› 
 › 
越智先生が優秀論文賞、髙山先生が小林奨学賞を受賞!
 

お知らせ

平成24年度愛媛大学大学院医学系研究科長 優秀論文賞に、越智裕紀先生の「Real-time tissue elastography for evaluation of hepatic fibrosis and portal hypertension in nonalcoholic fatty liver diseases.」(Hepatology. 2012 Oct;56(4):1271-8)が選ばれました。臓器の硬度診断が出来るエラストグラフィーがNASH症例においても有用なツールである事を証明した論文です。

また、今年度の小林奨学賞に髙山宗三先生の「Uric acid is an independent risk factor for carotid atherosclerosis in a Japanese elderly population without metabolic syndrome.」(Cardiovasc Diabetol. 2012 .)が選ばれました。高齢者1579人を対象として血清尿酸値と総頸動脈硬化の関係を解析し、高尿酸血症はメタボリック症候群を合併しない段階において総頸動脈硬化の独立した危険因子であることを明らかにした論文です。

越智先生、高山先生の今後の益々の御活躍を期待しています

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp