› 
 › 
JDDW 2015へ参加して来ました!
 

お知らせ

JDDW 2015へ参加して来ました!

熊木先生と研修医の先生よりJDDW参加記が届きました。

 

10月半ばにJDDW 2015が東京で開催されました。と言う訳で今年も研修医の引率。やはり、全国から2万人も集まって来る学会とあって、圧倒された様です。

私自身もシンポジウムでの発表がありました。スライドが英語だったので、12分間、勝手に英語で発表して来ました。将来、あの舞台に立つことを夢見たことでしょう。まぁ、その頃はまだ病棟にいたと思いますが……。

DDW1

英語のスライドを見ながら日本語を話すって無理だな~。

 

では、モチベーションを高めた2人のレポートをどうぞ!

 

 

○ 研修医2年目 長谷川緑
消化器で最も大規模な学会、JDDW(日本消化器病関連週間)に参加させていただきました!
もともと消化管に興味のある私は内視鏡診断や治療について中心に講演を聞いて回りました。まだガイドライン上の知識さえ勉強中の私ですが、教科書にはまだない最新の広く深い世界で活躍する消化器科の先生方の発表や活発な討論を聞き、多くの刺激を受けることができました。
ピロリ菌除菌が広く浸透した今まさにピロリ菌除菌後胃癌の症例も蓄積されているため、除菌後胃癌に特徴的な所見やその治療についての発表も多く興味深かったです。また潰瘍性大腸炎の糞便移植術は今ホットな話題であり、それに関する講演も聞くことができて大変勉強になりました。
しっかり勉強した後、帰りの羽田空港では秘密の部屋に連れて行っていただきました。

世界を飛び回って活躍される先生方の優雅なひと時をお試し体験させていただき感動しました(笑)。ありがとうございました!
消化器科ので活躍される多くの先輩方を目標として日々の努力を重ねていこうと思います。

DDW3

今日も1日、お疲れ様でした!

 

 

○ 研修医2年目 渡部 勇太
学生時代から興味があったJDDW(日本消化器病関連週間)に平成27年10月9日~11日までの3日間、参加させていただきました!
全国学会は初めてだったので、まずその規模の大きさ驚きました。2000人入る会場が満員御礼となっており、後ろの立ち見までぎっしり。最前列は意外にも空席が見られたため、「次演者席」の、隣の席を陣取って拝聴しました。
今回は、内視鏡関連の講演中心に勉強させていただきました。ピロリ除菌後の胃がんの話や、食道アカラシアの予後予測スコアの話など、普段なかなか経験できない症例や、現在のトピックになっている疾患についてのディスカッションが活発にされておりました。教育講演では、演者の先生の話を右耳で聞きながら、左耳で愛媛大学准教授、○○先生の解説と経験談を同時に拝聴するという、日本一恵まれた経験をさせていただくことができました。
夜は食事会があり、愛媛大学の関連病院の先生方のお話が聞けて貴重な体験ができました。ついでに帰りの羽田空港では、○○先生のご厚意で秘密の部屋も経験しました。
今回の学会を経験して、自分もいつか大きな学会で演題を発表したいと強く思いました。しかし、そのためには近道はなく、目の前の一つ一つの症例に深く携わっていくことが第一歩であると感じました。これからはよりひたむきに、かつ積極的に研修生活を送りたいと思いました。

DDW2

今日も1日、お疲れ様でした!

 

 

なんと、学会会場で写真撮影を忘れると言う失態を犯しましたが、アフターを含めて充実した時間を過ごした様です。では、来年に向けて明日から始動・指導しますか?

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp