小児医療を通じて未来を守る

ブレイクルーム

日本小児科学会学術集会(広島)参加報告

2013年4月19〜21日、広島で開催された第116回日本小児科学会学術集会の参加報告です。
愛媛からは、江口先生(シンポジウム)、渡邊先生(口演)、徳田先生(ポスター)、濱田先生(ポスター)、5年生の八木さん(ポスター)、竹原君(ポスター)、それと県立新居浜病院の手塚先生(ポスター)、松山日赤(現 県立中央病院)の岩田先生(ポスター)の発表がありました。H田先生に「発表時の写真を撮っておいてね〜」とカメラを渡したと思ったのですが、殆ど観光と飲み会の写真が撮られていました。
(まあ、なんということでしょう・・・)

当然のことながら、、、夜間集会も盛会でした。


(右下は2日目夜、他3枚は1日目夜の飲み会 あさみ先生の発表時再現らしき写真も・・・)

最後は無事に発表を終えて安堵感ダダ漏れの竹原君と八木さんです。

皆さんお疲れさまでした。

2013年4月21日

愛媛大学大学院医学系研究科分子・機能領域 小児科学講座

愛媛大学大学院  医学系研究科分子・機能領域  小児科学講座

〒791-0295  愛媛県東温市志津川  TEL:089-960-5320  FAX:089-960-5941

Copyright © 2007 Ehime University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics All right reserved.