› 
お知らせ
 

11月2017

平成29年11月19日(日曜日)にホテルマイステイズ松山にて市民公開講座を開催しました。

共催いただいた愛媛新聞社様の全面的な御協力により、会場がほぼ満席となる方々に参加いただきました。

まず、肝疾患診療相談センター長の日浅先生から、愛媛県における肝疾患の状況、センターで行っている啓発活動について、またB型肝炎についてお話しがありました。愛媛県では肝がんの死亡率が高く、最新の2016年のデータでは全国ワースト1となってしまったという衝撃の内容から始まりました。B型肝炎については感染経路についてなど基本的なお話しから治療、ワクチンについてまで幅広い内容のお話でした。

続いて渡辺先生から、C型肝炎について話しがありました。C型肝炎に対する内服薬治療の愛媛県における治療成績、治療を行うときの注意点などについて話しがありました。副作用が少なく、高率にウイルスを排除でき、70歳、さらには80歳以上の高齢な方でも治療が可能である。C型肝炎撲滅に向けて、検査を受けたことのない方は検査を受け、C型肝炎を放置している方は積極的に治療を受けてほしいとのことでした。

休憩をはさみ、済生会松山病院の宮岡院長から糖尿病・肥満と肝臓癌についてお話しがありました。普段、病院で検査される血糖値についての理解の仕方から始まりました。続いて脂肪肝の治療 (特に減量とそのコツ)、脂肪肝と肝臓がんとの関係などについて、お得意のダジャレで大爆笑を誘いながらのお話しでした。

最後に廣岡先生から「これから大きく変わる肝がん治療」というタイトルでお話しがありました。2017年に改定された肝癌診療ガイドラインに沿い、RFA治療、これからどんどん進化することが予想される分子標的薬治療、進行例に対する微小球状塞栓物質 (DEB)についてなど詳しく話されました。

Q and Aコーナーは前回好評であったため、今年は40分としっかり時間を設けて行いました。非常に多数の質問があり、最後はそれでも時間が足りなくなるほどでした。

最後になりましたが共催いただいた愛媛新聞社様、後援いただいたウィークリーえひめリック様、御協力どうもありがとうございました。

CATEGORY : お知らせ 

松山赤十字病院で勤務されていた砂金 光太郎(すなご こうたろう)先生が帰局されました.砂金先生はかねてより肝臓を愛してやまないとのことで,今後は肝臓グループとして活躍してくださるとのことです.また大学院生として研究にも力をいれていくようです.皆さん応援をよろしくお願いします.

CATEGORY : お知らせ 

去る10月1日,済生会松山病院で勤務されていた宮本 裕也(みやもと ひろや)先生が大学に帰局されました.また,本日11月1日より教室でご活躍されていた近藤 賢之(こんどう たかゆき)先生が済生会松山病院に異動となりました.

当院の光学医療診療部を主体に,宮本先生,近藤先生の歓送迎会が開かれました.お二方とも今後の抱負を熱く語っておられました.ますますのご活躍を期待しております.

 

また,うっかりサプライズとして,10月に誕生日を迎えられました日浅先生と池田先生の誕生日パーティーも行われました.実はお2人は同い年であることが判明し,お互いに驚かれていました.

CATEGORY : お知らせ 

今村先生が10月26日に松本市で開催されたInternational Pancreas Research Forum (IPRF) 2017において,young investigator awardを受賞しました!おめでとうございます.

以下,今村先生からのコメントです.

 

この度、International Pancreas Research Forum (IPRF) 2017 においてyoung investigator awardに選出頂きました。

フォーラムでは、「Usefulness of laparoscopy and intraductal ultrasonography in a patient with isolated immunoglobulin G4-related sclerosing cholangitis」「A case of pancreatic cancer associated with autoimmune pancreatitis.」の2つの演題を発表してきました。最初の演題については、大野先生が論文化され、フォーラムでの発表前にClinical Journal of Gastroenterologyにacceptとなった内容となっております。大野先生も「Early pancreatic volume reduction on CT predicts relapse in patients with type 1 autoimmune pancreatitis treated with steroids」. 「Clinical features of IgG4 negative autoimmune pancreatitis.」の2演題を発表されました。

準備に大変苦労しましたが、何とか無事に(?)発表して、会場では愛媛をアピールすることができました。英語で発表ということで、ご指導して頂いた熊木先生には大変お世話になりました。また、胆膵グループの先生方にサポート頂き、多くの先生方にもご指導頂きました。この場をかりて厚く御礼申し上げます。

これからも胆膵グループの先輩方の背中を追いかけて頑張りたいと思います。

 

CATEGORY : お知らせ 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp