PAGE TOP

愛媛大学大学院医学系研究科 口腔顎顔面外科学講座

医局新着情報

第 30 回記念大会(一社)日本有病者歯科医療学会学術大会

2021.07.07

【第 30 回記念大会(一社)日本有病者歯科医療学会学術大会】

【発表者】山﨑悠貴

 2021 年 7 3 日,4 日にHybrid形式による第 30 回記念大会(一社)日本有病者歯科医療学会学術大会が開催されました。

新型コロナ患者への口腔ケアなど世相の反映された発表が多く見受けられ、大変勉強となりました。今後の臨床に生かしていければと思います。

 

当科からは、山﨑悠貴が口演にて「歯肉出血を契機に発見された口底部動静脈奇形の 1 例」の演題で発表を行いました。

第 45 回日本頭頸部癌学会@web

2021.06.28

【第 45 回日本頭頸部癌学会 】

【発表者】 雑賀 将斗

2021 年 6 月 16 . 17 日にハイブリッド開催となった第 45 回日本頭頸部癌学会にオンラインにて参加しました。

学会では頭頸部がんの診療、研究に携わっておられる複数の領域の先生が発表されており、基礎、臨床まで幅広く学ぶことができました。今後の診療に活かせるよう研鑽を積みたいと思います。

当科からは雑賀が『口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移予測におけるmicroRNA-375の有用性』の演題で発表を行いました。

日本補綴歯科医学会 第 130 回記念学術大会@web

2021.06.21

【日本補綴歯科医学会 第 130 回記念学術大会】

【参加者】本釜 聖子

前週の日本老年歯科医学会学術大会に引き続き、令和 3 年 6 月 18 日(金)~ 20 日(日)に日本補綴歯科医学会第 130 回記念学術大会がwebにて開催されました。

今大会のメインテーマは「食力向上による健康寿命の延伸ー補綴歯科の力を示すー」でした。老年歯科医学会でもトピックスとなっていた口腔機能低下症をはじめ、それを維持し回復するための補綴装置、デジタル化、歯科材料など多くのシンポジウム、セミナーがありました。

会期中に見れなかったものは、見逃し配信中に視聴したいと思います。

第 32 回日本老年歯科医学会学術大会@web

2021.06.14

【第 32 回日本老年歯科医学会学術大会】

【参加者】本釜 聖子

令和 3 年 6 月 11 日(金)~ 13 日(日)に日本老年歯科医学会第 32 回学術大会がwebにて開催されました。

今大会のメインテーマは「日本 100 年時代に老年歯科医学会ができること」で、超高齢者社会の現状や、認知症、フレイル・サルコペニア、摂食嚥下リハビリテーション、歯科訪問診療など、多くのプログラムがありました。

有用な知識を得ることができ、今後の診療に活かせるよう研鑽を積みたいと思います。

第 25 回日本がん分子治療標的学会@web

2021.05.31

【第 25 回日本がん分子治療標的学会 】

【発表者】 徳善  紀彦

2021 年 5 月 26 ~ 28 日にオンライン開催となった第 25 回日本がん分子治療標的学会に参加しました。

学会では分子標的薬治療の最前線や基礎的研究、がん遺伝子検査結果に基づく治療などの発表が行われました。

当科からは徳善が『唾液腺癌遠隔転移症例に対するがんゲノム医療の試み』の演題で発表を行いました。

 

第 75 回日本口腔科学会学術集会@web

2021.05.21

【第 75 回日本口腔科学会学術集会@web】

【発表者】東條 晋

5 月 12 日~ 14 日にウェブで第 75 回日本口腔科学会学術集会が開催されました。

コロナ渦での学会の在り方を考える意味からCOVID- 19 に立ち向かう感染対策の工夫や最新技術を学びました。

当科からは東條がポスター発表にて「Cmab 初回投与時に IR を発症した切除不能な頭頸部癌に対してステロイドカバー下に投与継続を行った 1 例」の演題で発表を行いました。

第 18 回日本口腔ケア学会総会・学術大会、第 1 回国際口腔ケア学会総会・学術大会合同会議

2021.04.23

【第 18 回日本口腔ケア学会総会・学術大会、第 1 回国際口腔ケア学会総会・学術大会合同会議】

【発表者】楠原すみれ、児島さやか

4 月 17 日、18 日に、対面とオンラインのハイブリッド形式にて第 18 回日本口腔ケア学会総会・学術大会が開催され、国際貢献を行うことを目的として第 1 回国際口腔ケア学会総会・学術大会も合同で開催されました。オンデマンドコンテンツは引き続き配信されており、5月16日まで配信の予定です。
癌や生活習慣病、感染症などさまざまな治療に関わる口腔ケアの重要性を学ぶことができました。今後の臨床に生かしていきたいと思います。

当科からはオンラインで楠原すみれが、一般演題口演と英語ポスターにて
「当院の周術期口腔機能管理における COVID – 19 の影響」”The impact of COVID-19 on perioperative oral management in our hospital” の演題で、児島さやかが英語ポスターにて”Investigation of the antimicrobial effects of various oral care supplies” の演題で発表を行いました。

義歯ケア学会第13回学術大会@web

2021.03.02

【義歯ケア学会第13回学術大会@web】
【参加者】本釜 聖子
毎年2月に開催されている日本義歯ケア学会ですが、今年はコロナ禍で、webにて2月28日(日)に開催されました。
恩師である徳島大学口腔顎顔面補綴学分野・市川哲雄教授も、座長と一般口演でご参加されておりました。
 これまで高齢者に対する歯科医療は、「いかに形態障害や機能障害を補い、能力障害や社会的不利を引き起こさないか」を中心に進められてきました。しかし、近年、超高齢化社会が進む中、口腔ケアは歯科疾患の予防を目的としたものから、食べる(摂食・咬む)、飲み込む(嚥下)、しゃべる(発音)を維持し、健康長寿を維持する全身健康に寄与するものとして理解されています。
 義歯を装着している方に対する義歯ケアは、義歯安定剤、義歯洗浄剤、デンチャープラーク、義歯裏装材のみならず、オーラルフレイルへの対応など機能的なケアも重要となっています。
 学会に出席によって得られた知識を臨床に活かせるようにしたいと思います
 。

第49回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会 @Web

2021.02.09

【第49回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会 】

【発表者】 川路一槻

2021年2月6日にオンラインライブ配信にて第49回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会が開催されました。

Web開催との事で通常より多くの先生方に発表を見ていただくことができ、質問もいただくことができました。

質問に回答する事やその準備によって自分の理解力が高まるのを感じ、非常に有意義な時間を過ごせました。

当科からは川路一槻が、Zoomにて「当科における薬剤関連顎骨壊死 (MRONJ) に関する臨床的検討」の演題で発表を行いました。

 

【第 39 回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会】

2021.02.09

【第 39 回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会】

【発表者】木戸星周

1月28日よりオンラインライブ配信併用による第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会が開催されました。

様々な症例の報告があり、自分自身の知識を増やすものとなり、今後の臨床に生かしたいと感じました。

当科からは、木戸星周がe-posterにて「 Bilastine による薬剤性無顆粒球症の 1 例」の演題で発表を行いました。