› 
 › 
膵疾患診療の最前線、EUS elastography
 

お知らせ

当教室で超音波内視鏡による弾性イメージング、EUS elastographyを開始しました。

現在超音波内視鏡検査はB mode法による診断が確立されてきました。最近このB mode像に加え、病変の硬さを診断することが可能になりました。特に膵癌のような硬い癌の診断能向上に期待がもてます。アルコール多飲者に多い慢性膵炎も硬い事が知られており、慢性膵炎の診断にも寄与するものと思われます。今後消化管腫瘍などにも検査対象を拡げていく予定です。膵疾患でお困りの医療関係者の方、是非ご相談ください。(担当熊木、村上)

胆嚢・膵臓グループ

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp