› 
お知らせ
 

お知らせ

松山赤十字病院で研修中の和泉翔太先生が入局されました。

以下、松山赤十字病院の上甲先生からメッセージが届いています。

和泉翔太先生、入局おめでとうございます。第3内科との縁を深めた卒業試験?がきっかけかどうかは定かではありませんが、そのころに消化器病学に進むことを決意されたようです。日赤で研修する姿を見ますと、日頃の診療や生活では、非常に腰が低く、驚くほど患者さんには丁寧で優しいのですが、自分の決めた道に貪欲に突き進む姿は、鬼気迫るものを感じます。活躍を期待しております。

左から徳本先生、日浅教授、和泉先生、上甲先生

CATEGORY : お知らせ 

愛媛県立中央病院の井上理香子先生が入局されました。

以下、県立中央病院の宮内先生からメッセージが届いております。
井上理香子先生は愛媛県立中央病院初期研修2年目の先生です。1年目に当科で研修を行った際、糖尿病・内分泌分野に大変興味を持たれたそうです。2年目も当科での長期の研修期間を選択しさらに深い研修を実践されました。わからない点や不明確な点はすすんで上級医に質問するなど、積極的に取り組まれる姿勢が大変印象深く感じられました。普段はおとなしい先生ですが熱いものを持っている先生です。3年目から地域医療に取り組まれますが、一緒に愛媛の地域医療に貢献していきましょう。いつも応援しています。今後ともよろしくお願いいたします。

愛媛県立中央病院 糖尿病・内分泌内科 宮内省蔵

左から徳本先生、日浅教授、井上先生、宮内先生

CATEGORY : お知らせ 

◆本講演はリモートによる開催となります。


〇 第4回愛媛消化管機能フォーラム代替講演会

日時:10月19日(月)   19:00~20:30 

講演Ⅰ

 『座位時間と 便 秘 の関連について』

【演者】
  愛媛大学医学部附属病院  光学医療診療部
    助教  山本 安則 先生  

講演Ⅱ

 『 ちょう きけん! 便秘 』

【演者】
  国立大学法人広島大学保健管理センター  
    准教授  日山 亨 先生  

2020年10月19日(月)愛媛消化管機能フォーラム

 

西川直輝先生が入局されました!

西川直輝先生が入局されました。

以下、1年目のオーベンだった松山赤十字病院の越智先生からメッセージが届いております。

「西川先生は研修医1年目を松山赤十字病院で研修されました。西川先生とは、今年の2月から2ヶ月間で肝胆膵内科で様々な肝胆膵疾患を一緒に診療し、手技は消化器内科の基本である上部消化管内視鏡と腹部エコーを中心にやってもらいました。無駄がなく非常に真面目に仕事をする先生です。元々消化器には興味があったので、大学に行かれて経験を重ねて消化器内科と3内科を選んでくれて、本当にありがとうございました。今後の愛媛の消化器診療を担ってくれる先生です。これから一緒に頑張っていきましょう。」

松山赤十字病院肝胆膵内科
越智裕紀

左から日浅教授、西川先生、徳本先生

CATEGORY : お知らせ 

済生会今治病院の神田正敏先生が入局されました。

以下、済生会今治病院の川崎先生からメッセージが届いております。

神田正敏先生の入局に際し一筆とのことで、簡単ではありますが紹介させていただきます。

神田先生は、新田青雲高校・愛媛大学卒業後、済生会今治病院に初期研修医として赴任されました。

地元は松山とのことですが、バスケットボール部の先輩である村上主樹先生がおられたこともあり、当院を選んでいただきました。

性格は非常に温厚で患者さんにも丁寧で優しく接する姿はとても好感がもてました。

飲みにいったり、医局旅行でスノーボードをしたのも楽しい思い出です。

消化器内科として開業されている同門のお父様の影響もあり、消化器内科にすすまれることを決めたとのことで大変うれしく思います。

今後の活躍を期待しています。

済生会今治病院 川崎 敬太郎

左から徳本先生、日浅教授、神田先生、川崎先生

CATEGORY : お知らせ 

論文名:Association between serum bilirubin and mucosal healing among Japanese patients with ulcerative colitis: a cross-sectional study
著者:Kana Shiraishi, Shinya Furukawa, Sen Yagi, Masakazu Hanayama, Kenichirou Mori, Tomoyuki Ninomiya, Seiyuu Suzuki, Katsuhisa Ohashi, Hidehiro Murakami,
Eiji Takeshita, Yoshio Ikeda, Yoichi Hiasa

以下、白石先生と古川先生からのコメントです。

白石先生より
初めての論文作成で右も左も分からない状態でしたが、日浅先生、古川先生はじめ多くの先生方にご指導をいただき論文掲載を実現することができました。日常診療で測定していたビリルビンと潰瘍性大腸炎の粘膜治癒との関連が明らかになり、あらためて観察研究の重要性を実感いたしました。論文作成にあたりご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

古川先生より
今回の論文においては白石先生の特筆すべき論文作成能力を発揮しました。論文の読み込み、検索などもあっという間に自分のものにして、過去のビリルビンに関するエビデンスをまとめたうえで、本論文を作成してくれました。
多くの疾患等でビリルビンがもつ抗酸化作用や抗炎症作用が報告されており、糖尿病の領域では腎症、網膜症などの関連が以前から報告されておりました。潰瘍性大腸炎においてもビリルビンと粘膜治癒との正の関連が確認できました。とくに間接ビリルビンはビリルビンの主たる抗酸化作用や抗炎症作用を持っており、本研究の結果も矛盾しないものと考えます。池田先生、竹下先生を筆頭とした消化管グループの先生方が作り上げたデータベースを用いて解析をさせていただきました。この場を借りて改めて感謝申し上げたいと思います。今後のさらなる研究成果の発表に尽力したいと思います。

論文の要旨
潰瘍性大腸炎患者における血清ビリルビン値と粘膜治癒との関連性

CATEGORY : お知らせ 

市立宇和島病院でご活躍中の前中輝洋先生が入局されました。

以下、市立宇和島病院の大野芳敬先生からメッセージが届いております!

祝 前中先生入局

前中先生は初期研修1年目を市立宇和島病院で研修されました。もともと消化器内科に興味があったとのことで特に内視鏡検査に対する情熱はひしひしと伝わってきました。内視鏡検査だけではなく、治療の介助なども手伝ってくれて大変助かりました。また消化器内視鏡学会の地方会では「悪性リンパ腫との鑑別を有したEpstein-Barr virus 関連 Carcinoma with lymphoid stromaの1例」を報告し最優秀演題に選出されました。その情熱に応えることができたのか不安でしたが、今回の入局に至ったこと消化器内科一同、感無量でございます。

今後は3内科の同門として共に頑張りましょう!

市立宇和島病院 消化器内科 大野芳敬

左から徳本先生、日浅教授、前中先生、奥嶋先生(市立宇和島病院で活躍したあと、大学で活躍中)

CATEGORY : お知らせ 未分類 

10月 研究会・講演会のお知らせ

◆会場開催とライブ配信を併用いたします。
〇第16回愛媛軽症糖尿病懇話会

日時:10月14日(水) 19:00~

場所:道後山の手ホテル 2階 「ヴィクトリア」

特別講演
広島大学大学院医系科学研究科 糖尿病・生活習慣病予防医学
教授  米田 真康 先生

◆ネット回線を介したサテライト講演となります。
〇UCネットフォーラム

日時:10月30日(金) 講演 19:00~19:50 質疑 19:50~20:00 

特別講演
関西医科大学 内科学第三講座
主任教授  長沼 誠 先生

【視聴用URL】
https://ssl-cache.stream.ne.jp/web/live/mochida/area/1030/index.html

 

◆本講演はネット回線を介したサテライト講演となります。


〇 UCネットフォーラム

日時:10月30日(金)  講演 19:00~19:50  質疑 19:50~20:00

特別講演

 『潰瘍性大腸炎に対する5-ASA製剤の最近の話題』

【演者】
  関西医科大学 内科学第三講座
    主任教授  長沼 誠 先生  

UCネットフォーラム
 

◆会場開催とライブ配信を併用させていただきます。


〇 第16回愛媛軽症糖尿病懇話会

日時:10月14日(水) 19:00~
場所:道後山の手ホテル 2階 「ヴィクトリア」

特別講演

 『広島発、疫学研究50年と、新たな遠隔医療への挑戦』

【演者】
  広島大学大学院医系科学研究科 糖尿病・生活習慣病予防医学
    教授  米田 真康 先生  

第16回愛媛軽症糖尿病懇話会

 

 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Department of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp