愛媛大学医学部附属病院 先端医療創生センター

業績・研究結果・年報

免疫細胞医療部門

2015年度 業績・研究成果 (免疫細胞医療部門)

2017.01.27

原著論文

  1. Hasegawa Y, Ishikura T, Hasegawa T, Watanabe T, Suzuki J, Nakayama M, Okamura Y, Okazaki T. Koseki H, Ohara O, Ikeno M and Masumoto H. Generating a transgenic mouse line stably expressing human MHC surface antigen from a HAC carrying multiple genomic BACs. Chromosoma. 124: 107-118, 2015
  2. Maruyama S, Kanoh M, Matsumoto A, Kuwahara M, Yamashita M and Asano Y.: A novel function of Interferon regulatory factor-1: Inhibition of Th2 cells by down-regulating the Il4 gene during Listeria infection. Int. Immunol. 3: 143-152,2015

国内及び国際学会での招待講演

  1. 山下 政克,T細胞機能の代謝・エピゲノム制御,第4回 神経と免疫を語る会(愛媛 2016年3月)
  2. 山下 政克,Determination of T-cell fate by glutamine metabolism,第7回 International Symposium of IfRec “Immunology at the Forefrot”(大阪 2016年1月)
  3. 山下 政克,エピゲノム・エネルギー代謝調節を介したT細胞老化の制御,第13回 LEGENDセミナー(北海道 2015年11月)
  4. 山下 政克,炎症性疾患とエピゲノム〜アレルギーを例として〜,さきがけ「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域 市民公開講座(富山 2015年10月)
  5. 桑原 誠、山下 政克,細胞内エネルギー代謝調節によるヘルパーT細胞分化とアレルギー性気道炎症の制御,日本病態生理学会(松山 2015年8月)
  6. 山下 政克,T細胞老化に起因する炎症性記憶形成の分子機構解明,臓器の記憶国際シンポジウム(東京 2015年8月)

その他の特記事項

鈴木助教,第44回日本免疫学会総会・学術集会,Best presentation award

部門紹介

  • バイオメカニクス部門
  • 臨床・バイオイメージング部門
  • 再生・細胞治療部門
  • 代謝医学研究部門
  • 研究推進支援ユニット