市民公開講座 ~気づかない肝炎・肝がんを撲滅しよう~を開催しました。

平成29年11月19日(日曜日)にホテルマイステイズ松山にて市民公開講座を開催しました。

 

共催いただいた愛媛新聞社様の全面的な御協力により、会場がほぼ満席となる方々に参加いただきました。

 

まず、肝疾患診療相談センター長の日浅先生から、愛媛県における肝疾患の状況、センターで行っている啓発活動について、またB型肝炎についてお話がありました。愛媛県では肝がんの死亡率が高く、最新の2016年のデータでは全国ワースト1となってしまったという衝撃の内容から始まりました。B型肝炎については感染経路についてなど基本的なお話から治療、ワクチンについてまで幅広い内容のお話でした。

 

続いて渡辺先生から、C型肝炎について話がありました。C型肝炎に対する内服薬治療の愛媛県における治療成績、治療を行うときの注意点などについて話がありました。副作用が少なく、高率にウイルスを排除でき、70歳、さらには80歳以上の高齢な方でも治療が可能である。C型肝炎撲滅に向けて、検査を受けたことのない方は検査を受け、C型肝炎を放置している方は積極的に治療を受けてほしいとのことでした。

 

休憩をはさみ、済生会松山病院の宮岡院長から糖尿病・肥満と肝臓癌についてお話がありました。普段、病院で検査される血糖値についての理解の仕方から始まりました。続いて脂肪肝の治療 (特に減量とそのコツ)、脂肪肝と肝臓がんとの関係などについて、お得意のダジャレで大爆笑を誘いながらのお話でした。

 

 

最後に廣岡先生から「これから大きく変わる肝がん治療」というタイトルでお話がありました。2017年に改定された肝癌診療ガイドラインに沿い、RFA治療、これからどんどん進化することが予想される分子標的薬治療、進行例に対する微小球状塞栓物質 (DEB)についてなど詳しく話されました。

 

Q and Aコーナーは前回好評であったため、今年は40分としっかり時間を設けて行いました。非常に多数の質問があり、最後はそれでも時間が足りなくなるほどでした。

 

 

最後になりましたが共催いただいた愛媛新聞社様、後援いただいたウィークリーえひめリック様、御協力誠にありがとうございました。

愛媛県が無料肝炎ウイルス検査を実施します。

愛媛県が、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスによる肝炎の早期発見のため出張肝炎ウイルス検査を実施します。検査は無料で下記の日程で行われ先着それぞれ100名ずつです。まだ肝炎ウイルス検査を受けたことがない方はこの機会にぜひ検査を受けましょう。

 

  1. 11月2日 AM9:00~PM4:00 エミフルMASAKI 1階エミフルホール
  2. 11月12日 AM10:00~PM2:00 イオンモール今治新都市2階イオンモール

 

このことは愛媛新聞にも掲載されました。

 

第3回 肝臓病教室を開催しました。

10月10日 (火)に第3回肝臓病教室を愛媛大学医学部附属病院にて行いました。

 

愛媛大学医学部附属病院では、肝臓疾患に興味のある方、家族の方々を対象に、肝臓病教室を開催しています。

 

今回は第3回目で、「C型肝炎のインターフェロン治療~ウイルスが消えた後に気をつけること~」

というタイトルでDAA治療によりウイルスが消えた後も肝がんが発症することがなくなるわけではないので、画像検査、血液検査などのため定期的な通院を続けることが必要であることをお話ししました。

 

約10名の方に参加いただき、上記について肝疾患診療相談センター医師の渡辺崇夫よりお話しさせていただいた後、後半には栄養部より肝疾患の栄養療法・運動療法についてお話しがありました。

 

ご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。

 

愛媛大学医学部附属病院 肝疾患診療相談センターは、今後も肝臓病教室をとおして、患者さんおよび家族の方々の疑問、リクエストにお答えしたいと思っています。何かテーマに取り上げてほしい話題がありましたらお声がけいただければと思います。

 

次回は平成29年11月8日に、愛媛大学医学部附属病院 外来棟3階栄養指導室にてセンター医師の小泉洋平先生より進歩する肝臓の画像検査についてお話しがある予定です。

 

院内、院外の患者さんも含めて、参加希望のある方は、肝疾患診療相談センター(Tel: 089-960-5955)にご相談ください。

 

日本肝臓学会市民公開講座を開催しました。

7月30日にホテルマイステイズ松山にて日本肝臓学会市民公開講座を開催しました。

今回は、猛暑の中82名の方々に参加をいただきました。どうもありがとうございました。

 

会長の阿部先生のあいさつのあと、日浅先生から最新のC型肝炎についての話がありました。最近のC型肝炎治療の成績は目覚ましいため、治療を受ければ治ります。肝炎検査をうけずに検査を機会を逃すことは絶対にやめましょうと力説されました。

次に道堯先生からB型肝炎の話がありました。B肝炎ウイルスの遺伝子型と人類のグレートジャーニーの関連のお話は圧巻でした。

栄養部の竹島先生は肝疾患と食事についてのお話があり、毎日の食事について意識してみようと呼びかけました。

休憩の後、阿部先生から自己免疫性肝疾患について、難しい内容を分かりやすく解説していただきました。特に女性では決してまれな病気ではないと話されました。

次に上甲先生から肝癌の内科的治療について動画を交えてお話しがありました。ごく最近の話題についても触れられ、進歩の著しさを実感しました。

最後に高田先生から肝癌の外科治療についてお話があり、肝移植という最後の砦のような高度な医療が愛媛県で受けられることに患者様は心強く感じたことでしょう。

閉会のあいさつとして日本肝臓学会顧問の箱守様よりお言葉をいただきました。日浅先生と同様、治療がよくなっている今こそ、肝炎ウイルス検査を受ける重要性を強調されました。

協賛いただいた愛媛県、愛媛県医師会、愛媛新聞社、協会けんぽ愛媛支部の皆様に感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

「街頭キャンペーン2017」を行いました。

今年も肝疾患啓発運動として7月29日に6回目となる街頭キャンペーンを行いました。

 

場所は昨年と同様、伊予鉄高島屋前の坊ちゃん広場周辺で行いました。毎年のことながら猛暑の中たくさんの方々に参加いただきました。参加してくだる皆様も増えてきて年々盛り上がってきているようだと複数の方からお褒めの言葉をいただいております。大学からは肝疾患診療相談センター、看護部 (消化器疾患病棟、内科外来)、総合診療サポートセンター、栄養部から参加していただきました。大学外からは愛媛県健康増進課、全国健康保険協会 (協会けんぽ)愛媛支部、松山市保健所、愛媛新聞、さらには患者さんたちにも参加していただきました。

またえひめ国体の準備で多忙の中、昨年同様、みきゃん、ダークみきゃんもかけつけてくれました。もちろん愛媛大学医学部附属病院からあいちゃん、だいちゃんも参加です。

 

また今年は初の試みとして愛媛県の協力により、坊ちゃん広場に近い「ギャラリー黒猫」にて無料肝炎ウイルス検査と相談を行いました。開始前から並んでくださっていた方もおられ、全部で39名の方々が受検されました。

 

*7月28日は、世界保健機構(WHO)がウイルス性肝炎のまん延防止と差別・偏見の解消を図ることを目的として世界肝炎デーに制定しました。日本でも厚生労働省が、同日を日本肝炎デーと定め、肝炎デーを含む1週間を肝臓週間として肝疾患に関する正しい知識の普及と予防の重要性を知っていただくための啓発活動の強化期間としています。今年も7月28日にはいよてつ高島屋のくるりんと松山城が肝炎デーのシンボルカラーであるライトブルーにライトアップされました。

肝炎の街頭キャンペーンおよび無料肝炎ウイルス検査・相談のお知らせ

2017年7月29日 (土) 14:00~16:00に銀天街出入り口 (坊ちゃん広場)にて肝炎に関する街頭キャンペーンを行います。

また当日、ギャラリー黒猫 (松山市湊町5-4-10)にて無料肝炎検査 (血液検査のみ)と肝炎に関する相談を行います。

申し込みはキャンペーンの現地で先着100名様といたします。
今までに肝炎ウイルス検査を受けた記憶のない方はこの機会をぜひご利用ください。
お待ちしております。

「健康フェスタinえひめ2017」にて無料肝炎相談、無料肝炎ウイルス検査を行いました

7月1日 (土)と2日 (日)にアイテムえひめで「健康フェスタinえひめ2017」(主催:株式会社レデイ薬局)の中で、肝疾患診療相談センターでは、愛媛県健康増進課の皆様と無料肝炎相談、無料肝炎ウイルス検査を行いました。

 

肝炎、肝がん撲滅を目指して、厚生労働省は肝炎総合対策推進国民運動として「知って、肝炎プロジェクト」を全国で展開しています。愛媛県は肝がん死亡率が全国の中でも高い県として推移しており、今年度、「知って肝炎プロジェクト」での集中的に広報する県として指定されました。今回のイベントはその第1弾として、「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター SOLIDEMO 中山優貴氏をお招きし、愛媛県、レデイ薬局、南海放送のご協力を得て、「健康フェスタinえひめ2017」の中で、啓発活動として行われました。

愛媛県の中村時広知事はオープニングセレモニーで登壇され、「愛媛県は肝がんの死亡率が全国的にも高い状態が続いており、また肝炎検査の受検者数も少ない状況です。肝炎は症状がありませんが、血液検査で分かります。肝炎に関することをこのイベントを通して多くの方に知っていただき、ぜひこの機会に肝炎ウイルスの検査を受けて下さい。」と肝炎の現状と対策について、的確な、すばらしい啓発のお言葉をいただきました。

また「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター SOLIDEMO 中山優貴氏は、「まずは肝炎に関することを多くの方に知ってほしいです。肝炎はかかっていても分からないので、自分の体を自分で守るためにもぜひ検査を受けてください。」と挨拶され、さわやかな笑顔とともに、特に若い世代に肝炎を知って欲しいと呼びかけました。

「健康フェスタinえひめ2017」は2日間で2万人ほどが来場したビッグイベントでしたが、肝炎のブースにもたくさんの方々に来ていただき1日200名、2日間で合計400名の方が無料肝炎検査を受けられました。

4-5月の就労相談窓口開設日のお知らせ

平成29年4月、5月の就労相談開催日が決定しましたのでお知らせします。

4月

5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)

5月

10日(水)、17日(水)、24日(水)、31日(水)

予約方法:

〇愛媛大学病院通院中の方

主治医もしくは内科受付で予約をとることができます。

〇他の医療機関に通院されている方

下記の連絡先に問い合わせの上、予約をお願いします。

愛媛大学医学部附属病院肝疾患診療相談センター

089-960-5955(午前9時~午後4時)

 

12-1月の就労相談窓口開設日のお知らせ

平成28年12月、平成29年1月の就労相談開催日が決定しましたのでお知らせします。

12月

7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(金)

1月

11日(水)、18日(水)、27日(金)

予約方法:

〇愛媛大学病院通院中の方

主治医もしくは内科受付で予約をとることができます。

〇他の医療機関に通院されている方

下記の連絡先に問い合わせの上、予約をお願いします。

愛媛大学医学部附属病院肝疾患診療相談センター

089-960-5955(午前9時~午後4時)

 

 

市民公開講座を開催しました

平成28年11月20日(日曜日)

松山市総合コミュニティーセンターで市民公開講座を行いました。

180名の方に参加をいただき、ありがとうございました。

img_0191

肝疾患診療相談センター長の日浅先生から、肝炎をとりまく社会的な状況とB型肝炎についての話がありました。愛媛県では肝がんの死亡率が高いことから始まり、10月から定期接種としてB型肝炎ワクチンの接種が始まったことや、B型肝炎訴訟についての話題についても話していただきました。

次に、徳本先生からC型肝炎の経口治療について、治療を受けた方にしめる70歳以上の割合が増加していること、副作用で中止する割合も1%程度で安全に治療できるようになったことについて話がありました。今後は、確実にウイルスを消せるように、個々の患者さんにあった治療法を肝臓の専門医と選んでいく必要があり、治療が終わった後も肝がんのチェック目的に定期的な検査を行っていくことを忘れないで欲しいということでした。

休憩を挟んで、済生会松山病院の宮岡弘明院長から「糖尿病と脂肪肝は肝臓がんになりやすい」とのタイトルで講演をいただきました。栄養と肝臓は大きなつながりがあります。なぜ肝がんができやすいのかについて糖尿病と脂肪肝の成り立ちから分かりやすく、時にはジョークも交えながら講演をいただきました。2016-11-20-1-19

 

最後に廣岡先生から肝がん治療の最先端について話してもらいました。廣岡先生方の開発した、肝がん治療支援システムについての話題や、肝がんのカテーテル治療も、どんどん負担が少なく効果の高い方法へと変わりつつあることを教えてもらえました。また、重粒子線や分子標的治療など新しい治療の開発状況についても講演していただきました.

Q and A コーナーでは、たくさんの質問をいただきました。時間が限られており、半分以上の方の質問には答えることができず残念でした。今回はB型肝炎に関する質問が多かったのが印象的です。機会があれば、他の質問についてもホームページ上でお答えしていきたいと思います。2016-11-20-2-42016-11-20-2-2

最後に共催の愛媛新聞社の皆さん、後援の愛媛県、愛媛県医師会、全国健康保険協会愛媛支部,ウィークリーえひめリックの方々、ご協力ありがとうございました。