› 
 › 
14th Biennial Congress of the IAP
 

学会・研究会の報告

14th Biennial Congress of the IAP

7月11〜13日に第14回国際膵臓学会(14th Biennial Congress of the International Association of Pancreatology (IAP))が福岡国際会議場で開催されました。当科から山西先生が発表されました。

会場の外で山西先生と小泉先生。(熊木先生撮影)。

演題名は「Clinical significance of B-Cell Activating Factor (BAFF) inAutoimmune Pancreatitis」でした。

 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp