小児医療を通じて未来を守る

ブレイクルーム

第88回日本小児科学会愛媛地方会報告

11月17日(日)冬の小児科地方会が開催され、県内の勤務医〜開業医の先生から11演題の発表があり活発な討論が行われました。今回のイブニングセミナーでは、京都大学iPS細胞研究所 副所長 特定拠点教授の中畑龍俊先生による特別講演「iPS細胞の小児医療への臨床応用」がありました。iPS細胞を利用した難病の病態解明、治療、創薬への応用などiPS細胞の無限の可能性について、逆に研究が加速し過ぎることによる倫理的問題についても解り易くご講演頂きました。
88chiyoukai288chihoukai1

さて地方会後には恒例の情報交換会があり、第86回、87回の優秀演題賞の表彰がありました。受賞者は県立中央病院の渡部竜助先生と、愛媛大学医学部の濱田淳平先生でした。おめでとうございました。
88chihoukai388chihoukai4

追記:久しぶりの更新です。職務怠慢なHP担当をお許し下さい。。。

2013年11月18日

愛媛大学大学院医学系研究科分子・機能領域 小児科学講座

愛媛大学大学院  医学系研究科分子・機能領域  小児科学講座

〒791-0295  愛媛県東温市志津川  TEL:089-960-5320  FAX:089-960-5941

Copyright © 2007 Ehime University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics All right reserved.