• 講座紹介
  • 教授挨拶
  • 研究内容
  • 教育・研修
  • 診療案内

お知らせ INFORMAITON

循環器・呼吸器・腎高血圧内科学講座について

私たちの循環器・呼吸器・腎高血圧内科学講座(第二内科)は 『循環器』『呼吸器』『腎臓』『高血圧』を担当しています。
我が国の主要な死亡原因である 『心臓病』 『動脈硬化』 『肺がん』 『肺炎』『腎臓病』そして『高血圧』を守備範囲に持つ私たちの責任は重大です。 しかし、この領域は新しい診断治療法の開発や再生医療など夢のある進歩の真っただ中にあって、毎日がわくわくするような興奮とやりがいに満ちている世界でもあります。

研究グループのご紹介

循環器グループのご紹介

虚血性心疾患に対するPCIを施行しています。特に虚血の判定の困難なintermediate lesionに対しては心筋シンチグラフィー、心エコーでのCFVRやプレッシャーワイヤーでのFFRを測定し、心筋虚血の評価を十分に行った上でPCIを施行しています。

呼吸器グループのご紹介

時代の変遷とともに呼吸器疾患の構成も大きく変化しています。数十年前まで難治であった肺結核などの呼吸器感染症は新しい抗菌薬の登場により治療可能となりました。現在では慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎などのアレルギー性、炎症性の疾患が増加し、さらには喫煙習慣や大気汚染などを背景に肺癌が急増しています。

腎高血圧グループのご紹介

高血圧の診療を開始する上で重要なのは、まず高血圧の原因を突き止めることです。 当科ではまず、血圧を上昇させるホルモンが過剰に分泌されていないかを、内分泌学的検査や画像検査などで徹底的に評価します。

講義・教育・学会活動について