

できれば、別表(http://www.m.ehime-u.ac.jp/hospital/kenshu/index.html)の愛媛大学医学部関連施設での2年間の研修を推薦します。

▲ページの先頭へ戻る

指導医や指導体制

小児科

役職 氏名 専門分野
(サブスペシャルティ)
専門医・指導医 など
教授
診療科長
国際化推進センター長
石井 榮一 血液、腫瘍、免疫不全、小児保健 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療学会暫定指導医
准教授 江口 真理子 血液、腫瘍、遺伝 日本小児科学会専門医
臨床遺伝専門医、指導医
臨床細胞遺伝学認定士、指導士
日本がん治療認定医機構暫定教育医
准教授 福田 光成 神経、筋 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医・責任指導医
日本てんかん学会認定医・臨床専門医・指導医
講師
医局長
石前 峰斉 血液、腫瘍、遺伝学 日本小児科学会専門医
講師 竹本 幸司 糖尿病、内分泌、肥満 日本小児科学会専門医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
日本肥満学会専門医・指導医
助教
NICU病棟医長
太田 雅明 循環器、新生児 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会専門医
講師 森谷 友造 循環器、新生児 日本小児科学会専門医
特任講師
外来医長
篠原 示和 アレルギー、免疫 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医・教育研修施設指導医
助教・大学院生 中野 直子 膠原病、免疫 日本小児科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本アレルギー学会専門医
助教 米澤 早知子 血液、腫瘍 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
助教 森谷 京子 血液、腫瘍 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
助教 城賀本 敏宏 神経 日本小児科学会専門医
助教 山内 俊史 新生児 日本小児科学会専門医
助教 田代 良 循環器 日本小児科学会専門医
助教 宮田 豊寿 循環器  

感染制御部

役職 氏名 専門分野
(サブスペシャルティ)
専門医・指導医 など
准教授
感染制御部部長
田内 久道 血液、腫瘍、感染症 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医・指導医
Infection Control Doctor(日本感染症学会)
日本小児血液・がん学会専門医・指導医
日本造血細胞移植学会認定医
日本がん治療認定医機構癌暫定教育医

寄付講座

役職 氏名 専門分野
(サブスペシャルティ)
専門医・指導医 など
教授(寄附講座
地域小児・周産期学講座
檜垣 高史 循環器、新生児、小児救急 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
日本周産期・新生児医学会暫定指導医
准教授(寄附講座
地域救急医療学講座
(市立八幡浜総合病院)
楠目 和代 アレルギー 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医・指導医(小児科)
臨床研修指導医
准教授(寄附講座)
地域小児・周産期学講座
高田 秀実 循環器、新生児 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
講師(寄附講座)
地域小児・周産期学講座
岡本 健太郎 神経、てんかん 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会専門医
日本てんかん学会専門医
日本アレルギー学会専門医
地域総合小児医療認定医医
講師(寄附講座)
地域小児保健医療学講座
越智 史博 感染症、免疫、小児救急 日本小児科学会専門医
Infection Control Doctor(日本小児感染症学会)
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
助教(寄附講座)・大学院生
地域医療再生学講座
(四国中央病院)
元木 崇裕 神経 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
助教(寄附講座)
地域小児保健医療学講座
高橋 昌志 高橋 昌志 循環器、小児救急 日本小児科学会専門医
大学院生 髙島 健浩 免疫 日本小児科学会専門医
大学院生 矢野 喜昭 神経、筋、重症心身障害 日本小児科学会専門医
大学院生 伊藤 正範 神経、筋  
大学院生 桑原 優 アレルギー 日本小児科学会専門医
大学院生 日野 香織 神経、筋、遺伝 日本小児科学会専門医

▲ページの先頭へ戻る

専門グループの関連・研修施設

1. 血液/腫瘍グループ

小児白血病リンパ腫研究グループ、国立がんセンター、小児白血病研究会、トロント小児病院、St.Jude小児病院、東京医歯大など

2. 循環器/新生児グループ

東京女子医大、国立循環器病センター、福岡こども病院、トロント小児病院など

3. 神経/筋グループ

東京女子医大、国立精神・神経センター、Michigan小児病院、Rochester大学、Cleveland clinicなど

4. 内分泌/代謝グループ

NIH, Harvard, Columbia大学など

5. アレルギーグループ

Oregon Health service University(Portland), 国立福岡病院、成育医療センター

6. 膠原病グループ

横浜市立大学

▲ページの先頭へ戻る

県内の関連病院との連携について

愛媛大学関連小児科施設とその特徴をご紹介します。なお愛媛県外の施設での研修を希望する方はいつでもご相談ください。愛媛大学小児科は各医局員の希望の臨床と研究が行われるよう努力していく予定です。

  • ・香川小児病院
  • ・四国中央病院
  • ・住友別子病院
  • ・愛媛県立新居浜病院
  • ・愛媛労災病院
  • ・西条中央病院
  • ・市立周桑病院
  • ・愛媛県立今治病院
  • ・瀬戸内海病院
  • ・済生会今治病院
  • ・愛媛県立中央病院
  • ・松山赤十字病院
  • ・松山市民病院
  • ・愛媛こども療育センター
  • ・愛媛病院
  • ・市立八幡浜総合病院
  • ・市立宇和島病院
  • ・愛媛県立南宇和病院
  • ・市立大洲病院

▲ページの先頭へ戻る

留学実績

愛媛大学小児科は、愛媛の小児医療の発展のために医局員の国内また海外留学を推奨しています。留学は医者としての知識や技術の幅を広げるのみならず、人間性豊かな人格形成に重要です。是非一度は留学を経験し小児科医として飛躍の機会にしてください。

これまでの海外留学施設

これまでの国内留学施設

  • ・国立がんセンター(中央病院):小児がんの臨床、造血幹細胞移植
  • ・国立循環器病センター:循環器疾患の臨床と研究
  • ・東京女子医大:循環器、神経疾患の臨床と研究
  • ・兵庫こども病院:腎臓病の臨床と研究
  • ・福岡こども病院:循環器、腎臓病の臨床
  • ・国立精神・神経センター:神経疾患の臨床と研究
  • ・国立病院機構福岡病院:アレルギー疾患の臨床
  • ・横浜市立大学:感染・免疫の臨床

▲ページの先頭へ戻る

専門医について

小児科専門医は小児科医として必要不可欠な資格となっています。 また小児科の各専門分野ではその分野の専門医や指導医の資格が必要です。愛媛大学小児科は小児科および各分野の専門医取得がスムーズにできるよう援助します。

小児科専門医試験受験資格

  • ・連続して3年以上の会員歴、通算5年以上の会員歴
  • ・2年間の卒後臨床研修の後小児科臨床研修を3年以上受けたもの

他の専門医

  • ・日本糖尿病学会―指導医がいる施設で3年以上
  • ・日本内分泌学会―認定教育施設で3年以上
  • ・日本血液学会―指導医がいる施設で3年以上
  • ・臨床腫瘍医・小児がん専門医―検討中
  • ・日本循環器学会―認定指定施設で3年以上
  • ・日本小児循環器学会―指導医がいる施設で5年以上
  • ・日本周産期新生児医学会―認定施設で1~2年上積み、会員歴5年
  • ・日本小児神経学会―会員歴5年
  • ・日本てんかん学会―会員歴5年、論文3編以上
  • ・日本アレルギー学会―会員歴7年

▲ページの先頭へ戻る

学位

学位は大学での教育を担当することを目標にする人には必要です。学位を取得する方法は以下の3つがあります。

大学院

後期研修終了後またはその途中で試験を受けて研究生活に入る。通常は小児科または基礎の研究室で研究を4年間行い、学位を取得する。
4年以内でも研究が終了し、学位論文が完成すれば大学院を終了することも出来る。

大学院以外

臨床医として臨床を行いながら、実験をして論文を完成させ学位申請をする。時間がかかるが、学位論文ができれば学位が取得できる。

▲ページの先頭へ戻る

レクレーション

忙しい毎日を過ごす医師にとってストレス解消のレクレーションは不可欠です。

  • ・医局旅行
  • ・年に1回、医局員と看護師さんなどと親睦を兼ねて。1泊2日。
       これまでの旅行地は、沖縄、志摩、白浜、小豆島、ハウステンボス、下関・門司、岡山、高知、愛南町等
  • ・医局対抗野球
  • ・(ボーリング、テニス、ゴルフなど)大会

▲ページの先頭へ戻る

専門研修の問い合わせ先

▲ページの先頭へ戻る

愛媛大学大学院医学系研究科分子・機能領域 小児科学講座

愛媛大学大学院  医学系研究科分子・機能領域  小児科学講座

〒791-0295  愛媛県東温市志津川  TEL:089-960-5320  FAX:089-960-5941

Copyright © 2007 Ehime University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics All right reserved.