入局案内

 当科は血液・腫瘍、膠原病、感染症の患者を中心に診療しています。EBMに基づいた治療を行うとともに、治験や臨床研究など先端医療にも積極的に取り組んでいます。愛媛大学病院ならびに県下基幹病院における研修で、専門医の取得を目指します。特に、臓器横断的にがん診療が実践できる腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)と、現在全国的に人材不足が問題となっている感染症専門医は、社会的ニーズが高く、将来性のある内科領域です。現在、県内外の多くの医療機関からこのような医師の派遣要請が届いています。

 私どもの診療科は、がんプロフェッショナル養成プランの中心的役割を担い、腫瘍内科として臓器横断的ながん専門医育成にも力を入れています。さらに、院内感染対策や抗菌剤適正使用に精通し、院内の感染症診療の中心になるべき感染症専門医の育成コースも設けています。このように、社会的ニーズが高い腫瘍内科専門医と感染症専門医育成コースを有していることが当診療科の特徴です。

 当科では、大学院への進学は臨床研修を行いながらどの期間においても可能です。
また、研修医の希望によって、学外・海外研修も積極的に勧めています。次世代を担う若い医師の希望にできるだけ沿えるよう研修計画をたてたいと考えています。

 第一内科では愛媛大学卒業者に限らず、多くの他大学卒業生が入局しています。新規卒業者や、愛媛県外で研修をされた先生、途中入局いずれの先生方も歓迎致します。当科の重要な役割の一つに、愛媛県下の医療の充実が挙げられます。一緒に切磋琢磨して頂ける熱い心を持った皆様の教室へのご参加を歓迎致します。臨床研修後に他の進路を希望して医局を離れても、お互いに医学を追求する者として、その後も友好を深めています。

ご質問、ご希望などありましたらお気軽にお問い合せください。
学生・医療関係者を対象とした医局見学も随時受け付けております。

連絡先:第一内科医局長 山之内純 1nai@m.ehime-u.ac.jp