教材データをOneDrive for Businessにアップロードして学生に周知する方法

作成に必要なもの

  • 教材データ(PowerPointやPDF,ご自身で作成したMP4形式の動画ファイル)
  • 愛媛大学アカウントで利用するOneDrive for Business(1アカウントで容量1TB利用可能)
1.Microsoft365にログインする
  1. ウェブブラウザで愛媛大学のMicrosoft365サイトにログインします。
    https://www.outlook.com/ehime-u.ac.jp
  2. Outlook画面が表示されたら左上のアプリメニューをクリックします。
  1. OneDriveのアプリに切り替えます。
ファイルをアップロードする
  1. アップロード用の新規フォルダを作成します。
    「+新規」メニューから「フォルダ」をクリックします。
  1. フォルダ名を入力して「作成」をクリックします。
    ここでは「動画教材」としていますが,何でも構いません。
  1. フォルダが作成されますので,クリックしてフォルダの中に入ります。
  1. アップロードするファイルを画面内にドラッグして離します。
    アップロード処理が進んで完了するのを待ちます。
共有リンクを作成する(大学ユーザが全員表示できる方法)
  1. 共有したいファイルのファイル名の後ろにあるをクリックして,「共有」をクリックします。
  1. 初期値では「リンクを知っている愛媛大学のユーザ−が編集できます」になっています。
    この部分をクリックして権限を変更します。
  1. 「リンクを知っている愛媛大学のユーザー」の設定は変わらず,「編集を許可する」のチェックボックスをオフにします。これで閲覧権限のみのリンクを作成できます。
  1. 表示権限のみに変更されたのを確認し,「リンクのコピー」をクリックします。
  1. クリップボードに表示用のURLがコピーされましたので,Moodleの授業コンテンツ内にリンクとして貼り付けて利用してください。または直接学生宛に就学支援システムからメールでURLを送っても構いません。

以上です

Moodleの利用方法はマニュアルを御覧ください。