› 
 › 
第30回黄蘭会が開催されました。
 

お知らせ

平成23年7月2日(土)に第30回黄蘭会が開催されました。

今年の黄蘭会はクールビズの試みがなされました。

15時から黄蘭会会長 坂上先生の開会の挨拶で始まりました。

教室の最近の進歩として各グループから紹介がありました。

胆・膵グループからは熊木先生、消化管グループからは池田先生、代謝グループからは松浦先生、肝臓グループからは日浅先生によって紹介されました。

今年の太田康幸賞は廣岡昌史先生が受賞されました。受賞演題は、「Mass reduction by radiofrequency ablation before hepatic arterial infusion chemotherapy improved prognosis for patients with huge hepatocellular carcinoma and portal vein thrombus.」でした。

座長は大久保啓二先生でした。

黄蘭会賞(臨床研究)は道堯浩二郎先生が受賞されました。受賞演題は、「Amino acid imbalance in patients with chronic liver diseases.」でした。

座長は大久保博忠先生でした。

黄蘭会賞(症例報告)は渡辺崇夫先生でした。受賞演題は、「Pancreatitis and cholangitis due to cytomegalovirus in a patient with hyperimmunoglobulin E syndorome.」でした。

座長は壷内栄治先生でした。

光学医療診療部長の池田宜央先生から「光学医療診療部の今後」と題して光学医療診療部長就任記念講演がありました。座長は久保義一先生でした。


医局長として今年も大活躍の熊木先生。

教授講話

特別講演として愛媛大学医学部総合臨床研修センター 教授高田清式先生から「愛媛大学医学部附属病院における臨床研修を巡って」というテーマでご教授頂きました。

第30回黄蘭会 懇親会が19時から開催されました。

太田康幸賞・黄蘭会賞(研究賞)・黄蘭会賞(症例報告)各賞の授与がおこなわれました。

事業に関する挨拶として、第十二回肝不全研究会、日本肝臓学会四国地区市民公開講座 道堯浩二郎先生・第47回日本消化器病学会市民公開講座 野中卓先生・日本肝臓学会市民公開講座:愛媛県 日浅陽一先生・第34回日本心身医学会中国・四国地方会 大中俊宏先生・第一回肥満と消化器疾患研究会 恩地森一教授から報告がありました。

今後の事業に関して、第47回日本消化器病学会市民公開講座 松浦文三先生・第96回日本消化器病学会四国支部例会 桝本俊一先生・第107回日本消化器内視鏡学会四国地方会 二宮朋之先生・第23回日本老年医学会四国地方会 川本龍一先生・日本超音波医学会四国地方会 日浅陽一先生・第98回日本消化器病学会四国支部例会 池田宜央先生から挨拶がありました。

新入会していただいた3人の先生。(左から小川明子先生・神野亜希子先生・今井裕輔先生)

今年も万歳三唱で閉会。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp