› 
お知らせ
 

お知らせ

済生会松山病院の清水嵩之先生が入局されました!

清水先生は現在済生会松山病院の内科に勤務されており,来年度からは大洲にあるご実家の病院でご活躍される予定です.

以下,清水先生より入局のコメントが届いております.

 

この度入局させていただきました清水 嵩之です。

私は大洲市出身で父が大洲市で開業医をしております。

今年で医師10年目になりますが初期臨床研修修了後、麻酔科学を3年、消化器・内分泌代謝内科学を5年と短いキャリアではありますが大洲市の医療に貢献できるよう修練を積んで参りました。来年4月からは父の病院で常勤医として勤めますが今後先生方の御指導を仰ぎながら大洲の医療を支えていきたいと考えております。

まだまだ若輩者ではありますがどうぞよろしくお願いいたします。

済生会松山病院 内科 清水 嵩之

CATEGORY : お知らせ 

今年も肝炎啓発運動として、7月27日に街頭キャンペーンを行いました。

昨年同様、坊ちゃん広場周辺で行いました。本格的な猛暑の中での開催となりました。大学からは肝疾患診療相談センター、看護部 (消化器疾患病棟、外来)、総合診療サポートセンター、栄養部から参加していただきました。大学外からは愛媛県健康増進課、全国健康保険協会 (協会けんぽ)愛媛支部、松山市保健所、愛媛新聞、さらには患者団体の方たちにも参加していただきました。また今年度は、当院薬剤部、さらに院外の薬局の薬剤師の方々にも20人以上初参加していただいたこともあり、参加人数は歴代最大で80人近くとなりました。

また、愛媛大学医学部附属病院のマスコット、あいちゃん・だいちゃんに加え、みきゃん, こみきゃんも参加してくれました。こみきゃんは初参加でしたが、ものすごい人気で、常に子供たちにかこまれていました。

参加いただいた皆様で、パンフレットやうちわを配り、肝炎検査の重要性について訴えました。

また今年度も愛媛県の協力により、大街道の「てくるん」にて無料肝炎ウイルス検査と相談も行いました。

キャンペーンに参加いただいた皆様、準備に奮闘してくれたスタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました。

CATEGORY : お知らせ 

現在,愛媛大学で研修中の島本豊伎(トヨキ)先生と村上主樹(カズキ)先生が入局されました!

期待の新人が一気に二人も入ったことで,医局はさらに活気があふれています!

今後のますますのご活躍を期待しております!

 

以下,それぞれのオーベンの先生よりコメントが届いております.

 

オーベンより一言(木阪先生→島本先生)

「おはよう、島っち。もう朝ですよ。」

「今日はとても大切な日。島っちが教授に第三内科入局の許しを頂く日だったでしょ。」

「この日のためにお前を優秀な医師に育て上げたつもりです。」

 

島っちは第三内科医局まで連れられて来た。

「ここから真っ直ぐ行くと教授室です。」

「教授にちゃんと挨拶するのですよ。さあ、いってらっしゃい。」

 

教授室で日浅教授に会う島っち。

「よくぞ来た!優秀なる木阪のコベン、島っちよ!」

「すでにオーベンから聞いておろう。そなたのオーベン木阪は重たい透視着をきて長時間ERCPを行った末に、腰を痛めてポンコツになってしまったのじゃ。」

「しかしオーベンの跡を継ぎ、消化器内科になりたいというそなたの願い、しかと聞き届けたぞ。」

「そなたならきっとオーベンの意思を継ぎ、第三内科を発展させてくれるじゃろう。」

(参考文献:ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ 改変)

 

島本先生、第三内科に入局おめでとうございます、そしてありがとうございます。

先生の冒険はまだまだ始まったばかりです。これから山あり谷あり、色々なことが待ち受けている事と思います。困った時には第三内科の仲間に相談してみてください。きっと力になってくれると思います。私生活(女性関係)で困った時には・・・助けは必要ないですね。

「島っちよ、そなたはもう十分強い!!」

 

オーベンより一言(黒田先生→村上先生)

村上先生,入局おめでとうございます.そして本当にありがとうございます.

もともと消化器内科に興味を示してくれていた先生のオーベンになると聞いたとき,先生が入局してくれなかったら自分は第三内科をクビになるのではないかと内心ヒヤヒヤしていました(笑)

病院を訪れる患者さん,またそのご家族の多くは,病気に関して不安や絶望,孤独を感じているものです.研修期間は1ヶ月しかありませんでしたが,村上先生はそのような患者さん,ご家族のところに足繁く通い,常に笑顔で接することの出来る,そしてその患者さんのために何が出来るかを真剣に考えてあげることの出来る,医師として最高の資質を持った先生だと感じました.自信を持ってこれからも頑張っていってください.

第三内科は最高に素晴らしい医局なので,先生が入局したことは人生の分岐点選択としては最高の一歩を踏み出したと確信しています.が,万が一,いや億が一,医師生活において何か不満や疑問を抱くようなことがあれば,いつでも相談に来て下さい.間違いなく何もしてあげられませんが,速やかに飲み会を開く覚悟は出来ています!何なら奥さん候補探しもお手伝いします(笑)

一緒に頑張りましょう!

CATEGORY : お知らせ 

光学医療診療部の歓送迎会が行われました!

7月25日,光学医療診療部の歓送迎会が行われました.
8月から光学診療部の癒し系こと八木専先生が,済生会松山病院に異動されることになりました.光学のメンバーが一人減ることは非常に残念ですが,7月より厚生労働省に出向されていた徳本良雄先生が戻ってこられ,先日入局された島本豊伎先生とともに新たに二人のメンバーが加わりました.

  
送別の挨拶として八木先生が挨拶されましたが,非常に感動的ないい話で,一部には涙するスタッフもいました.
八木先生お疲れさまでした!異動先での益々のご活躍を期待しています.

 

CATEGORY : お知らせ 

8月 研究会・講演会案内

〇第3回 愛媛消化器学術講演会
日時:8月22日(木) 19:00~20:30

ホテルマイステイズ松山(旧ホテルJALシティ松山) 3F 「ドゥエミーラ」 
特別講演
慶應義塾大学医学部 内科学(消化器) 
  教授 金井 隆典 先生 

 

〇第169回 愛媛消化器疾患懇話会 
日時:8月24日(土) 17:00~19:00

リジェール松山 ゴールドホール
特別講演
京都大学 消化器内科 
  教授 妹尾 浩 先生 
 

〇生活習慣病治療を考える会 
日時:8月26日(月) 19:00~20:30

ホテルマイステイズ松山(旧ホテルJALシティ松山) 3F 「ドゥエミーラ」
特別講演
愛知医科大学内科学講座 肝胆膵内科学 准教授(特任)
一般社団法人 日本医療戦略研究センター代表理事
     角田 圭雄 先生 

 

7月の研究会・講演会案内

〇愛媛消化管機能フォーラム3nd 
日時:7月30日(火) 19:00~21:00

伊予鉄会館 5階 「クリスタルホール」 
講演Ⅰ
自治医科大学医学部 外科学講座 消化器外科学部門
  教授 味村 俊樹 先生 

講演Ⅱ
東京女子医科大学 消化器内科
  教授 清水 京子 先生
 

6月 研究会・講演会案内

〇愛媛県C型肝炎フォーラム2019 
日時:6月6日(木) 19:00~20:30

ホテルマイステイズ松山
特別講演
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 顧問 熊田 博光先生
 

〇慢性便秘治療の最前線
日時:6月12日(水) 19:00~20:45

道後山の手ホテル
特別講演
川崎医科大学 消化管内科学 教授 塩谷 昭子先生
 

〇愛媛内分泌カンファレンス
日時:6月13日(木) 19:00~21:00

リジェール松山 8Fクリスタルホール
特別講演
愛媛大学 地域生活習慣病・内分泌学 教授 松浦 文三先生
 

〇IBD Expert Meeting in 松山
日時:6月14日(金) 19:30~21:00

ホテルマステイズ松山 2F エテルノ
特別講演
札幌厚生病院 IBDセンター  主任部長 田中 浩紀先生
 

〇糖尿病治療のパラダイムシフト
日時:6月19日(水) 19:20~20:45

ANAクラウンプラザ
特別講演
近畿大学 腎臓内科 教授 有馬 秀二先生
 

当科の小泉光仁先生,熊木天児先生,古川慎哉先生が米国サンディエゴで行われたDDW(Digestive Disease Week)で発表されました!

以下,小泉光仁先生よりコメントをいただいております.

 

2019年5月18日から5月21日まで米国サンディエゴで行われたDDW(Digestive Disease Week)に「ENDOSCOPIC STENT PLACEMENT ABOVE THE SPHINCTER OF ODDI FOR BILIARY STRICTURES AFTER LIVING DONOR LIVER 」(肝移植後胆管狭窄に対するinside stentの有用性)の演題で参加してきました。当院からは私を含めて演題は3つでした。

学会では発表を終えた後、食い入るように講演をきいてきました。学会の空き時間には学会に参加されていた熊木先生、古川先生、市立宇和島病院の大野先生とメジャーリーグを観戦するなど、有意義な時間をすごせました。

参加の先生方、お疲れ様でした。

CATEGORY : お知らせ 

今年度も光学医療診療部の歓迎会が行われました.今年度は医師だけでなく,看護師さんやクラークさんも加わり,内視鏡室にはますます活気が溢れています!普段は厳格な雰囲気(?)の池田先生も,この日ばかりは笑顔で会を楽しんでおられました.

CATEGORY : お知らせ 

当科の松浦文三先生が5月にフランスで行われた欧州内分泌学会会議(ECE)2019で発表されました.

以下,松浦先生よりコメントをいただいております.

 

2019年5月17日から22日まで,フランスのリヨンでの第21回欧州内分泌学会年次学術会議(ECE 2019)に参加し,「Intensive treatment for obesity at our hospital」をポスター発表してきました。この学会で発表するのは昨年に引き続いて2回目です。今年の参加者は昨年よりもやや多い印象でした。日本からの参加者はまだ多くはありませんが,高知大学の西山充先生のグループと,京都医療センターの島津章先生にお会いしました。

学会の合間には,リヨンから車で1時間ほどのマコネーとボジョレーのワイナリーを訪れ,ボルドーやブルゴーニュの大手に負けない,おいしいワインを試飲してきました。ボジョレーのブルイィ山頂からのブドウ畑の眺望も絶景でした。

2020年の欧州内分泌学会会議はチェコのプラハ,2021年の会議はスエーデンのストックホルムで開催予定です。参加されたい先生は,声をかけていただければ,演題を調整しますので,よろしくお願いします。

 

おまけ

今年も,リヨンから経由地のフランクフルトの便が1時間以上の遅れとなりました。昨年は,バルセロナからフランクフルトの便が遅れたため乗り継ぎができず,皆様に大変ご迷惑をおかけし,すみませんでした。昨年の苦い経験を踏まえて,今回はフランクフルトの乗り継ぎ時間を十分に取っていたため,前便は遅れたものの,予定通りで帰国便に乗ることができ,翌日の病院運営会議にも出席できました。何事も経験から学習し,滞りなく日々過ごしてゆく大切さを感じております。

 

CATEGORY : お知らせ 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp