PAGE TOP

愛媛大学大学院医学系研究科 口腔顎顔面外科学講座

医局新着情報

小川先生学位論文公開審査会

2020.07.08

7/2 に学位論文公開審査会が開催されました。活発な質疑応答が交わされ、審査委員の先生方からは今後の研究発展に繋がる貴重なご意見が多々あり、刺激的な 1 日となりました。ご参加頂きました先生方、大学院生の皆さん、ありがとうございました。

小川妃弥呼

研究成果は 2019 年 Cancer science(インパクトファクター4.751)誌に「MicroRNA-361-3p is a potent therapeutic target for oral squamous cell carcinoma.」として、発表されています。

マッチング、入局希望の方へ

2020.06.01

現在,COVID-19 感染拡大予防のため,見学生の受け入れをお断りさせていただいております。

次年度、マッチング希望や入局希望の方は、以下のリンクより当院での研修、臨床実績等をご確認ください。

詳細等については、下記メールアドレスに連絡頂ければ対応させていただきます。

コース紹介、週間スケジュール、入局後の進路等 : 研修紹介

研修医(2019 年度)からのメッセージ、研修医の 1 日の実際等 : 研修の実際

2021 年度歯科医師臨床研修案内 : 研修案内

指導体制

口腔外科指導医、専門医、がん治療認定医(歯科口腔外科):4 名

日本矯正歯科学会認定医:1 名

日本口腔インプラント学会指導医:1 名

日本顎顔面インプラント学会指導医:1 名

外来(矯正、保存、補綴、歯周病等)専門歯科医: 3 名 等

2019 年病棟診療実績 : 病棟統計

愛媛大学医学部附属病院での研修は、一般歯科治療技術の習得はもとより、医科各科との連携による全身管理・全人的な医療の基本の習得を目標としています。また、歯科医師として基本となる保存、補綴、歯周、矯正治療に関しても、外来専門医の指導体制もあり、caries to cancer の総合的な歯科診療の研修が可能です

マッチングおよび入局希望の方は、下記メールアドレスまで連絡をお願いいたします。

見学再開等については、本 HP 上でご案内させていただきます。

研修担当:合田啓之 hiro9832@m.ehime-u.ac.jp

研修修了式

2020.04.22

3月31日をもって谷口、東條、山崎の3名がデンタル・アイブログラムでの研修を無事終了することができました。
ご指導を賜った愛媛大学および関連病院の先生方をはじめ、サポートして下さったスタッフの皆様には感謝の念が絶えません。
今後もお互い切磋琢磨し、立派な歯科医師を目指していければとおもいます。

年度末で退局の先生方、衛生士さんお疲れ様でした‼

2020.03.31

年度末をもって、医員の小川先生、西村先生、歯科衛生士の冨永さんが退局されました。

本当にお疲れさまでした。

新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

日本口唇口蓋裂協会会報誌に掲載されました。

2020.03.18

2019年モンゴル国国際医療支援活動の報告が、

特定非営利活動法人 日本口唇口蓋裂協会会報誌に掲載されました。

本活動は川又均主任教授を中心とした獨協医科大学チームの医療支援であり

当科からも参加させて頂いてます。

今後も、継続していきたいと考えております。

論文がアクセプトされました。

2020.03.02

論文名:MicroRNA-361-3p is a potent therapeutic target for oral squamous cell carcinoma.

著者:Ogawa HNakashiro KITokuzen NKuribayashi NGoda HUchida D.

雑誌名:Cancer science (IF: 4.751)

おめでとうございます!!

手術手技研修@愛媛大学

2020.02.19

【手術手技研修@愛媛大学】

2019年度手術手技研修を215日に愛媛大学医学部手術手技センターにて実施しました。

研修には当科から内田先生、日野先生、合田先生、栗林先生、徳善先生、東條先生、山崎先生が参加し、学外からは高知大学の仙頭先生、四道先生、中谷先生に参加していただきました。

研修では気管切開、顎下腺摘出、頚部郭清、顎変形症の骨切り等の手術手技について学ぶことができました。

今回の研修をもとに、今後の臨床に活かしていければと思います。

Surgery First習得コース@東京

2020.02.18

Surgery First習得コース@東京】

【参加者:内田、栗林恭】

 

216日、17日に東京にて開催されたSurgery First習得コースを受講しました。

講師は、仙台青葉クリニック矯正歯科の菅原準二先生と、口腔外科の長坂浩先生で、外科的矯正治療において最初に外科手術を適応し、矯正治療は術後のみ行うという手術先行法(SF法:Surgery First)の理論と実際について先生方のご経験に基づいた貴重なお話を聴かせていただきました。SF法は、通常の外科的矯正治療で最初に行われる術前矯正のステップがないため、顔貌の早期改善、効率的な歯の移動による治療期間短縮というメリットがあり、患者さんにとって利益が大きい方法ですが、術後は咬合が不安定になりやすいことから術後矯正で各種メカニクスを駆使した歯の三次元的コントロールが必要になるということで、今回、治療ゴールを達成するために必要な情報を与えていただきました。

セミナー後は、懇親会に出席し、先生方との交流を深めることができました。

今後、さらにSF法も含めて最新の治療方法を学んでいきたいと思います。

ガイデッドサージェリー ハンズオンセミナー in松山

2020.02.10

【ガイデッドサージェリー ハンズオンセミナー in松山】

2月9日に京セラのインプラントシステムFINESIAを用いたガイデッドサージェリーのハンズオンセミナーに参加しました。

セミナーではガイデッドサージェリーで著名な新谷悟先生によるインプラント治療シュミレーションやインプラント体の種類、サイズの選択についての考え方や注意点について学びました。

最後にインプラントキットを用いて実際に模型を用いて実習も行いました。

ガイデッドサージェリーによるインプラント治療は今後、安全で時間の短縮にもなるので明日の臨床に役立てたいと思います。

第26回 愛媛大学医学部口腔顎顔面外科同門会総会@松山

2020.02.06

【第26回 愛媛大学医学部口腔顎顔面外科同門会総会】

2月1日、ANAクラウンプラザホテルにて同門会総会が開催されました。

特別講演では内田教授が「愛媛大学病院歯科口腔外科・矯正歯科の現状と今後」という演題で講演を行いました。私たちの講座の診療実績や今後の展望、同門の先生方からご紹介いただいた症例の報告等がありました。

続いて行われた懇親会では、お酒やお料理とともに同門の先生方との交流を楽しみました。また同門会賞を栗林助教が受賞されました。おめでとうございます。

今後も同門会の先生方のお力添えもいただきながら歯科口腔外科矯正歯科、ひいては愛媛の歯科医療がさらに盛り上がるよう頑張ってまいりたいと思います。