› 
お知らせ
 

4月2016

第113回日本内科学会総会・講演会が平成28年4月15日から17日まで開催されました。

会期中に、医学部生および前期後期研修医を対象とした、「医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016東京」も併せて開催され、当科からは研修医の川上真由先生、鶴居亮輔先生、現在済生会松山病院で後期研修中の佐々木千世先生が発表しました。

naika1

会場の東京国際フォーラム、多くの研修医・指導医の先生が参加され、活発な質疑応答が交わされていました。

川上先生は、「腹腔鏡下肝生検にて診断しえたFontan 術後肝合併症(FALD)の3 例」で発表。指導は小泉(洋)先生でした。

naika2

naika5

発表前は若干緊張の色がみえましたが、いざ発表が始まると、堂々としたプレゼンテーションで、座長の東京大学 建石先生、日本赤十字社医療センター 吉田先生からの質問にも自分の言葉で答え、しっかりとした質疑応答でした。

鶴居先生は、「同時重複病変を認めた消化管MALTlymphoma の臨床的特徴と治療法についての検討」で発表。指導は山本(安)先生でした。

naika4

開始直前まで練習した成果を発揮して、スムーズなプレゼンテーションでした。座長の東京大学 平田先生、東京警察病院 小椋先生からの質問も、前日のシミュレーション通り(?)だったのか、迷いのない回答でした。

佐々木先生は「自己免疫性肝炎に合併したサイトメガロウイルス感染症の1 例」で発表。指導は小泉(洋)先生でした。

naika3

naika6

佐々木先生は昨年も、内科学会のこの会で発表されており、流石の安定感でした。発表前も一番余裕があります(笑)。質疑応答も、指導医の先生の出る幕が無く、完璧な受け答えでした。

 

川上先生と鶴居先生の発表が、優秀演題賞に選ばれ、そのまま授賞式に参加しました。

naika7

一足先に愛媛に戻られていた日浅先生も受賞報告を聞いて大喜びです。

naika8naika9

手渡される瞬間は流石に二人とも緊張していますが、、

naika10

受け取った後の鶴居先生のドヤ顔

naika11

発表が終わってホッとした表情の川上先生

川上先生からのコメントです。

このたびは、第113回日本内科学会総会・講演会の出席・発表に声をかけていただき、無事に4月16日に発表を終えてきました。
当日は緊張で周囲から心配されるほどであり、また拙い発表でしたが、有り難くも優秀演題賞をいただくことができました。私一人では決して頂けるものではなく、賞を頂けたのは偏に熱心にご指導くださったオーベンの小泉先生のおかげです。小泉先生ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

 

鶴居先生からもコメントが届いております。

まずはじめに、今回の発表に関しまして直接指導いただいた山本()先生、このような機会を与えて下さった日浅教授をはじめとした三内科の先生方に厚くお礼申し上げます。結果は素直に嬉しく思いますが、全国の同年代の方々の熱意に触れることができ自分の未熟さを痛感するとともに、大変刺激を受ける機会となりました。お世話になった先生方に少しでも早く恩返しできるよう、日々の研修をより一層頑張りたいと思います。これからもご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

 

川上先生、鶴居先生、受賞おめでとうございました。

佐々木先生も発表お疲れ様でした。

 

CATEGORY : お知らせ 未分類 

論文名:Stratification of hepatocellular carcinoma risk in primary biliary cirrhosis: a multicentre international study.

 

 

著者:Trivedi PJ, Lammers WJ, van Buuren HR, Parés A, Floreani A, Janssen HL, Invernizzi P, Battezzati PM, Ponsioen CY, Corpechot C, Poupon R, Mayo MJ, Burroughs AK, Nevens F, Mason AL, Kowdley KV, Lleo A, Caballeria L, Lindor KD, Hansen BE, Hirschfield GM; Global PBC Study Group. Collaborators: Bruns T, Li KK, Kumagi T, Cheung AC, Cazzagon N, Bianchi I, Franceschet I, Boonstra K, Imam M, Pieri G.

掲載誌:Gut. 2016; 65: 321-9.

リンク:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25567117

 

以下、熊木先生からのコメントです。

 

 

Another PBC paper into Gut!

 

またまたやりました、多国籍軍による共同研究の続報!消化器病学トップクラス(消化器関係76誌中2番目)のGutにacceptされました。

 

 

論文内容

原発性胆汁性肝硬変(原発性胆汁性胆管炎へ名称変更)の肝細胞癌合併リスク因子に関する内容です。これまでは、高齢者、男性、診断時の門脈圧亢進症(血小板減少症)または肝硬変(低アルブミン血症)などがリスク因子として挙げられていました。今回の共同研究でウルソデオキシコール酸(UDCA)による1年後の治療反応性が発癌の強いリスク因子であることが分かりました。例え病期が進行していない場合であっても、もっと早い段階、すなわち治療開始後1年において治療効果があがらない場合にはリスクとするものです。治療に反応していないと判断された場合には、別の因子(アルコール、肥満など)による影響を除外した後にUDCA増量、フィブラート、新規薬物(治験薬)などが考慮されるべきです。なお、本研究の対象者のほとんどが白人であり、研究結果がアジア人にそのまま当てはめられるかについては検討が必要です。とは言え、4,500人以上のメガ解析であり、囲い込みをしていく上では示唆に富む内容です。

 

 

稀少疾患と多施設共同研究

 

稀な慢性疾患の臨床研究ではendpointの設定が難しく、単施設では症例も少ないためになかなか物を言えません。その点を多施設共同研究が解決してくれます。

 

 

The Global PBC Study Groupではメガデータで臨床研究を推し進めており、今回の臨床研究が3作目ですが、これからも日々の診療に役に立つ情報を世界に発信して行きたいと思います。

The Global PBC Study Groupの変遷と研究成果

・トロントでの診療時代の臨床研究が火付け役となりました(Am J Gastroenterol. 2010;105:2186-94.)。

・その後、イギリス・ドイツとの共同研究に広がりました(J Hepatol. 2014;60:1249-58.)。

・さらにはthe Global PBC Study Groupへと発展し、処女作を発表しました(Gastroenterology 2014; 147: 1338-49.)。

・続報はつい最近、GLOBE score(http://www.globalpbc.com/globe)として発表されました(Gastroenterology. 2015 ;149: 1804-1812.)。本計算式はウルソデオキシコール酸(UDCA)による治療の不要な患者さん、肝移植を見据えた上で経過観察をしなければならない患者さんなど、世界中のPBC患者さんの日常診療に指針を与えるものです。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp