› 
 › 
当院のレンバチニブを服用する患者さんを対象にした薬薬連携の取り組みが紹介されました
 

お知らせ

進行肝がん患者さんを対象とするレンバチニブは治療効果が高い一方で様々な副作用により中断する患者さんが多くいらっしゃいます。

当院薬剤部で独自の副作用モニタリングシートを作成していただき、地域の薬局との薬薬連携を行い副作用マネージメントを行う試みを開始し、病院薬剤師向け冊子「Hospha」に取り上げられました。

先日アメリカで開催されたアメリカ臨床腫瘍学会(ASCO-GI)ではレンバチニブ投与により副作用が出現した患者さんの方が予後が良好であったとの興味深い報告がされました。これによりレンバチニブ内服では副作用が出た患者さんをいかにマネージメントしていくかが注目されています。当院の全国的に新しい取り組みにより質の高い副作用マネージメントが行えるものと思われます。

CATEGORY : お知らせ 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp