› 
 › 
EASL(European association for the study of the liver),The international liver congress 2012報告
 

お知らせ

廣岡先生からのEASLのThe international liver congress 2012参加レポートが届きましたので、HPに公開させていただきます。

18日から22日にバルセロナで開催されたEASL(European association for the study of the liver)のThe international liver congress 2012に参加しました。

バルセロナの中心街から地下鉄に乗ることおよそ15分、Centre Convencions Internacional Barcelonaという会場に無事着きました。

発表はポスターで「Prediction of gastroesophageal varices using splenic elasticity for portal hypertension (SEP) score」で行いました。

E-posterもしっかり提示されているか確認しました。

展示ブースでは日本でまだ使用されてない薬や塞栓物質の展示がありました。下の写真はHepa-Merzのパイナップル味の試飲です。

会場からホテルまでの帰りにサグラダファミリアに寄ってみました。でかいです。

ガウディの芸術性とスケールのでかさ、やっぱり天才。

サグラダファミリアから徒歩10分にあるサン・パウ病院。世界遺産です。

病院の建物が世界遺産っていうのが羨ましい。

夜は小学生の時からの夢、カンプノウスタジアムでサッカー観戦してきました。

しかも伝統の一戦クラシコ。街中バルサのユニフォームやカタルーニャの旗を持った人ばかりで写真のような格好でも全然違和感ありませんでした(たぶん)。

開始前からスタジアム周辺では若者が集まり応援歌が歌われ、発煙筒がたかれ公園で真っ赤に燃えていました。スタジアムの中がさらにすごい。このあたりのヨーロッパサッカー特有の熱狂は他のスポーツにはない醍醐味の1つでしょう。

残念ながらホームバルセロナはレアルマドリードに負けてしまいました。

来年はオランダ、アムステルダムで開催されるそうです。アヤックスですか?

以上現地からのレポートでした。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp