南予で肝炎医療コーディネーター講習会を開催しました

2016年12月22日、愛媛県南予地方局八幡浜支局で南予地区の肝炎医療コーディネーター講習会を開催しました。保健師、看護師など11名が参加し、コーディネーターがなぜ必要か、そして治療の進歩について知識を深めていただきました。

今回は市立宇和島病院食養科の山崎 幸先生から肝疾患の栄養についてお話をしていただきました。肝疾患では鉄を取り過ぎないように指導することがありますが、肝臓にいいと思われているウコンには鉄が多いということを知りました。また,同院の木阪吉保先生からは肝がんの診断と治療について分かりやすく説明していただきました。南予では症状がでてから受診して、進行したがんが見つかることが、まだまだ多いようです。コーディネーターの皆さんの活躍が期待されます。

今年度の講習会はあと1回を残すのみです。

中予地区で1月30日に東温市の愛媛大学医学部で開催予定です。

 

 

 

 

東予地区で肝炎医療コーディネーター講習会を開催しました

2016年12月15日、愛媛県東予地方局で今年初めての肝炎医療コーディネーター講習会を開催しました。保健師、薬剤師など16名が参加し、コーディネーターがなぜ必要か、そして治療の進歩について知識を深めていただきました。

東予地区は島嶼部など日本肝臓学会の専門医が周囲にいない地域が散見されます。そのため、肝炎医療コーディネーターの必要性が高い地域だとも考えられます。今後の活躍をよろしくお願いいたします。

今週は12月22日に八幡浜市で南予地区の講習会です。市立宇和島病院の木阪吉保先生から肝硬変、肝がんのお話、食養科の山崎 幸先生から肝臓と栄養についてのお話もいただける予定です。

 

平成28年度愛媛県肝炎医療コーディネーター養成講習会の実施について

愛媛県は肝がん死亡率が全国平均よりも高く、2014年の肝がん年齢調整死亡率(75歳未満)は全国ワースト1という不名誉な状況です。肝がんの多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染が原因であることが分かっていますが、肝炎ウイルスに感染していることを知らない、知っていても専門医療機関に受診していない方々が多数いると推測されます。

愛媛県の肝がん死亡率を改善し不名誉な状況を挽回するためには、医療従事者が肝炎に関する正しい知識を把握し、それを元に患者に啓発する必要があります。また、進んだ取り組みや最新の治療に関する情報を均てん化することで、レベルの底上げをする必要があります。さらに、保健師、看護師の方々には肝炎ウイルス検診の受検と、早期発見、そして受診、受療に繋げる流れを作るための県民、患者への窓口としての適切な活動を行う体制づくりが求められています。

肝炎対策基本指針においてもコーディネーターの養成と活用が求められており、愛媛県でも平成27年度から「愛媛県肝疾患コーディネーター」の養成を開始しました。平成28年の肝炎対策基本指針改正で,「肝炎医療コーディネーター」に呼称が変更されたため、愛媛県でも「愛媛県肝炎医療コーディネーター」に呼称の変更を行いました。現在38名のコーディネーターが活躍中です。

「愛媛県肝炎医療コーディネーター」の認定は、愛媛県保健福祉部長と肝疾患診療相談センター長の両名が行います。また,資格については更新制であり、今回は平成30年度末までの認定期間となります。

下記の如く,開催させていただきたいと存じますので、ご参集のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

平成28年度愛媛県肝炎医療コーディネーター養成講習会実施要項

プログラム(予定):

 ①肝炎対策基本法と肝疾患拠点病院

   肝疾患診療相談センターの取り組みと現状について

   求められる肝疾患コーディネーター像とは

 ②ウイルス肝炎の現状と最新治療の情報(B型肝炎ワクチンを含めて)

 ③肝硬変と肝細胞癌

 ④肝疾患患者に対するケア

 ⑤愛媛県における肝疾患対策 —行政の立場より

 ⑥確認のテストとアンケート、研修内容の復習

 ⑦認定証交付

東予地区:   

 平成28年12月15日(木)14:00-17:00(開場13:30)

 愛媛県東予地方局(西条庁舎)2階 健康増進室

 793-0042 西条市喜多川796-1

南予地区:   

 平成28年12月22日(木)14:00-17:00(開場13:30)

 愛媛県南予地方局八幡浜支局 7階 中会議室

 796-0048 八幡浜市北浜1-3-37

中予地区:  

 平成29年1月30日(月)14:00-17:00(開場13:30)

 愛媛大学医学部第2ゼミナール室

 791-0295 東温市志津川

対象: 保健師、看護師、薬剤師、介護士、医療施設の事務職、医師,健康管理担当者など肝疾患に関係する立場にある者。新規,更新については問いません。

受講料: 無料

交通費: 受講者負担

定員: 各30名(定員になり次第締切)

申し込み :

 平成27年12月5日(月)締め切り

別紙様式により愛媛大学医学部附属病院肝疾患診療相談センターまで郵送またはFAXにて申し込みください。(保健師については健康増進課への申し込みでも可)

平成28年度愛媛肝炎医療コーディネーター申し込み用紙

 

市民公開講座を開催しました

平成28年11月20日(日曜日)

松山市総合コミュニティーセンターで市民公開講座を行いました。

180名の方に参加をいただき、ありがとうございました。

img_0191

肝疾患診療相談センター長の日浅先生から、肝炎をとりまく社会的な状況とB型肝炎についての話がありました。愛媛県では肝がんの死亡率が高いことから始まり、10月から定期接種としてB型肝炎ワクチンの接種が始まったことや、B型肝炎訴訟についての話題についても話していただきました。

次に、徳本先生からC型肝炎の経口治療について、治療を受けた方にしめる70歳以上の割合が増加していること、副作用で中止する割合も1%程度で安全に治療できるようになったことについて話がありました。今後は、確実にウイルスを消せるように、個々の患者さんにあった治療法を肝臓の専門医と選んでいく必要があり、治療が終わった後も肝がんのチェック目的に定期的な検査を行っていくことを忘れないで欲しいということでした。

休憩を挟んで、済生会松山病院の宮岡弘明院長から「糖尿病と脂肪肝は肝臓がんになりやすい」とのタイトルで講演をいただきました。栄養と肝臓は大きなつながりがあります。なぜ肝がんができやすいのかについて糖尿病と脂肪肝の成り立ちから分かりやすく、時にはジョークも交えながら講演をいただきました。2016-11-20-1-19

 

最後に廣岡先生から肝がん治療の最先端について話してもらいました。廣岡先生方の開発した、肝がん治療支援システムについての話題や、肝がんのカテーテル治療も、どんどん負担が少なく効果の高い方法へと変わりつつあることを教えてもらえました。また、重粒子線や分子標的治療など新しい治療の開発状況についても講演していただきました.

Q and A コーナーでは、たくさんの質問をいただきました。時間が限られており、半分以上の方の質問には答えることができず残念でした。今回はB型肝炎に関する質問が多かったのが印象的です。機会があれば、他の質問についてもホームページ上でお答えしていきたいと思います。2016-11-20-2-42016-11-20-2-2

最後に共催の愛媛新聞社の皆さん、後援の愛媛県、愛媛県医師会、全国健康保険協会愛媛支部,ウィークリーえひめリックの方々、ご協力ありがとうございました。

祝 肝疾患就労相談窓口開設2周年   

愛媛大学医学部附属病院では肝疾患に特化した就労相談を行っています。

平成26年10月に内科外来の診察室をお借りし、愛媛社会保険労務士会の社会保険労務士の全面協力の下で産声を上げました。この9月で丸2年が経過し、3年目へと突入しました。

9月末までの2年間で延べ127名の方に就労相談を受けていただけました。職業も自営業の方から、これから就職を考えておられる方まで様々ですし、年齢も10代から70代まで幅広い世代にわたっていました。職場の理解も十分にある場合もあれば、居づらい雰囲気の中で仕事をされている場合もあります。

職場でも医療機関でも相談できないという方は実際多数おられると思います。愛媛大学病院を受診している方だけでなく、他の医療機関に通院されている方でも無料で就労相談を受けることができます。事前に予約できますので、肝疾患診療相談センター(089-960-5955)までお気軽にお問い合わせ下さい。

これからも、一人でも多くの肝疾患患者さんが就労上の不安を持たずに仕事ができるように微力ながらお手伝いさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

7月31日 市民公開講座を開催しました

 

7月31日(日)13時30分から16時30分まで、日本肝臓学会「肝がん撲滅運動」市民公開講座を開催しました。プログラムはまず第1部として栄養部の利光久美子先生から肝臓のための栄養について、第三内科 三宅映己先生からメタボと肝臓について。第2部として松山赤十字病院の真柴先生からB型肝炎との付き合い方、日浅先生からC型肝炎の新しい治療について、最後の第3部では愛媛県立中央病院の平岡先生から肝がんの内科的治療、肝胆膵・乳腺外科の藤山先生から肝臓に対する外科治療として肝臓移植を中心とした講演がありました。

市民公開講座2016-1

例年、管理栄養士さんが体にやさしいスイーツを提供してくれます。今年は愛媛県特産のキゥイを使用しており、甘いものが苦手な人も食べやすいスイーツでした。

C型肝炎の治療が急速に進歩していることもあり、治療に成功した方が急増しています。そのため、参加者が少ないのではないかと心配していましたが、130名を超える参加をいただき、最後まで熱心に聞いていただけました。

このような会に参加していただくことで、肝臓の病気についての偏見、治療への不安などを少しでも解きほどくことができればうれしく思います。参加ありがとうございました。

7月31日市民公開講座開催のお知らせ(第3回)

市民公開講座のお知らせです。

平成28年7月31日(日曜日)13時半からホテルJALシティ松山で市民公開講座を行います。

事前申し込みは不要、入場料も無料です。

お気軽にお立ち寄りください。

公開講座プログラム

 

今回は第3部の肝がんの治療についてです。

肝臓の病気を持っていると、肝がんができる可能性が高くなります。このため、一度はウイルス肝炎の検査を受けて、隠れた肝臓の病気を早期に発見できるようにおすすめしています。

では、肝がんがあると言われた時に、どうすればいいのでしょうか?がんの治療が必要と言われても、どのような治療か知らなければ怖いですね。何事も備えが大事です。万が一に備えて、ちょっとお話を聞いてみてください。

愛媛県立中央病院の平岡先生には、内科で行っている肝がん治療であるラジオ波焼灼術(RFA)についての話をしていただく予定です。RFAは条件にもよりますが、肝臓を切るのと同じくらいの効果を発揮することができる治療です。おなかを切ることなく、肝がんを治療することができる内科治療について是非聞いてみてください。

愛媛大学の藤山先生には、肝がんに対する手術についての講演をお願いしています。患者さんの負担が少ない方法がどんどん開発され、手術後の経過も徐々に改善してきているようです。また、愛媛大学では10年以上前から肝臓移植にも取り組んでおり、肝がんを含めた肝硬変に対する肝臓移植についてのお話もあるかもしれません。

 

当日は、栄養士さんが考えた体に優しい特製デザートの試食も用意しています。

ぜひ、お誘い合わせの上、参加をお願いいたします。

7月31日市民公開講座のお知らせ(第2回)

 

平成28年7月31日(日曜日)13時半からホテルJALシティ松山で市民公開講座を開催します。

事前申し込みは不要、入場料も無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。

前回は第1部の肝臓と栄養について紹介しました。

今回は第2部の「ウイルス性肝炎の最新情報」についての紹介です。

B型肝炎については松山赤十字病院の眞柴先生、C型肝炎については肝疾患診療相談センターの日浅センター長からお話を頂きます。

B型肝炎は出産時にお母さんからもらうことが多い感染症です。また、愛媛県では過去にB型急性肝炎が乳幼児に流行したことがあり、現在40歳前後になっていると推定されています。B型肝炎ウイルスは体から完全に追い出すことはできないため、どうすれば、肝臓を悪くせずに仲良くつきあっていけるかが重要です。

この数年でC型肝炎の治療は大きく変化し、飲み薬を飲むだけでウイルスが消せるようになりました。知り合いが治療を受けて、すすめてもらったという患者さんも増えてきました。ただ、お薬とウイルスの相性や、もともと服用している血圧の薬などとの飲み合わせが問題となることがあります。今までのインターフェロン治療と何がちがうのか?本当に効果があるのか?症状はないのに治療が必要なのか?皆さんが疑問に思っていることに対して、日浅センター長が分かりやすく説明します。

当日は、栄養士さんが考えた体に優しい特製デザートの試食も用意しています。試食をしたセンター員には大好評でした。レシピも配布予定ですのでお楽しみに。

お問い合わせは肝疾患診療相談センター(089-960-5955)まで。公開講座プログラム

肝がん撲滅運動市民公開講座のお知らせ

日本肝臓学会では肝がん撲滅に向けた市民公開講座を行っております。

愛媛県でも平成28年度肝がん撲滅運動市民公開講座を開催することになりました。

平成28年7月31日(日曜日)13時半からホテルJALシティ松山で開催予定です。

事前申し込みは不要、入場料も無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。

 

第1部は肝臓と栄養についてのお話です。

肝臓は糖質、脂質、蛋白質といった栄養素の合成、代謝を行っています。

そのため、メタボ(メタボリックシンドローム)と肝臓は密接な関係があります。

栄養部部長の利光先生からは管理栄養士の観点から肝臓にやさしい食事とは何かについて講演をいただきます。

三宅先生は糖尿病、代謝疾患が得意分野で主に脂肪肝の診断と治療を行っています。

 

当日は、栄養士さんが考えた体に優しい特製デザートの試食も用意していますのでお楽しみに。

 

お問い合わせは肝疾患診療相談センター(089-960-5955)まで。

公開講座プログラム

6-7月の就労相談窓口開設日のお知らせ

平成28年6月、7月の就労相談開催日が決定しましたのでお知らせします。

6月

1日(水)、10日(金)、15日(水)、22日(水)、29日(水)

7月

6日(水)、13日(水)、20日(水)、29日(金)

予約方法:

〇愛媛大学病院通院中の方

主治医もしくは内科受付で予約をとることができます。

〇他の医療機関に通院されている方

下記の連絡先に問い合わせの上、予約をお願いします。

愛媛大学医学部附属病院肝疾患診療相談センター

089-960-5955(午前9時~午後4時)

6.7月