世界肝炎デー 「くるりん」ライトアップ

7月28日は世界肝炎デー、日本肝炎デーでした。

新型コロナウイルスに関連して、例年通りの肝炎に関する啓発活動が難しい状況が続いています。
そのような中、いよてつ高島屋様のご協力のもと、18~21時にかけて「くるりん」のライトアップを実施することができました。雨まじりの天候でしたが、遠くからも「くるりん」がスカイブルーに美しく輝いているところが見えました。ご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか。

本日付の愛媛新聞にも肝炎デー、ライトアップに関する記事が掲載されています。

10月頃には日本肝臓学会 肝がん撲滅運動市民公開講座を行いたいと思っております。
開催の概要が決まりましたら、ホームページでもお知らせします。今しばらくお待ちください。

今年も世界肝炎デーに合わせていよてつ高島屋「くるりん」をスカイブルーにライトアップします。

世界肝炎デー及び日本肝炎デーの7月28日を中心に、毎年街頭キャンペーンはじめ肝炎撲滅に対する集中的な普及啓発を行っていますが、今年度は新型コロナ禍で街頭キャンペーンはじめ様々な啓発活動が延期または中止となりました。その中で㈱伊予鉄グループのご協力により、以下の日程でいよてつ高島屋「くるりん」をスカイブルーにライトアップして啓発を行う事となりました。

日時:2020年7月28日(火)18:00~21:00
場所:いよてつ高島屋屋上「くるりん」

令和元年度愛媛県肝炎医療コーディネーター養成講習会を開催しました。

愛媛県では平成27年から肝炎医療コーディネーターの養成を開始しています。昨年度までにすでに200名以上の方が肝炎医療コーディネーターとなり、様々な場で活躍中です。
 今年度も愛媛県肝炎医療コーディネーター養成講習会を下記3会場で開催しました。

中予地区 令和元年 11 月 26 日(火)13:00~17:00
愛媛大学医学部 基礎第三講義室
東予地区 令和元年 12 月 17 日(火)13:00~17:00
愛媛県総合科学博物館 第一研修室
南予地区 令和2年1月9日(木)13:00~17:00
愛媛県歴史文化博物館 第二研修室

 今年度はプログラムに肝炎医療コーディネーター活動の具体例を盛り込みました。看護師について井上相談員が愛媛大学医学部附属病院における取組みを発表しました。愛媛県では肝炎医療コーディネーターの認定を受けた薬剤師が増加しており、薬剤師の取組みについて中予では愛媛大学医学部附属病院薬剤部 越智理香先生、東予では済生会西条病院薬局長 浅川隆重先生、南予では市立宇和島病院薬局 大西由利子先生に講演いただきました。
 また南予では市立宇和島病院の多田藤政先生に肝がんの治療についてお話しいただきました。

今年度からは愛媛県肝炎医療コーディネーターの認定を受けている方に対して、養成講習会の終了後に連絡会議を実施し、活発な議論がありました。この連絡会議は、認定期間の満了前3年の間に、養成講習会及び連携会議の両方を受講、もしくはその他県が認める研修会を受講することで認定の更新が可能となります。来年度以後も実施する予定であり、肝炎医療コーディネーターの皆様の出席をお待ちしております。

今年度も多数の皆様が参加され、新たに100名近い愛媛県肝炎医療コーディネーターが誕生しました。今後は地域毎の連携など、活動しやすい環境作りを進めて行きたいと思います。
参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。今後の活躍を心より期待しております。



令和元年度愛媛県肝疾患コーディター養成講習会のお知らせ

日本肝臓学会市民公開講座を開催しました。

2019年7月28日にホテルマイステイズ松山にて日本肝臓学会市民公開講座「肝がん死亡率が最も高い愛媛県ー県民救出大作戦!ー」を開催しました。昨年度は台風が心配される状況での開催で、参加を予定していただいていた皆様にはご迷惑をおかけしましたが、今年は天気にも恵まれ、100人近くの方々に参加いただきました。渡辺の挨拶のあと、「講演1.肝炎検査を受けようー県民の皆様をC型肝炎から守るためにできることー」で渡辺が、C型肝炎の治療についてお話ししました。続いて「講演2. まだまだ未解決の肝臓の病気(B型肝炎、脂肪肝、アルコール性肝疾患)」で日浅教授より、B型肝炎の考え方から脂肪肝まで様々な肝臓の病気について話されました。「講演3. 肝臓癌の治療を極める」では廣岡先生より、肝がん治療の歴史から最新治療まで非常に分かりやすくお話しされました。「講演4. 肝炎患者さんの医療費負担軽減のための制度について」では徳本先生より、多数ある肝炎患者様のための助成制度などについて詳しくお話しされました。ミニコーナーでは恒例の栄養部による肝臓にやさしいデザートについてのお話し、さらに患者様をサポートする肝炎医療コーディネーターの活動について井上さんよりお話しがありました。

以上のように盛りだくさんな内容で、最後の質問コーナーでも多数の質問があり大変盛り上がりました。

会の開催にあたり、準備から開催まで御尽力いただいた栄養部の皆様、後援いただきました愛媛新聞社、全国協会けんぽ愛媛支部の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

「街頭キャンペーン2019」を開催しました。

今年も肝炎啓発運動として、7月27日に街頭キャンペーンを行いました。

 

昨年同様、坊ちゃん広場周辺で行いました。本格的な猛暑の中での開催となりました。大学からは肝疾患診療相談センター、看護部 (消化器疾患病棟、外来)、総合診療サポートセンター、栄養部から参加していただきました。大学外からは愛媛県健康増進課、全国健康保険協会 (協会けんぽ)愛媛支部、松山市保健所、愛媛新聞、さらには患者団体の方たちにも参加していただきました。また今年度は、当院薬剤部、さらに院外の薬局の薬剤師の方々にも20人以上初参加していただいたこともあり、参加人数は歴代最大で80人近くとなりました。
また、愛媛大学医学部附属病院のマスコット、あいちゃん・だいちゃんに加え、みきゃん, こみきゃんも参加してくれました。こみきゃんは初参加でしたが、ものすごい人気で、常に子供たちにかこまれていました。
参加いただいた皆様で、パンフレットやうちわを配り、肝炎検査の重要性について訴えました。
また、愛媛大学医学部附属病院のマスコット、あいちゃん・だいちゃんに加え、みきゃん, こみきゃんも参加してくれました。こみきゃんは初参加でしたが、ものすごい人気で、常に子供たちにかこまれていました。
参加いただいた皆様で、パンフレットやうちわを配り、肝炎検査の重要性について訴えました。

また今年度も愛媛県の協力により、大街道の「てくるん」にて無料肝炎ウイルス検査と相談も行いました。

キャンペーンに参加いただいた皆様、準備に奮闘してくれたスタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました。

 


 

街頭キャンペーンおよび無料肝炎ウイルス検査・相談についてのお知らせ

世界肝炎デーの街頭キャンペーンを行います。また同時に下記のように無料肝炎ウイルス検査・相談も行います。まだ肝炎ウイルス検査を受けたことがない方はこの機会をぜひご利用ください。

★街頭キャンペーン
日時:2019年7月27日(土)14:00~16:00
場所:いよてつ髙島屋前 銀天街入口 (坊ちゃん広場)

★無料肝炎ウイルス検査及び相談
日時:2019年7月27日(土)14:00~16:00
場所:「松山・大街道のまちなかコミュニティスペース てくるん」 
    (松山市大街道1丁目5番地10 松山第2佐々木ビル1階)

7月28日 (日)に日本肝臓学会市民公開講座を行います。

a>2019年7月28日 (日) 13時30分からホテルマイステイズ松山にて日本肝臓学会市民公開講座を行います。今回はC型肝炎、B型肝炎、脂肪肝、アルコール性肝疾患、肝臓癌など盛りだくさんな内容でお送りします。また治療を受けるにあたって患者様の医療費負担軽減のために利用できる各種制度についてもお話しします。また栄養部から肝臓にやさしいデザートのレシピについてのワンポイント講座もあります。参加は無料です。
多数の方々のご参加を是非ともお待ちしております。

健康フェスタ in えひめ2019にて無料肝炎ウイルス検査を行いました。

2019年7月6日 (土)、7日 (日)に行われた健康フェスタ in えひめ2019(株式会社レデイ薬局主催)にて、愛媛県健康増進課の御協力により今年も、無料肝炎ウイルス検査・肝炎相談を行いました。多くの方々が来場され、2日間で用意していた計400人の方々が検査を受けられました。
肝炎相談は、当センター医師の他、おおの内科消化器科の大野尚文院長にも御協力いただきました。どうもありがとうございました。

日本肝臓学会市民公開講座を開催しました。

2018年7月29日にホテルマイステイズ松山にて日本肝臓学会市民公開講座「肝臓病について学ぼう!肝臓を守るためにできること」を開催しました。台風が直撃している中での開催でしたので、参加者はさすがに少なめでしたが、無事に開催することができました。
渡辺の挨拶に続き、「1. C型肝炎の最新治療」について渡辺が講演しました。最新の内服治療についてに加え、治療終了後の経過観察の必要性についても強調しました。続いて日浅陽一教授より「2. B型肝炎の最新治療」について、現在行われているB型肝炎の治療のみならずワクチンに関してのお話しもありました。「3. 肝疾患・肥満と栄養」では松浦文三先生より、肥満症の頻度や合併症・予防法について、さらに治療については内科的な治療から最近行われている外科的治療についても詳しくお話しがありました。栄養部より「肝臓にやさしいデザートのレシピ」についての紹介、休憩のあと、「4. 日常生活に潜む肝障害」について吉田理先生が講演されました。アルコールによる肝障害に加え、食べ物・あるいは健康食品による肝障害などのお話しがあり、初めて聞く話しが多く興味深かったという感想が多く聞かれました。最後に「5. 肝臓癌の治療について」では廣岡昌史先生より肝臓癌の、他の癌にはない特徴や治療法について、さらには治療後の再発予防についてまで大変わかりやすくお話しされました。
会の開催にあたり、準備から開催まで御尽力いただいた栄養部の皆様、後援いただいた愛媛新聞社、全国協会けんぽ愛媛支部の皆様に心より感謝申し上げます。


 

「街頭キャンペーン2018」を行いました。

 

 

今年も肝疾患啓発運動として7月29日に7回目となる街頭キャンペーンを行いました。

 

場所は昨年と同様、伊予鉄高島屋前の坊ちゃん広場周辺で行いました。今年は台風12号の影響で開催できるか前日まで心配していましたが、当日になってみると雨風は全くなく、毎年同様に猛暑の中での開催となりました。大学からは肝疾患診療相談センター、看護部 (消化器疾患病棟、内科外来)、総合診療サポートセンター、栄養部に参加していただきました。大学外からは愛媛県健康増進課、全国健康保険協会 (協会けんぽ)愛媛支部、松山市保健所、愛媛新聞、さらには患者団体の方たちにも参加していただきました。参加いただいた皆様で、ビラやうちわを配り、肝炎検査の重要性について訴えました。

また今年度も愛媛県の協力により、坊ちゃん広場に近い「ギャラリー黒猫」にて無料肝炎ウイルス検査と相談も行いました。

 

キャンペーンに参加いただいた皆様、準備に奮闘してくれたスタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました。