写真:道後温泉外観

学会発表
Conference

2020年の記事一覧

  • 第108回日本神経学会中国・四国地方会 (高松)

    明地雄司ら
    長期にわたる右下肢疼痛を呈したグロムス腫瘍の一例.
  • 第39回日本認知症学会学術集会 (名古屋)

    大八木保政ら
    高齢男性における認知機能低下・サルコペニアと皮膚終末糖化産物蓄積.
  • 第123回日本内科学会四国地方会 (松山)

    近藤秀ら
    帯状疱疹ウィルスに関連する多発脳神経障害の一例.
  • 第38回日本神経治療学会学術集会 (東京)

    越智博文ら
    一次性進行型多発性硬化症患者における灰白質萎縮,身体機能障害,認知機能の関連:EXPAND試験結果.
    千崎健佑ら
    多発性硬化症における血管内皮機能の検討.
  • 第22回中国四国脳卒中研究会 (高知)

    千崎健佑ら
    超音波を用いた多発性硬化症における血管機能の検討.
  • 第61回日本神経学会学術大会 (横浜)

    越智博文
    経口薬の使い方.シンポジウム5 「総括!MS・NMOSDの治療法Update 」
    越智博文
    多発性硬化症とNMOの最新情報.レクチャーマラソン15 
    越智博文
    多発性硬化症の病態解明と治療の最前線.第17回生涯教育セミナー 
    越智博文
    フマル酸ジメチルの安全性および有効性:前治療DMD別解析-使用成績調査中間報告.
    越智雅之ら
    男性におけるサルコペニア・フレイルと皮膚終末糖化産物(AGEs)の相関.
    三浦史郎ら
    遺伝性脊髄小脳変性症にトピラマートは有効か?
    岡田陽子ら
    健常者におけるWillis動脈輪の形態と経時変化およびそれに関連する因子.
    千崎健佑ら
    脳神経疾患における超音波を用いた血管内皮機能の検討.
  • 第45回日本脳卒中学会学術総会 (横浜)

    岡田陽子ら
    脳神経疾患における超音波を用いた血管内皮機能の検討.
  • 第62回老年医学会学術集会 (東京)

    大八木保政ら
    アルツハイマー病のインスリンシグナリング障害モデルの培養細胞アッセイ系の確立と治療薬の探索.
    伊賀瀬道也ら
    経年変化を検討できた健常者における脳萎縮と軽度認知障害の検討.
  • International Conference on Complex Medical and Engineering (ICME) 2020 (Takamatsu, Japan)

    Ohyagi Y, et al.
    Apomorphine treatment targeting neuronal insulin signaling in Alzheimer’s disease.
  • European Society of Human Genetics (ESHG) Annual Meeting (Virtual conference)

    Miura S, et al
    A nonsense variant in the ARSD gene associated with young-onset Parkinson’s disease
  • 第31回日本老年医学会四国地方会 (松山)

    明地雄司ら
    急速に中枢性呼吸障害を呈した高齢パーキンソン症候群の1例
    武井聡子ら
    高齢発症・緩徐進行性のFacial onset sensory motor neuropathy (FOSMN)症候群の一例
    伊賀瀬道也ら
    MCI評価におけるVSRADの有用性の検討
    岡田陽子ら
    健常者におけるWillis動脈輪の経時変化と関連因子
    伊賀瀬道也
    教育講演「アンチエイジング領域のトピックス〜認知機能低下と糖化ストレス〜」
    千崎健佑ら
    脳神経疾患における超音波を用いた血管内皮機能の検討
    越智雅之ら
    皮膚組織の終末糖化産物は高齢男性のサルコペニア・認知機能低下のバイオマーカーである