› 
 › 
臨床研究「自己免疫性肝炎と薬物性肝障害の鑑別診断における血清中自己抗体の有用性に関する検討」について
 

未分類

臨床研究「自己免疫性肝炎と薬物性肝障害の鑑別診断における血清中自己抗体の有用性に関する検討」

(愛媛大学医学部附属病院臨床倫理委員会承認:愛媛大医病13010016号)

 

当院では、以下の臨床研究を多施設と共同で実施しております。この研究は患者さんの保存されている血液と通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんお一人お一人から直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、下記の「問い合わせ先」へご照会ください。

 

【研究課題名】自己免疫性肝炎と薬物性肝障害の鑑別診断における血清中自己抗体の有用性に関する検討

 

【研究機関】愛媛大学大学院医学系研究科消化器・内分泌・代謝内科学

 

【研究責任者・代表者】阿部雅則(消化器・内分泌・代謝内科学 准教授)

 

 

【研究の目的】

過去に受診された自己免疫性肝炎および薬物性肝障害の患者さんの保存されている血液および診療録(カルテ)の情報を収集し、治療方法や有効性について評価する研究を行うことといたしました。この研究は自己免疫性肝炎における有効な治療方法の検討を目的としたものであり、皆様の今後の診療にも役立つことができると考えています。

 

【研究の方法】

(対象となる患者さん)平成12年以降に当科を受診された方のうち自己免疫性肝炎および薬物性肝障害と診断された患者さん

(利用するカルテ情報)性別、年齢、発症時期、合併症、既往歴、身体所見、血液検査データ、画像検査データ、治療状況 等

 

【個人情報の取り扱い】

収集した情報は名前、住所など患者さんを直接特定できる個人情報を除いて匿名化いたしますので、個人を特定できるような情報が外に漏れることはありません。また、研究結果は学術雑誌や学会等で発表される予定ですが、発表内容に個人を特定できる情報は一切含まれません。

 

この研究の対象となられる方で「ご自身の情報は除外してほしい」と望まれる方は下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

 

【問い合わせ先】

愛媛大学大学院医学系研究科消化器・内分泌・代謝内科学 阿部雅則

791-0295 愛媛県東温市志津川

Tel: 089-960-5308(消化器・内分泌・代謝内科学 医局)

CATEGORY : 未分類 臨床研究 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp