› 
お知らせ
 

お知らせ

6月16日に国際ホテルにおいて毎年恒例の医局・関連病院合同説明会が行われました.

今年は,合計9施設の関連病院(県立中央病院,松山市民病院,済生会松山病院,四国がんセンター,市立宇和島病院,済生会今治病院,瀬戸内海病院,津島病院,松山赤十字病院)の先生方にご参加いただきました.第3内科に興味をもって本会に参加してくださった学生さんや研修医の先生方は40名を超え,大変盛大な会となりました.

まず関連病院の先生方に各施設の特徴や研修内容についてプレゼンテーションしていただきました.

次に,愛媛大学から金本先生と丹下先生に,松山赤十字病院から越智先生にそれぞれキャリア紹介をしていただきました.

その後,懇親会が行われ,学生さん,研修医の先生方との交流を深めることが出来ました.各病院それぞれ若手から幹部クラスの先生方が数多くご参加くださったこともあり,プレゼンテーションや病院見学だけではなかなか感じることのできない現場の状況や第3内科のアットホームな雰囲気を味わっていただけたのではないかと思います.

 

当科は今回本会に参加した病院以外にも愛媛県内を中心に多数の関連病院をもっています.また,ほとんどの地域の中核病院には親身に相談にのってくれるスタッフの先生が常勤として働いています.当科では少しでも我々が担っている医療分野の面白さややりがいを伝えたいと考えており,本会以外にも学生さんや若手の先生たちと交流をもてる機会を数多くつくっています.

 

消化器・内分泌・代謝内科に興味のある学生さん,先生方,

地域医療やプライマリ・ケアに興味のある学生さん,先生方,

なんとなくだけど内科系に興味のある学生さん,先生方,

今は内科系には全く興味がないけど進路を決めかねている学生さん,先生方,

もう他の科にすすむことを決めようと思っているけどまだ決断しかねている学生さん,先生方,

どんな状況であれ今この記事をみて興味をもってくださった学生さん,先生方,

我々はそんな皆様をいつでもお待ちしております!是非一度当科までご連絡ください!

CATEGORY : お知らせ 

6月 研究会・講演会案内

〇第24回愛媛NST研究会
日時:6月9日(土)14:00~17:30

南海放送

特別講演Ⅰ

大阪市立総合医療センター 消化器外科 副部長 玉森 豊先生

特別講演Ⅱ

愛媛大学大学院 医学系研究科 産婦人科学教室 教授 杉山 隆先生

 

〇愛媛県消化器疾患セミナー
日時:6月21日(木)19:00~20:30

ホテルメルパルク松山 「ルミエール」

特別講演

島根大学医学部 内科学第二 教授 木下 芳一先生

 

〇第13回四国肝疾患研究会
日時:6月22日(金)18:30~21:00

松山全日空ホテル本館3階 「ローズルーム」

特別講演Ⅰ

東京都医学総合研究所 肝性制御プロジェクト 小原 道法先生

特別講演Ⅱ

奈良県立医科大学 内科学第三講座(消化器・内分泌代謝内科) 教授 𠮷治 仁志先生

 

〇第109回日本消化器病学会四国支部例会
第120回日本消化器内視鏡学会四国支部例会

日時:6月23日(土)24日(日)

松山市総合コミュニティセンター

特別講演(消化器病学会)

京都大学大学院医学研究科・医学部 肝胆膵・移植外科学 教授 上本 伸二先生

特別講演(消化器内視鏡学会)

昭和大学江東豊洲病院 消化器センター センター長・教授 井上 晴洋先生

 

〇愛媛下垂体疾患講演会
日時:6月29日(金)19:00~20:30

松山全日空ホテル本館4階 「ルビールーム」

特別講演

東京脳神経センター病院 間脳下垂体センター センター長
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 間脳下垂体外科 特認部長
山田 正三先生

 

〇レンビマ適応追加記念講演会 in愛媛
日時:6月30日(土)17:00~18:30

エスポワール 愛媛文京会館

特別講演

国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 肝臓内科 医長 小林 正宏先生

 

2018年5月31日,光学医療診療部の歓迎会が行われました.

幹事である丹下先生の絶妙な司会・進行のもと,消化管グループが急増しテンションがあがりっぱなしの池田先生よりありがたいご挨拶をいただき,乾杯を行いました.

今年度より帰局された,山本安則先生,富田英臣先生,田中孝明先生,北畑翔吾先生,さらに最近ご入局いただき現在第3内科をローテーション中の盛田真先生(3年目),またすでに入局済みで今後第3内科にローテーションする予定の永松賢祐先生(3年目),さらには現在第3内科で初期研修を行っている研修医の先生方もご参加くださり,盛大な歓迎会となりました.

途中,歓迎された先生方のご挨拶があり,皆それぞれの内視鏡に対する熱い思いを語っておられました.

今後もますます光学医療診療部が発展していきそうな予感がしてなりません.

光学医療診療部には熱い思いを秘めたスペシャルな先生がたくさんいます.先月でローテーションを終えた研修医の先生,まだもう少し第3内科でローテーションを続ける研修医の先生,これから第3内科をローテーション予定の研修医の先生,さらに研修を終えてそろそろどこかの医局への入局を本気で考えている先生,医師を志し日々勉強に勤しむ学生の方々,みなさんの第3内科入局を心よりお待ちしております!

 

CATEGORY : お知らせ 

5月 研究会・講演会案内

〇第37回道後腹部画像カンファレンス
日時:5月19日(土)

四国労金サービス(R-2番町ビル)

特別講演

兵庫医科大学 内科学(肝・胆・膵科) 教授 飯島 尋子先生

 

〇第17回愛媛消化器超音波カンファレンス
日時:5月26日(土)16:00~

四国労金サービス(R-2番町ビル)

特別講演

武蔵野赤十字病院 消化器科 副部長 土谷 薫先生

 

〇リンゼス錠発売1周年記念講演会
日時:5月30日(水)19:00~20:45

伊予鉄会館

特別講演

順天堂大学 医学部 消化器内科 教授 永原 章仁先生

 

今年度より,松木克之先生が久万高原町立病院の院長に就任されました.今後ますますのご活躍を祈念いたします.

 

以下,松木先生ご本人からのコメントです.

このたび前院長の金岡先生の跡を継ぎ久万高原町立病院院長となりました。久万高原町の地域医療にこれからも全力で取り組んでいく所存です。当院は西予市立野村病院とともに地域医療講座のサテライトセンターとなっており、現在、准教授の熊木先生が当院に来てくださり、学生の方の実習にご尽力いただいております。当院におきましても、全面的な協力体制を取らせていただいておりますが、今後は今まで以上に充実した実習が可能となるよう努力して参ります。同門の皆様にいろいろ面でご協力をお願いする機会も多くなってくるかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。また、当院で可能なことは出来る限りお引き受け致しますので、なにかあれば気軽にお声かけいただければ大変 幸いに存じます。以上、御挨拶申し上げます。今後とも重ねてよろしくお願い申し上げます。

久万高原町立病院 院長 松木克之

CATEGORY : お知らせ 

4/11から4/15にかけてパリで開催されたEASL(European association for the study of the liver)のThe 53rd Annual International Liver Congressに参加しました。当科からは日浅先生、廣岡先生、小泉(洋)先生が参加しています。愛媛県立中央病院からは平岡先生が参加されました。

(会場のパリコンベンションセンター)
発表はポスターで小泉(洋)先生が「New diagnostic method for hepatic steatosis using attenuation measurement by B mode ultrasound: Comparison with CAP」で行いました。

学会会場は朝早くから多くの参加者で賑わっていました。
ウイルス性肝炎だけでなく、NASH関連やHCC関連の報告も多く、会場のあちこちで活発な討議が行われていました。

アフターコンベンションはパリ市内を散策しました。パリは18~19時ではまだまだ昼間のよう明るくて、20時をすぎてようやく暗くなってきました。

来年のEASL 2019は芸術的にも文化的にも名高いウィーンでの開催のようです。

CATEGORY : お知らせ 

4月 研究会・講演会案内

〇糖尿病診療 THE NEXT
日時:4月9日(月)19:00~20:20

ホテルマイステイズ松山 「ドゥエミーラ」

特別講演

大阪市立大学大学院医学研究科 腎臓病態内科学 講師 森 克仁先生

 

先日、初期研修医の渡部杏子先生が入局のご挨拶に来られました。渡部先生は大学病院を中心に研修中です。1年目に第3内科でローテションした際に山本晋先生から熱血指導を受け、以来、内分泌・糖尿病に興味を示されるようになりました。2年目の選択ではそれぞれ短期間ながら内分泌・糖尿病の診療に力を入れている野口病院、市立八幡浜総合病院、松山市民病院で研修。それに連れ、当初20%程度であった「第3内科あるある度」が40%、60%……そして100%に!

渡部先生は4月から松山市民病院で内科専門研修を受けられることになっております。一般内科、救急、そして内分泌・糖尿病の診療に強い松山市民病院。メキメキと力がつくこと間違いなし!これからの活躍に期待したいと思います。

 

*入局者続々

本日3月31日で日浅教授就任後まる5年が経過しました。その間になんと61名の新入医局員を迎えることができました。うち18名(29.5%)が女性医師であり、決して女性医師の少ない医局ではありません。むしろメジャー診療科としては多いのではないでしょうか。

 

では、女性医師がどんな活躍をされているかと言うと……ズバリ!

  1. 情熱臨床バージョン:市中病院で研修中の先生がいます!市中病院でバリバリ内視鏡を握っている先生がいます!市中病院でバリバリ糖尿病外来を担当している先生がいます!
  2. 情熱研究バージョン:大学院生が研究棟にいます!マウスと戯れている先生がいます!試験管振ってる先生がいます!論文を読み漁っている先生がいます!
  3. 情熱育児バージョン:育児しながら復職へ向けてパートや時短から再開している先生がいます!そんな中専門医を目指している先生がいます!

 

第3内科では女性医師に合ったキャリア形成、職場の提供に努めております。いつでも医局までご相談ください。

CATEGORY : お知らせ 

先日、初期研修医の盛田真先生が現在研修中であります松山赤十字病院の上甲康二副院長とともに入局のご挨拶に来られました。

盛田先生は愛大卒後、松山赤十字病院で初期研修中です。学生時代から消化器内科に最も関心があり、その道へ進むことを決断。学生時代に日本消化器病学会四国支部例会で発表した経験があり、コツコツと取り組むその姿勢には定評があります。現在でも学生時代の経験を存分に活かし、診療の現場のみならず学術活動にも積極的に取り組んでおります。

4月からは大学病院で専攻医として内科専門医取得を目指します。内科専門医プログラムでは広範にわたる分野の診療経験以外に学会発表・論文作成や初期研修医・医学生の指導が求められております。そう言えば6年生で発表した症例報告の論文作成が未完成のまま。やりますか!

 

*第3内科では各分野の指導医が診療に関する指導をしっかりとしておりますが、国内外での学会発表や論文作成も責任持って指導しております。いつでもご相談ください。

CATEGORY : お知らせ 

先日、後期研修医の増田紘子先生が現在研修中であります松山市民病院の新谷哲司部長とともに入局のご挨拶に来られました。増田先生は大学病院および松山市民病院を中心に研修されました。増田先生は肥満治療に関心があり、愛媛県で唯一肥満学会内科系の認定施設となっている松山市民病院での研修を希望されました。かつて肥満は日本人には無縁と思われておりましたが、食生活の欧米化により今では決して珍しくありません。塩見先生同様、新谷先生の影響を受け、糖尿病・内分泌の分野に関心を持たれている増田先生、日本でも問題になっている肥満診療の向上に邁進して下さい。これからの活躍に期待したいと思います。

 

*第3内科同門会(黄蘭会)では次々と女性医師にも入局して頂いております。医学生や研修医の皆さんに「第3内科には女性医師はいないのですか?」とよく尋ねられます。いやいや、そんなことはありません。

  1. 情熱臨床バージョン:市中病院で研修中の先生がいます!市中病院でバリバリ内視鏡を握っている先生がいます!市中病院でバリバリ糖尿病外来を担当している先生がいます!
  2. 情熱研究バージョン:大学院生が研究棟にいます!マウスと戯れている先生がいます!試験管振ってる先生がいます!論文を読み漁っている先生がいます!
  3. 情熱育児バージョン:育児しながら復職へ向けてパートや時短から再開している先生がいます!そんな中専門医を目指している先生がいます!

 

第3内科では女性医師に合ったキャリア形成、職場の提供に努めております。平成30年3月現在、日浅教授就任後59ヶ月で59人の方に入局して頂いておりますが、うち17人(28.8%)が女性医師です。決して少ない訳ではありません。いつでも医局までご相談ください。

CATEGORY : お知らせ 
1 / 4712345...102030...最後 »
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp