写真:佐田岬

先輩からのメッセージ
Message from Seniors

教授・先輩からのメッセージ

大八木保政教授

大八木教授のインタビュー
来る者に夢と楽しさを

大学臨床系講座の重要な役割は、高度の専門性・総合性を有する良き臨床医の育成と基礎・臨床研究の推進にあります。当講座は総合内科専門医から脳神経内科専門医の取得を主軸として、さらに老年病専門医や認知症専門医取得のための研修環境も充実しています。また関連病院との連動研修で他にも多様な神経病関連の専門医取得が可能です。研究を頑張りたい方には大学院進学や国内留学なども推奨しています。ただし、ここまではどの大学脳神経内科学講座でも同じ考え方と思います。当講座および愛媛県における専門研修の特色を以下に述べます。

①自由闊達・自主性
当講座は大学医局在籍者が概ね8〜9名と小世帯であり、カンファレンスでも自由に意見を出し合います。教授の意見もしばしば否定されます。小世帯のため医局長はなく、同門会もありません(OB会は時々しています)。診療・研究・勉強・余暇は全て個人の責任であり、研鑽には自主性が求められます。神経学は勉強すればするほど興味が湧いてくる分野です。

②充実した指導医層
個人の自由は保障されますが、指導医が専攻医を放置するわけではありません。当講座には日本神経学会認定の脳神経内科指導医が5名おり、専門分野も認知症・神経難病・神経免疫・神経生理・神経遺伝・脳卒中と一通りカバーできる体制であり、専攻医は充実した指導を受けることができます。

③研究手法の幅広さ
スタッフはそれぞれ独自の興味で研究に取り組んでいます。研究環境は充実しており、神経化学・神経生物学・遺伝子解析などの実験的研究から抗加齢・予防医療センターの大規模なコホートデータの解析や超音波・生理検査機器を用いた臨床的研究まで幅広い手法で取り組んでいます。また、京都大学や九州大学などとの共同研究も継続中です。

④愛媛県の生活環境
私は福岡から愛媛県に来ましたが、生活の快適さを満喫しています。タイトルを「来る者に夢と楽しさを」としましたが、これは大学医局のことだけでなく、愛媛県への転入も含めた意味です。生活環境に関しては別項でまた紹介しますが、良質なスローライフと充実した専門研修環境を保証します。もちろん収入面も保証します。

武井聡子先生

写真:武井先生インタビュー
脳神経内科に興味を持った動機は?

学生時にローテーションした時、神経診察の難しさや、疾患を系統立てて考察していくことの難しさと面白さを実感しました。また、神経の病気ではまだまだ分かっていないことが多くあり、今後飛躍的に発展が見込まれる分野で、ずっと興味やモチベーションを持って診療に従事していくことができるのではないか、と思ったことが脳神経内科に決めた一番の理由です。

入局前の想像と現実のギャップは?

入局前は、当科(大学勤務)では精査目的の入院や特殊な疾患の治療入院が多く、経験できる症例が少ないのではないか、という心配がありました。

実際に勤務してみると、県内全域から患者さんが集まってくるため疾患は多岐に渡り、検査実施や結果の検討および解釈、疾患の文献検索をしたり、とすべきことは多く、1つ1つの症例を丁寧に診ることの重要さを実感しました。また、大学病院勤務では脳卒中などの急性期疾患をみる機会は少ないですが、当科では関連病院も多いため、希望に応じて専門医研修の一環として、一定期間は関連の救急病院等でローテ研修をすることになっています。

現在子育て中ですが、基本的な業務内容を減らしてもらい、こどもが体調を崩した時は他医師に業務を引き継ぎ早退させてもらっています。医局のスタッフの理解や協力体制は万全だと感じる今日この頃です。

実際に研修して感じた興味ポイント・モチベーションを教えて!

神経疾患はまだまだ分かっていないことが多く、今後発展することが期待できる診療科と考えています。患者さんに寄り添いながら、その患者さんに合った最新の治療が常にできるようにしたいと思うことがモチベーションになっています。今後、特に極めたい専門領域ができたら、県外研修などでレベルアップし、技術や知識を愛媛に持ち帰りたい、と考えています。

千崎健佑先生

千崎先生先輩コメント
脳神経内科に興味を持った動機は?

私は学生時代より総合診療医を志望していました。現在の医局に入局したのは、様々な診療科の中でも特に脳神経内科は全身を診察する診療科であり、総合診療医としての専門性を高める際に最適な診療科と考えたからです。脳神経内科の領域では神経救急領域(脳血管障害、てんかんなど)と免疫性神経疾患(重症筋無力症、多発性硬化症など)に特に興味があります。前者は救急場面での適切な診断と治療が予後に直結する責任があるからです。後者は若年患者さんの数十年を背負っている責任があり、また治療が目覚ましく進歩していて治療効果を明確に実感できるからです。

入局前の想像と現実のギャップは?

私は小学校1年生から現在まで継続して「サッカー」をしています(卒業後は勤務地に合わせて様々なチームに所属しています)。つまり、完全に体育会系>>>文化系であるため他の診療科よりも多いであろう「足」を使わない業務(カルテ・退院サマリー作成・論文検索・学会準備)に大変苦労しました。ただ、「足」で稼ぐことをモットーに患者さんと指導医に「足」を運び日々学んでいます。私のように身体を動かすことが好きで机でじっと勉強することが苦手な学生さん、研修医も問題ないと思います。

実際に研修して感じた興味ポイント・モチベーションを教えて!

病歴聴取と身体診察が重要な科であり、患者さんを診れば診るほど知識が増える、つまり「百聞は一見に如かず」的な要素が強いことが興味ポイントです。診断・治療に対する責任が大きいことや、他の診療科からコンサルテーションを受けることが多いことがモチベーションになっています。

白岡 朗先生

脳神経内科に興味を持った動機は?

頭痛、めまい、しびれはよくある症状で、外来受診される患者さんの数も多いと思います。私が研修医のときに、頭痛、めまい、しびれに適切に対応できているのが、脳神経内科の指導医であったため、脳神経内科に興味を持ちました。

入局前の想像と現実のギャップは?

脳神経内科に入局する前は、治療法があまりない印象でしたが、実際には疾患によっては新しい治療法や治療薬が開発されており、やりがいがある科だと感じています。

実際に研修して感じた興味ポイント・モチベーションを教えて!

脳神経内科医が診察の対象とする臓器は、脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉と他の科に比べると範囲が多いと思います。 病気の種類も多いため、脳神経内科に入局した後も勉強の継続が必要と感じております。病歴、神経診察で診断に至ったときは、達成感があり、知識を深めることが大切だと実感できます。

松山赤十字病院
脳神経内科医師
千崎健佑先生

愛媛医療センター
脳神経内科医師
尾原麻耶先生

HITO病院
脳神経内科医師
白岡朗先生

おおぞら病院
脳神経内科部長
冨田仁美先生

愛媛県立今治病院
脳神経内科部長
鴨川賢二先生

松山市民病院
脳神経内科部長
波呂敬子先生