愛媛大学大学院医学系研究科

血液・免疫・感染症内科学(第一内科)教室案内

教授からのあいさつ

安川 正貴(やすかわ まさき)

愛媛大学大学院 血液・免疫・感染症内科学(第一内科)
のホームページへようこそ

教室を主宰する安川正貴です。

 私たちの教室は、1973年(昭和48年)愛媛大学医学部設置とともに開設された新設医学部の中では最も早くスタートした内科学教室です。

教室が開講された当時から現在まで一貫した教育・診療・研究の理念は、「教室員の潜在能力と努力目標を最大限発揮できる環境の提供と人材育成」、「現時点で行える最高レベルの医療の提供」、そして「新規治療・診断法の確立による治療成績向上への貢献」です。教室のムードは一言でいえば「自由闊達」。職種や肩書による上下関係は全くなく、皆さん、和やかな雰囲気が漂う環境で楽しく仕事に励んでいます。出身大学も様々で、全国から集まっています。

 当教室の専門分野は、血液疾患、膠原病・自己免疫疾患、感染症、ならびに総合内科的疾患です。また、臓器横断的にがん診療が実践できる臨床腫瘍内科医の育成にも力を入れています。これらはすべて、特定の臓器に限局した疾患でなく全身性疾患であり、患者さんを、精神的サポートも含めた全人的視点からケアできる能力が求められる領域です。このような観点から、学生教育、臨床研修においては幅広い基礎知識を身に付けた総合内科医を目指せるよう心がけています。この方針は、教室員の多くが、内科認定医に加え総合内科専門医の資格を有していることからもお分かり頂けると思います。詳しくは、「学生の皆さんへ」と「研修・教育方針」のコーナーをご覧ください。

 愛媛県下の医療の充実は、愛媛大学医学部ならびに附属病院に課せられた大切な役割の一つです。現在、多くの県下医療機関において当科出身の医師が地域医療に貢献しています。多くの病院から、第1内科出身の先生方は全身管理に長けており、献身的に診療に励んでいただいているという感謝のお言葉をいただき、大変嬉しく思っています。今後も引き続き、各医療機関と密接な連携を図り、愛媛の医療の充実に努めてまいりたいと思います。

 大学病院の重要な使命の一つに、高度先進医療の実践があります。現在の標準的治療では治らない病気を治癒できる新たな治療法の開発。この事を目指して若い教室員が日夜研究に励んでいます。特に、血液腫瘍を中心とする悪性腫瘍、難治性膠原病、ウイルス感染症などの領域で素晴らしい研究成果が得られ、その成果を臨床の場に還元できるようになりました。現在進行しているがん特異的T細胞レセプター遺伝子導入T細胞療法の臨床試験はその一例です。このように私たちの診療科でなければ実践できないような新規治療法も次々と生まれています。随時このホームページでご紹介したいと思います。

 自由な雰囲気のもとで、教育・診療・研究に励んでいる愛媛大学大学院 血液・免疫・感染症内科学(第一内科)の更なる飛躍に、引き続きご支援をお願い申し上げます。

愛媛大学大学院
血液・免疫・感染症内科学(第一内科) 安川正貴