小児医療を通じて未来を守る

ブレイクルーム

第118回 日本小児科学会学術集会 参加報告

2015年4月17日-19日に日本小児科学会学術集会が大阪にて開催されました。
愛媛からは8名の先生と医学科6年の学生さんが発表をしました。
口演:濱田先生、中矢先生
ポスター:竹本先生、中野先生、高田先生、新田先生、西村先生、牧野先生、元家君
(写真の無い先生はゴメンナサイ!)

2015JPS12015JPS2
2015JPS32015JPS4
(注:高田先生は怒られているわけではありません)

また金曜日の夜には、大阪に残っていた人だけで梅田の街に飲みに行きました。
1件目で串カツを大量に食べて飲んで、ヘロヘロに酔いながら2件目も「粉もの」の店に入ってしまい、大量注文をするという惨事となりました。残飯大量発生という事態になりかけましたが、そこはT病棟医長の指示を受けた愛媛のベイマックス M先生。活性化マクロファージ的な活躍により、全テーブルの食物を完全貪食いただきました。素晴らしいスペックです。

2015JPS72015JPS62015JPS52015JPS8

最後に、頑張って研究して発表した6年生の元家君の勇姿を掲載します。
2015JPS92015JPS10

来年は札幌ですね! 皆で演題を準備して、大挙して勉強しに(遊びに?)行きましょう!!

2015年5月17日

愛媛大学大学院医学系研究科分子・機能領域 小児科学講座

愛媛大学大学院  医学系研究科分子・機能領域  小児科学講座

〒791-0295  愛媛県東温市志津川  TEL:089-960-5320  FAX:089-960-5941

Copyright © 2007 Ehime University Graduate School of Medicine, Department of Pediatrics All right reserved.