› 
 › 
elastographyの論文がRadiologyにアクセプトされました
 

お知らせ

小泉A先生がRadiology投稿中の「Noninvasive diagnosis of liver fibrosis in patients with chronic hepatitis C by real-time tissue elastography: Establishment of the method for measurement」と題した論文がアクセプトされました。Radiologyのeditorからのアクセプトの返事をもっての記念撮影。三宅先生の撮影のためレターはpoor image

corresponding authorの日浅先生、小泉先生、study発案の広岡で。

本論文の一部は今年のAASLDで小泉先生が発表します。

小泉先生は今月17日に「Transcatheter arterial emoembolization with fine-powder cisplatin-lipiodol for HCC」というテーマでHepatogastroenterologyに投稿していた論文もアクセプトされました。さらなる活躍を期待しています。

(関連ニュース)

熊木先生論文がAmerican J Gastroenterologyにアクセプトされました

職員健康診断が終わりました・・・Real time tissue elastographyの実際の写真が出ています。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp